バツ丸のエンタメ問答

音楽・映画・本好きのためのよろずやブログ

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

カレンダー 

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ただいまのお時間 

最近の記事 

月別アーカイブ 

カテゴリー 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

おすすめ書籍 



読書履歴! 









検索 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




--/--/-- --:--|スポンサー広告

CDレビュー~よくぞここまで!!

●植村花菜 「愛と太陽」(DVD付) 評価:AA


amalogo111.jpg



1. 太陽さえ孤独
2. あなたのその笑顔はいいヒントになる
3. Only You
4. 孤独なソルジャー
5. 太陽

6. ラストランゲージ
7. 最後のkiss
8. タペストリー
9. Welcome back home
10. もっともっと・・・
11. この手のひらで
12. すばらしい日々


<問題点・注意点>

1・かなりの美人さんなのに相変わらずジャケ写が微妙なのは何故なのだろうか?




今年一番の成長を見せたと思うカナ吉こと植村花菜の、前作からわずかの期間を経て発表された3rdアルバム。リリース間隔の短さもありその出来に不安があったのであるが、そんなことを吹き飛ばす、現時点で彼女の集大成であり最高傑作だと思う。今の彼女は「曲を作り・歌うこと」が楽しくてしょうがない、そう感じさせてならない作品だ。


作風に関しては、アコースティックサウンドを基調としたポップス・ロックであることに何ら変わりがない。が、収録曲に関し、さわやかで軽快なポップスあり、切ないバラードあり、ハードなバラードあり、と、1stアルバム2ndアルバム各々の特性であり、一方各々アルバムににややかけていた特性が非常に良い形で絶妙に盛り込まれている。それのみならず、4曲目のようにハードなバラード曲や6曲目のようにジャズやカントリーからの影響を感じさせる力強い楽曲、ヴォッサ的な9曲目があるなど、過去の2作品を軽々と凌駕する多様性を有している。

しかも、収録曲殆どにおいて、極めて完成度が高い。作曲家としての確かな成長もさることながら、今までにない低音歌唱を見せた7曲目に象徴されるように、歌唱面での更なる成長が確実に反映された結果であろう。収録された12曲を何の躊躇もなくすんなりと聴けてしまう。8・12曲目が出来のよい他曲と比べるとちと弱いかなと思わないでもないが、それ以外に関しては何一つ問題・疑問がない。デビューした当時からかなりの実力・可能性の持ち主であると思ってはいたが、「メジャーデビューから約2年半でフルアルバム3枚」というかなりハイペースのリリースであるにも関わらず、そのどれもにおいて完成度が高く、さらに作品毎に確実にレベルを上げてきているその様は、ただただ見事と言う他ない。そのアーティストならではの個性に関しても、一層確立されていると感じる。そうであっても聴きやすく分かりやすくと、メジャーアーティストとしてのキャッチーさや明快さもきちんと備わっており、アーティスト性が一向に独りよがりになっていないのも、彼女の非常に良いところだ。

「アコースティックギター抱え」、というアーティストは、矢井田瞳やYUIをはじめ実力者がシーンに結構居るわけであるが、個人的にそういった存在を早くも捉えるどころか越しつつあるのではとすら、今年の彼女の曲を聴いていて思う。

ただ、楽曲や歌唱とは関係ないが大きな不満が一つある。それはジャケ写。毎回お世辞でも良い写りとは言えない。

実際の彼女を間近で見たことがあるのではっきり言うが、結構な美人さんである。あえてその美貌を「デチューン」しているとしか思えないその仕上がりにいったい何の戦略的意図があるのだろうか? aikoや矢井田瞳のように親しみやすさや共感を同姓から得るためか? 私にはよく分からない。

それでも今回は今までのアルバムの中でももっとも良いと思うのだが、シングルの「ミルクティー」や「大切な人」に比べるとダメダメだろう。エイベックスの某アーティストのようにデジタル補正をかけまくった上での虚構の美人は論外であるが、ごくごく普通の手法・技術をして美人を美人に見せることに何ら問題はないと思うのだが・・・。付録DVDのPV映像に関しても、何だか妙に化粧が濃いし・・・。


個性的・前衛的な音楽をやるシンガーソングライターにおいても、美人が圧倒的に幅を利かせていることは、メジャー・マイナー関係ない厳然たるシーンの事実・法則である(椎名林檎、鬼束ちひろ、柴田淳をはじめ美人が多い)。ちょっと言い過ぎの感もあるが、もうちょっとマシなものにしても良いように思う。










・アーティスト評価
歌唱力9 (→)
作曲9 (→)
編曲9 (→)
独創性10 (↑)
安定性9 (→)
9 (↑)
総合9 (→)
熱中度10 (↑)

スポンサーサイト




2007/11/24 02:24|アルバムレビュートラックバック:0コメント:6

コメント

こんにちは。確かに植村さんの作品のジャケ写はいつも微妙ですね、まだ2ndアルバムのジャケ写の方が好きです…でも逆にぜひとも生のライブでその姿とステキな歌声を聞いたり見てみたいという気になっちゃいます。

今回のアルバム、初めてHPで試聴した時は「ん~…」と感じたんですが、今日の朝近くの某大手レコード店に行って前半部分だけをしっかり試聴してきたらすごく良いように感じました。何か聞けば聞くほど良さが伝わってくるような気がしました。やっぱり初聴で決め付けたらダメだなとちょっと反省しましたね(苦笑)

しかしながら散々迷った挙句、購入したのは水樹さんの最新アルバムでした(汗)こちらも最初はそんなに買う気無かったのですが、各所で絶賛の嵐なので気になって…いや~3,4回通して聞きましたが素晴らしい出来ですよ、ベスト盤とは違って色々な雰囲気の曲があって面白いです。特に「Heart-shaped chant」は個人的には傑作だと思います。でも曲数が15曲と多いのが欠点かと…
todo #-|2007/11/25(日) 23:15 [ 編集 ]


>todoさんへ

今回のジャケはまだマシなほうでしたよ。私はシングルの「大切な人」「ミルクティー」のジャケ写が好きですね。

植村さんの今作は最高傑作だと思います。聴けば味が出てきますよ。

水樹さんは私も興味ありますね。チェックしたいですね。
バツ丸 #-|2007/11/28(水) 00:33 [ 編集 ]


「愛と太陽」、まだ、聴けておりません。
はやく、聴きたいっっ

中山うりの2ndが同じ頃に発売されたので、そっちのほうがレンタルには出回るまいと思って、カナ吉の購入を見送ったのですが、こういうレビューを見ると、すぐにでも聴きたくてうずうずしますね。

ジャケットが美人でないというお話でしたが、私は2ndアルバムの写真が好きです。
植村さん本来のルックスの良さは、確かに活かされていない気がしますけど、アルバム全体の雰囲気を的確に捉えていて、あれはあれでとても可愛らしいなぁと。
栗ご飯 #-|2007/11/29(木) 17:53 [ 編集 ]


>栗ご飯さんへ

お返事遅れてしまって申し訳ありません。

うり坊の2ndでているようで・・・。お金がない、でもよさそう。

カナ吉はかなり良いです。今年の上位作品ですね。

2ndのジャケお好きですか。私は初期のシングルのジャケは好きですけど。

個人的には不満あるな~。
バツ丸 #-|2007/12/04(火) 23:40 [ 編集 ]


「ラストランゲージ」

かなりハマってます。これはヤバイですね....。

この方を聴くキッカケはこちらのレビューからでした。いい音楽に出会えたのはバツ丸さんのおかげです!!
へちま #-|2008/02/08(金) 22:59 [ 編集 ]

そうですか
>へちまさんへ

私もこの曲は大好きですね。
このレビューが出会いのきっかけになったすれば、何よりです。以前の作品も良いので機会があれば聴いてみてください。
バツ丸 #-|2008/02/09(土) 01:34 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://badtzmaru.blog34.fc2.com/tb.php/638-4e659d8e

プロフィール 

聴いた曲の履歴!! 



プレイリスト詳細

アクセスカウンタ 

,
・トータルアクセス



・ユニークアクセス





ランキングに参加しています。よろしければクリックしていただき、投票にご協力いただけたらと思います。

その他コンテンツ 

・バツ丸のヲタク拝見
・過去のレビュー
・以前の他事争論
・名盤紹介
・墓場に持って行きたい曲
・月別CD DVD購入&試聴記録
・アルバムレビューについての説明

リンク 

ブログ検索 

おすすめCD!! 

購入・試聴CD 











DVD・その他 

Copyright(C) 2006 バツ丸のエンタメ問答 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。