バツ丸のエンタメ問答

音楽・映画・本好きのためのよろずやブログ

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

カレンダー 

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ただいまのお時間 

最近の記事 

月別アーカイブ 

カテゴリー 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

おすすめ書籍 



読書履歴! 









検索 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




--/--/-- --:--|スポンサー広告

CDレビュー~イイ歌してます

●Suara 「夢路」 評価:A-

ジャンル:ポップス 民族音楽 演歌?

yumeji.jpg
amalogo111.jpg
(2006/9/27)

視聴は→
http://www.fixrecords.com/suara/disc/cda.html#kica1400


1. 君だけの旅路
2. 永久に
3. アオイロの空

4. He is here~私の神様~
5. 君のかわり
6. 夢想歌

7. brand new days
8. 時の河
9. lesson
10. あなたの笑顔
11. 旅立つ人へ
12. キミガタメ


<問題点>

1・圧倒的な魅力を持つ民族音楽系曲や泣きのバラード曲に比べると、通常のポップス的曲の出来が凡庸
2・時に演歌っぽい?





大阪外国語大学でインドネシア語を専攻しつつ、バンド・ユニットと様々な形態で活動をしてきたSuara。ゲーム主題歌 『睡蓮-あまねく花-』 で2005年9月にデビュー。その後、1stアルバムリリース、ライブツアー、そして、アニカン読者が選ぶ日本アニカン大賞2006 「期待の声優&アーティスト部門」 で4位に入り、2007年にはアニメロサマーライブへの出演するなど、確実に活動を積み重ね着々と地位・人気・評価とを上げているアニメ・ゲーム音楽業界の新鋭だ。

以前より、今のJ-popシーンよりもアニメ・ゲームサントラ界の方が面白いと述べてきたが、彼女もそのことを感じさせる素晴らしいアーティストである。活動名「Suara」とは、彼女が大学時代に先行していたインドネシア語で「声」を意味するようだが、内容・歌唱共に「たくさんの人に歌を聞いてほしい」との想いを込めてつけられたこの名前にふさわしいものであると思う。


現時点での活動領域はアニメ・ゲーム業界に限定されているが、音楽性に関しては、民族音楽、特にアジアや日本のそれからの影響を感じさせるポップス、バラード曲が主軸となっており、今までここで紹介してきた同種アーティストと同様、いかにも「アニソン」という感じは皆無である。その音楽性をかなり強引に例えると、「前衛さや狂気さがなくなった鬼束ちひろが一青窈化した」という感じだ。

これら歌い手と同様、やはり耳を引くのは歌い手であるSuaraの歌唱。「歌が上手い」には様々な種類があるが、彼女は「発声・発音」と歌の基礎が非常にしっかりとした「誰しもが上手いと思える」歌い手だ。やや低めであるが伸びやかで芯のしっかりとした声質が確かな歌唱技術により凄まじく映え、楽曲のもつ幻想性や壮大さを巧みに演出し守り立てる。愛・思いやり・未練・感傷といった人の感情を丁寧に綴った詞世界も含め、聴き手をそれほど選ばない普遍的な魅力があると言えるだろう。力強さ・憂い・悲しさ・弱さ・楽しさといった様々な感情を演出する表現力も見事。一つ間違うと「上手いだけ」「歌唱が一本調子」に陥ってしまいがちなこの手のジャンルのボーカルが抱える問題も見事に払拭している。

経歴を見るに、専門的な音楽教育・歌唱トレーニングを受けてはいないようだが、時に神秘性すら感じさせる歌唱の源泉となっている歌唱技術・表現力をいったいどのようにして養っていったのであろうか? 興味が尽きない。

特に、1・2・5・8・12曲目と、アップテンポ・バラード関係なく完成度の高い民族音楽系楽曲においては、その魅力・実力が如何なく発揮されている。中でも8曲目12曲目と壮大な慟哭系民族音楽バラードでの歌唱は圧巻で、彼女の創る悲しみの世界にどっぷりと引きずり込まれる。落ち込んだときや涙腺が緩くなっているときに聴くと泣けること請け合い。

アニソン系アーティストで手腕を振るう衣笠道雄や、北原愛子・岸本早未・上木彩矢といったGIZAアーティストの作編曲で御なじみ豆田将が中心となって楽曲制作を手がけていることもあり、作編曲面の質も高い。Suaraの実力・魅力を良く生かせている。


ただ、全体的には幅広い層にお勧めできる作品であるのだが、素晴らしい完成度と圧倒的な魅力を有す上記民族音楽系統の楽曲に対し、7・9・10曲目といった通常のポップス曲の出来がやや凡庸なのが、今作の大きな減点ポイントでありSuaraの課題か。いくら民族音楽系統の楽曲が良くても、それだけで作品を構成することは難しい。必殺の曲種の魅力をより増すためにも、それ以外の曲種においても魅力あるものを出して欲しいと思う。

「アニソンだから」「アニメアーティストだから」という偏見なしで是非とも聴いて頂きたい。一青窈や諌山実生、夏川りみ、鳳山雅姫、元ちとせ、鬼束ちひろ、林明日香といったアーティストがお好きな人には特にお勧めだ。豆田将好きのGIZAファンにも・・・。

しかし、何故アニメ・ゲーム音楽業界中心の活動に止まっているのか不思議でならない。もっと一般層に訴えかける販促をとっても良いのではないだろうか?










・アーティスト評価
歌唱力9 ()
作曲-- ()
編曲9 ()
独創性8 ()
安定性8 ()
8 ()
総合8 ()
熱中度8 ()

スポンサーサイト




2007/10/12 23:13|アルバムレビュートラックバック:0コメント:4

コメント

さっそくお聞き頂けましたかー、高評価で一安心です。

今はkeyにいる折戸さん作曲の「MOON PHASE」がSACD盤にしか入ってないのが惜しい所です。
CD盤にも収録されていれば青文字が1曲増えたのですが。


>しかし、何故アニメ・ゲーム音楽業界中心の活動に止まっているのか

だいぶ推測も含まれるので恐縮ですが
まず所属しているF.I.X Recordsが実質Leafの音楽部門であり
作曲陣は基本的にLeafに勤務している音屋であり主題歌・BGM製作がメインであることが大きな要因だと思います。
いくら大手と言ってもゲーム作らなければ潰れてしまいますから。
ゲーム製作と平行して曲を提供し続けるのは中々難しい所です。
独立させて活動させるにしても今の作曲陣と同程度の質を保てるのかどうか。
要はリスクを背負って一般層へ販促する必要性をLeafが感じていないのでしょう。
とにかく枚数を売り上げる、という発想もあまりないのでしょうね、ファン層から数千枚は確実に見込めるわけですから。

それでも個人名義のアルバム発売(そもそも主題歌以外の新曲が珍しい)、SACD、ソロライブ、デビュー曲以外PCゲームの曲は歌っていないこと
どれをとっても彼女の扱いは今までからすれば別格です。
こちらとしては先の心配をする必要がないので別にこのままでいいかな、と思ってしまうわけです。
納得のいく推測になったでしょうかね?


今日は多分ご存じないだろうなという所を紹介しますね。
http://lovege.noki.tv/
ゲーム業界で活動している松本慎一郎(オーギュスト棒)さんを中心としたグループ?です。
クラシックとの融合をテーマに掲げており業界でも珍しい人達です。
元は(今も)同人で活動していたのですが今年「フタリノワタシ」でメジャーデビューしました。
1曲ゲームで使われた曲がある以外は全て新曲、コンセプトフルアルバムというJ-POPではまずないアルバムです。
是非一度聞いてみてください。
http://www.team-e.co.jp/products_new/kdsd-00137/index.html

他はBeForUとかはどうでしょうか?
ゲーセンのビーマニ等にオリジナル曲を提供するのに組まれたグループなのですが
紆余曲折を経て去年avexからメジャーデビューへと至りました。
打ち込みを主体とした一言で言うならavexっぽい曲なのですが
メジャー以降のプロデューサー兼メインコンポーザーであるLOVE+HATEがよく頑張ってます。
その他の人達、特に長嶺和哉さんという方がまだ3曲ですが個人的に非常に期待が持てる曲を書きます。
ガールズユニットで誰かお探しなら是非どうぞ。

長くなってしまいましたがこの辺で。
しゅう #v17PT8iU|2007/10/16(火) 14:37 [ 編集 ]


>しゅうさんへ

SACD盤は聴きたいのですけどね、どうあがていもムリ。

確かに、おっしゃるような状況であるのなら、彼女の扱いは破格ですね。デビュー2年で今度ライブDVDもでるのですから。

しかし、これほどの歌い手がね~・・・。もったいない。一青窈、諌山実生、夏川りみあたりと真っ向勝負しても負けないでしょ。


早速お勧めの曲聴ききました。

松本さんのは正直好みではなかったです。ああいうタイプのボーカルや歌メロラインがどうも苦手ですね。


BeForUは聴いたことありますね。メンバーの小坂さんのソロ曲も良いと思います。ちょっと注目しています。


いろいろありがとうございます。こちらは非アニメ・ゲームサントラ関連以外のものであれば、いっぱいお勧めしたいアーティストがあるのですけど・・・。

バツ丸 #-|2007/10/17(水) 01:25 [ 編集 ]


お久しぶりです。

SuaraのライブDVDを購入したのですが、かなりいい出来でした。
まずなにより、彼女はCDよりむしろライブの方が歌がうまいと感じました。あまりにうまくて、口パクなんじゃないかと思ったり(笑)
生歌になると途端に音を外したりとかブレスがうるさかったりとかする方がいますが、彼女は真逆ですね。これだけ生歌に強いですし、一度Mステとかに出演すれば一気にブレイクしそうで、本当にもったいないと思わずにはいられません・・・。
曲も、うたわれるもの関連の曲がやはり素晴らしいですね。特に、『夢想歌』と『キミガタメ』はやばすぎです。この2曲だけでDVD代以上の価値はあるんじゃないかと本気で思います。『MOON PHASE』もいい曲でした。
逆に、上記の曲、特に『キミガタメ』が圧巻すぎて他のバラードを喰っていた感があったのが残念です。
それから、仕方ないと言えば仕方ないのですが、スローな曲が多いうえに前半で固まってたのが残念でした。私は彼女のポップス曲も結構好きなので、こっちの方ももう少し聴きたかったです。


>しかし、何故アニメ・ゲーム音楽業界中心の活動に止まっているのか

私も本当にそう思いますが、メジャーになるにつれて、反比例的に曲のクオリティが落ちていく人も随分といるので(倖田とか上木とか・・・)、このままでもいいのかなと思ったりもしてます。
ファンブル #tiMW0dys|2007/12/09(日) 00:36 [ 編集 ]


>ファンブルさんへ

お久しぶりです。スアラさんのDVDはほしくてたまらないのですが、今月は入用で今のところ購入できておりません。「キミガタメ」1曲のために買いたいぐらいですが。

ひととさんとか鬼束さんが好きな人であればいけると思うのですけどね。


いい曲を出してくれるのが一番ですから。売り上げは本人が生活していける&事務所から契約を切られない程度でよいと思います。
バツ丸 #-|2007/12/12(水) 23:13 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://badtzmaru.blog34.fc2.com/tb.php/617-aef75dc7

プロフィール 

聴いた曲の履歴!! 



プレイリスト詳細

アクセスカウンタ 

,
・トータルアクセス



・ユニークアクセス





ランキングに参加しています。よろしければクリックしていただき、投票にご協力いただけたらと思います。

その他コンテンツ 

・バツ丸のヲタク拝見
・過去のレビュー
・以前の他事争論
・名盤紹介
・墓場に持って行きたい曲
・月別CD DVD購入&試聴記録
・アルバムレビューについての説明

リンク 

ブログ検索 

おすすめCD!! 

購入・試聴CD 











DVD・その他 

Copyright(C) 2006 バツ丸のエンタメ問答 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。