バツ丸のエンタメ問答

音楽・映画・本好きのためのよろずやブログ

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

カレンダー 

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ただいまのお時間 

最近の記事 

月別アーカイブ 

カテゴリー 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

おすすめ書籍 



読書履歴! 









検索 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




--/--/-- --:--|スポンサー広告

遅ればせながら秋のドラマ評その1

あまりに忙しいのでやるかどうか迷ったのですが、管理人の性格上やっぱり言いたいことがたんまりあるときは、はっきりすっかり吐いてしまいたいわけで・・・。


というわけでやることにしました。とは言え、時間的に余裕がなく、今までのようにドラマをチェックできてはいないので、必然的に数が絞られますが・・・。文章量も少なくする予定です。あくまで予定ですけどね。


一応今回の評価対象としているのは、「ハタチの恋人」「ガリレオ」「ジャッジ~海峡島の裁判官奮闘記~」「働きマン」「オトコの子育て」「モップガール」「ドリームアゲイン」「ちりとてちん」「歌姫」「ジョシデカ」「SP」。

「歌姫」「ハタチの恋人」「ドリームアゲイン」は速攻挫折したので、酷く雑なものとなります。「ジョシデカ」は酷評ですが、こちらは文章量多めの予定。









・ハタチの恋人 ××


さんまと長澤まさみW主演ということもあり、放送開始前ではそれなりに話題になっていた今作。しかし、1回目の放送を見た多くの人が、話題性とドラマの出来・内容との差が一致しない今クールナンバー1のドラマであると認識したのではないだろうか・・・。

このドラマの問題そのものは、長澤の相手役をさんまにしたことにあろう。ドラマとしても、30歳もの年下の女性との恋愛という設定にはものすごい無理がある。さらに、あいも変わらずのさんまの下手な関西弁演技・・・。恋愛ドラマの醍醐味である恋のライバルである男性との争いといった人間ドラマや感動劇が全く存在しない。


TBS系列の番組で局の代表的存在となっている冠番組を複数持っており、まずまずの視聴率を稼いでいるさんまに対するご褒美の一環で作った「ハニカミドラマ」(TBS系列のバラエティー番組だね)だろうこれは。とにかくユルい。視聴者や長澤ファンを置き去りでさんま一人が勝手に楽しんでいるだけ。観ていてただただ腹が立つ。


そんな有様なので、ただでさえ顔太りが気になる長澤の演技も全く魅力に欠ける。こんなドラマで実力の研鑽や新たな魅力の提示などできるはずもないだろう。

「沢尻・長澤両名にとって今年は試練の年になるだろう」と今年の春ぐらいの女優論で書いたのだが、今年の下半期においてまさかここまでダメダメになろうとは完全に予想の範囲外。

沢尻はそれでも「クローズド・ノート」で女優としての資質を竹内結子に押されながらも見せ付けた。長澤に関しては、映画「その時は彼によろしく」、テレビ「プロポーズ大作戦」「ガンジズ川でバタフライ」、そして今作と映画・ドラマ共にことごとく討ち死に。マサミストを自認している私ですら、今年の彼女を賞賛することは全く出来ない。

それが出来るまでいつまででもファンとして言い続けるが、いい加減彼女を今作に代表されるようなユルい作品に出演させるな!! 苛め抜くような厳しい演技を要求するぐらいの作品こそが今の彼女に必要なのである。あの長谷川京子だって「海峡」でがんばっている。


それにしても長澤出演作の脇役として何で塚本ばかりが出てくるのだろうか? ここ数年においても「涙そうそう」「ガンジス川でバタフライ」「その時は彼によろしく」、そして今作と多すぎる。舐めてんのか?



・ドリーム アゲイン ××


今クールのドラマの出来はかなり酷いが、今作はそのことを顕著に示す作品であろう。

TVドラマのような創作物においては、現実にありえないことをその設定やストーリーに盛り込むことは一つのセオリーである。しかし・・・。

志半ばで死んだ主人公の霊?怨念?が中年の企業経営者の体に憑依してプロ野球選手となるために挑戦する、という設定はフィクションとしてもあまりに無理がありすぎ。

それに加え、体に憑依していることで取り付かれている人間の人生をとにかくたやすく踏みにじっていることが、反町演じる主役に対する感情移入と作品世界への誘導を完璧に妨げている。お話にならない。

加藤あいは、見た目はそれなりに良いが演技は最悪だし・・・。



・モップガール △~○


北川景子の初主演となるテレビドラマ。原作を読んでいないので何とも言えないところもあるのだが、ドラマを見ている限りにおいては、作品の根幹となる主人公の特殊能力の設定や「過去に戻って死者を救う。が、そのこと及び自分のしていることや能力に葛藤も感じる」といった点など、既に各所で指摘されているがアメリカのテレビドラマであった「トゥルーコーリング」と同じ。

かつて「トゥルーコーリング」が今作と同じ「テレビ朝日系列」の局で放送されたからして笑える。

しかし、葬儀屋というかなり特殊な設定を盛り込んだり、毎回ゲスト出演者を起用するなど、それなりの独自性を出そうとしている点は評価しても良いと思う。

主役を演じる北川は、技術的には稚拙な面も多々あるが、豊かな表情で徹底的に3枚目を演じきっているのと、ダサい格好をしていても魅力的なのがすばらしい。

もう一人の主役とも言える谷原も、やたらとドラマに出ているのが嫌なのだが、俳優としての実力・魅力共はやはり非常にすばらしいものがある。今作の要所要所をビシッと締めている。


しかし、今作に限ったことではなくとてつもなく不愉快なのが、所長を演じている佐藤次郎だ。何だこの糞野郎は。作風や役柄を全く無視し、いつも「早口でまくし立てる」「くだらないアドリブを入れる」「勝手にわめく」といった、自己本位もいいところのゴミ演技で作品や他の役者の演技をぶち壊しているだけ。「家に五女あり」での演技は、ほんと稀に見る糞さであった。

何で業界はこいつを起用するんだ? 意味不明。もう二度と出てくるな!!
スポンサーサイト




2007/11/18 01:42|ドラマ・テレビ番組評トラックバック:0コメント:0

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://badtzmaru.blog34.fc2.com/tb.php/636-6172cc84

プロフィール 

聴いた曲の履歴!! 



プレイリスト詳細

アクセスカウンタ 

,
・トータルアクセス



・ユニークアクセス





ランキングに参加しています。よろしければクリックしていただき、投票にご協力いただけたらと思います。

その他コンテンツ 

・バツ丸のヲタク拝見
・過去のレビュー
・以前の他事争論
・名盤紹介
・墓場に持って行きたい曲
・月別CD DVD購入&試聴記録
・アルバムレビューについての説明

リンク 

ブログ検索 

おすすめCD!! 

購入・試聴CD 











DVD・その他 

Copyright(C) 2006 バツ丸のエンタメ問答 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。