バツ丸のエンタメ問答

音楽・映画・本好きのためのよろずやブログ

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

カレンダー 

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ただいまのお時間 

最近の記事 

月別アーカイブ 

カテゴリー 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

おすすめ書籍 



読書履歴! 









検索 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




--/--/-- --:--|スポンサー広告

私的「音楽殿堂入りアーティスト」紹介~殿堂入り候補者その3

殿堂入り候補者に関しては今回が最後。本来メインであるはずの「殿堂入りアーティスト」の紹介を前に既にかなりの回数やっていますが、ご了承ください。







●植村花菜


今年一番成長を見せたアーティストではないだろうか。特に従来から得意としてきた明るさ、さわやかさだけでない様々な感情を的確に表現できている歌唱は、すさまじいまでの進化を見せ、それがメリハリの利いた曲展開と堅実な編曲と合わさることで抜群の安定感と多様性、そして魅力とを見せ付けている。アコースティックギター抱え系アーティストではあのヤイコやYUIを飛び越え、実質のナンバー1になったとすら勝手に思っている。

とにかく今ノリに乗っているアーティスト。今後もこの調子で行けば殿堂入りも近い?

愛と太陽(DVD付) 愛と太陽(DVD付)
植村花菜 (2007/11/07)
KINGRECORDS.CO.,LTD(K)(M)

この商品の詳細を見る


彼女の集大成と言うべき現時点で最高傑作の作品。1stアルバムの魅力であった爽やか系楽曲、2ndアルバムの魅力であったダークで悲壮な曲両方だけでなく、カントリーロックや硬質なロックの曲、しっとりと聴かせるシンプルなバラード曲やジャズっぽい曲もあるなど、前作からわずかな期間で発表されたことが信じられない多様性と完成度の高さがある。ソングライター&ボーカリストとしての充実振り・好調振りをひしひしと感じとれる。最初から最後まで飽きさせずにあっという間に聴かせてしまう。近々レビュー予定。



●樹海


まだまだ認知度は低いが、かなりの実力を有した男女デュオ。ジャンル特定不能な音楽の多様性と洗練された楽曲は、総じて切なくありながらキャッチーで聴きやすい。芸術性や凄みはないが、非常に優れた商業音楽だ。ボーカルの女性、愛美のビジュアルも良し!!

最近は何かアニメタイアップばかりであるのが残念であるが、もっとその存在が注目されても良いと思う。12月12日には2ndアルバム発売。
(この日はHEAD PHONES PRESIDENT、ALHAMBRA、ガリバーゲットと新譜目白おしだな。破産すっぞ。)

Wild flower Wild flower
樹海 (2006/11/22)
ジェネオン エンタテインメント

この商品の詳細を見る



多様性豊かでバランスの取れた1作。作詞・作曲・歌唱・編曲とあらゆる面でセンスの良さを感じさせる。



●melody.


現在、洋ポップス・R&Bの影響下にあるJ-popをやるアーティストの中で私的ナンバー1アーティスト。BoAに匹敵する最高のエンターテイナーの一人。持ち前の声質の良さに力強さや表情の豊かさ、色っぽさが加わった今の彼女の歌唱は、間違いなくこのジャンル最高峰。与えられる楽曲の出来も非常によく、彼女の歌い手としての魅力を如何なく引き出している。依然群雄割拠の様相を見せているこのジャンルではあるが、個人的には今年発表された3rdアルバムをして彼女が一歩抜け出したように思う。

ビジュアルが以前と比べるとケバ過ぎること以外は文句なし。もうマイペースでかまわないので、とにかく良い楽曲を歌ってほしい。

Sincerely Sincerely
melody. (2004/01/21)
トイズファクトリー
この商品の詳細を見る


3rdアルバムも良いが、やはりmelody.と言えば彼女のクリスタルボイスを存分に味わえる今作であろう。その声の美しさがかもし出す繊細さとエレガントさ、かっこよさはいつ聴いてもすばらしい。ほんと、melody.という名がふさわしい。
「You Want This-24 seven-」のかっこよさは最高。



●柴田淳


バラード系最強シンガーの一人。その表現の上手さ、歌唱技術は絶品と言うに尽きる。特に片思いや恋愛の苦しさを主題としたダークな楽曲を作り歌わせたら日本一であると思う。ここ数年は心身共に不安定で楽曲にもそのことがありありと出ていたのだが、休業・移籍を経て完全復調したようだ。バラード主軸のアルバムではあるが、インストやピアノソロといった効果的なインタールードの盛り込みと、本人の苦労と葛藤によりひねり出されたであろう楽曲に凝らされた少しの工夫・変化、そして何より彼女の優れた歌唱が作品をより良いものとしている。

6thアルバムも5thアルバム並みの出来であれば、即殿堂入り。

月夜の雨 月夜の雨
柴田淳 (2007/02/21)
ビクターエンタテインメント

この商品の詳細を見る



2ndアルバムに匹敵するシバジュンの傑作。彼女の歌唱の醍醐味であるスケールの大きさ、美しさ、そして心を抉られるかのような慟哭表現をこれでもかと堪能できる。辛いときに暗い部屋で聴くと涙がこぼれてくる・・・。

「青の時間」「真夜中のチョコレート」「人魚の声」「君が思えば・・・」は久々に見るシバジュンの傑作曲。ダークソング好きは泣きながら聴け!!



●シェリーズ


現時点でゴッパチを超えているであろう最強の女性ボーカル3ピースバンド。ミクスチャー、オルタナティブといったジャンルにカテゴライズされ且つチャットモンチーやゴッパチと類敵的な存在として捉えられるのであろう。が、演奏に関してはゴッパチに匹敵し、音楽性の前衛さや斬新さ、幅広さ、悪乗り具合に関しては両バンドを圧倒している。特にピンクフロイド的浮遊感とスケールの大きさや変態プログレ的なイカれ具合を感じさせる様には言葉が出ない。ディスクユニオンでシングル曲「浮く足」が3ヶ月チャートトップを維持したことが、その実力と音楽性のすごさを示していよう。はっきり言って歌唱&作曲しているnakamuは天才。

しかし・・・。ここ数ヶ月で公式サイトが閉鎖され、活動もなくなっているのが・・・。大丈夫か?

活動が再開され今作のようなアルバムを出してくれれば、これまた即殿堂入りであるのだが。

ボーカルの女性が別にやっているnamってグループもそれはそれですごいのだけど・・・。

夕暮れサイケビート 夕暮れサイケビート
前田紗希、 他 (2006/11/22)
インディーズ・メーカー

この商品の詳細を見る


とにかく収録各曲が発す前衛さ・攻撃性・突進力・イカれ具合が最高の一品。70年代のロックやプログレが持っていた自由さや凄みを髣髴とさせる。FAYRAYの「光と影」と匹敵するここ数年で最もショックを受けた作品だ。
スポンサーサイト




2007/11/11 23:16|バツ丸の戯言トラックバック:0コメント:2

コメント

こんにちは。植村さんのアルバム良かったですか~チェックしたいアルバムとかシングルが多すぎるのと、公式HPで試聴して微妙な感じがしたので購入を延期したのですが…気になりますね、近いうちに買って聞きたいです。

シェリーズは公式HPに行けない状態が続いてて心配です…それ以上に衝撃的だったのは0 Limited Executionのボーカルの脱退発表ですよ、「え~!」って感じでした(苦笑)まだまだ未熟ながらもこれから伸びそうな歌声だったので期待してたのですが…これから彼らはどうなるんでしょうか…

陰陽座のレビュー見ました。編曲能力の有無は正直そっちの知識がないもので分かりませんが、彼らの曲を聞き始めた当初から「ちょっとドラムの音が軽いかな」という思いは持ってました。もう少し重みが出て欲しいような気も…でもその点については、ベスト盤と聞き比べると少しは改善されてる感はありますね。
あと均質的というのもその通りだと思います。ファンとしてはもう一ひねり欲しかったです…

そういえばガネのアルバムが来春発売決定みたいですね、もう「不安」の一言に尽きます(苦笑)
todo #-|2007/11/14(水) 20:53 [ 編集 ]


>todoさんへ

私個人はカナ吉の最高傑作だと思います。バラエティーに飛んでますし歌唱・楽曲もとても良いです。12曲があっというまですよ。


シェリーズはね・・・。nakamuさんだけは別グループで活用しているようですけど。心配。そろそろ近況報告がほしいところ。


0 Limited Executionに関しては先ほどチェックしましたけど、もう言葉がないですね。

これから頂点を目指すに足る人材だっただけに・・・。まあ、生活やっていけなかったのでしょうかね。それとも音楽性が合わなかったとか。

後継者を探すのは大変だと思います。なにせ食っていけないから。

陰陽座はほんと酷い。ドラムの軽さ云々のレベルではないです。有機的に各パートが絡み合っていない。単に音がなっているだけですよ、極論すれば。

ここまで編曲能力がないのも珍しい。私はメタル系統の音楽がかなり好きなので、ほんとがっかり。

ガネはニューシングルはまあまあ良かったですけど、自分にとっての最高最強レベルからは程遠いです。

先日更新締め切りであったファンクラブはもう放置しましたし。

今、この時点では、植村さん、大鴉、Fayray、sfp、HEAD PHONES PRESIDET、アルハンブラ、OLIVIA、FJY、石川智晶、interpose+といったアーティストの方がずっと好きです。


アルバムオリジナル曲で1stや4thのアルバムオリジナル曲を超えるくらいのものを出してこないと、シングルがアレなだけに評価はかなり厳しいものになると思います。
バツ丸 #-|2007/11/16(金) 01:32 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://badtzmaru.blog34.fc2.com/tb.php/634-4eabff6f

プロフィール 

聴いた曲の履歴!! 



プレイリスト詳細

アクセスカウンタ 

,
・トータルアクセス



・ユニークアクセス





ランキングに参加しています。よろしければクリックしていただき、投票にご協力いただけたらと思います。

その他コンテンツ 

・バツ丸のヲタク拝見
・過去のレビュー
・以前の他事争論
・名盤紹介
・墓場に持って行きたい曲
・月別CD DVD購入&試聴記録
・アルバムレビューについての説明

リンク 

ブログ検索 

おすすめCD!! 

購入・試聴CD 











DVD・その他 

Copyright(C) 2006 バツ丸のエンタメ問答 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。