バツ丸のエンタメ問答

音楽・映画・本好きのためのよろずやブログ

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

カレンダー 

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ただいまのお時間 

最近の記事 

月別アーカイブ 

カテゴリー 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

おすすめ書籍 



読書履歴! 









検索 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




--/--/-- --:--|スポンサー広告

2008年若手女優シーンわがまま予想・評論その1

さて、あおい様ご出演大河ドラマが始まったことを受け、今年の若手女優シーンに対する勝手極まりない予想・評論を展開しようと思います。






極めて単純に言うなれば、今年の若手女優シーンは、

宮あおいで始まり、宮あおいで終わる


1年になることだろう。1年の始めから終わりまで文字通りぶっ通しの大河のみならず、「陰日向に咲く」「ハブと拳骨」「闇の子供たち」で主役ないしはそれに近い役割を演じる宮あおいは、今まさに絶頂期に至らんとしていると言い切ってよいだろう。着実に、確実に、日本の映画史上・テレビドラマ史上に燦然と輝く大女優への道筋を登っている。どの世代を見ても、今の彼女に対抗できる女優はそうそう居まい。画面を通しての魅力・演技の上手さ・存在感・・・、すべてが際立っている。


その彼女に数少ない対抗できる存在は、宮とは違いTVドラマでの主役級出演は少ないが、「人のセックスを笑うな」「明日への遺言」 「百万円と苦虫女」「TOKYO!」と、昨年・一昨年同様今年も極めて安定して、如何にも映画女優らしい作品性の強い作品に出演するもう1人の「あおい」こと蒼井優だ。今に至る邦画ブーム・若手女優ブームを切り開いていったこの両者が今年も変わらず若手女優シーンを牽引していくことだろう。彼女らより若い女優らにとって目標であり絶対的な壁であり続けることは間違いない。

この両者に現時点で唯一近づけているのが、昨年「イケパラ」と「ALWAYS~続・三丁目の夕日」で知名度と評価を上げた堀北真希。「東京少年」「クロサギ」に大河と立て続けに重要役を演じる彼女にとって、今年は更なる高みへと上り詰める飛躍の年&極めて重要な年になるに違いない。難役の「東京少年」での演技
。そして彼女にとって最大の試練であると勝手に考えている、大河におけるあおい様との演技バトルの出来如何では、彼女もWあおいの領域へとたどり着けるかもしれない。この両者の対峙は、今年の若手女優シーンにおける一番の注目どころであろう。Wあおいの共演を除けば、現時点で一番の好取組だ。


現時点では、若手女優シーンにおいてこの3者の存在・実力・魅力が同世代他者と比べ突出している。今は宮・蒼井・堀北の3強時代であると思う。


しかし、この3強に対する本命ともいえる存在が居る。それは、昨年「天然コケッコー」で爆発的進化を遂げた夏帆だ。今年既にテレビドラマ「4姉妹探偵団」及び映画では「東京少女」「うた魂」「砂時計」と3本で主演が決まっているなど宮に匹敵する露出の多さ。この子のポテンシャルがどれほどなのかまだ分からないが、ピュアさと透明な雰囲気に関しては業界トップレベルと言ってよいだろう。内容次第では一気に3強の領域近くに上り詰める可能性もある。


そして、今年の若手女優シーンを面白くしそうな「大穴」的存在が、管理人一押しの吉高由里子。

「ヘキサゴン」特番での「空を飛べる魔法が使えますように・・・」と「ヘキサゴン珍回答常連3強」にも負けない不思議ちゃん発言が記憶に新しい彼女。今年ドラマは2話のみ出演(4話・12話)とは言え「篤姫」ではあおい様と対峙する於哲役、先日放送が始まった「あしたの、喜多善男〜世界一不運な男の、奇跡の11日間〜」では宵町しのぶ役を演じることが決まっている。

映画は「夕映え少女」(4部作で吉高は 『イタリアの歌』(2008年)で 主演。
(この映画むちゃくちゃみたいけど名古屋では上映されないみたい)

「きみの友だち」 「僕の彼女はサイボーグ」 「蛇にピアス」すべてで主役・準主役級の役が決まっているなど、実はその活動振りに関し宮・夏帆に匹敵するか凌駕せんかの勢い。中でもヌードが確定の「蛇にピアス」は既に話題となっている。

演技派というわけではないが、その存在感と抜群のルックス・スタイルは他にはない独特の魅力を感じる。いい意味で今年のシーンを振り回してくれるに違いない。天才というよりは異才だろうな、彼女は。


さて、2006年までは宮と共に若手女優「四天王体制」を構築していた沢尻・長澤・上野の3名に関しては・・・。

個人的には苦戦を強いられると予想する。


沢尻に関しては、昨年の一件でかなり顰蹙を買ったが、そのヒールキャラぶりが業界では貴重なこともあり、多少の影響がありはすれど今後もそれなりの活動をし続けることだろう。

ただ、演技・ルックスなど女優としての実力、特にトータルバランスでは優れたものがあるものの、突出した魅力や気迫に欠けるように思う。そのキャラクター性とは対照的に女優としてはかなり穏当・無難で面白みがないと思っているのは私だけだろうか?


昨年何一つ良いところのなかった長澤に関しては、今年も喜ぶべき材料がない・・・。私は熱心なマサミストだけど、最近の長澤を殆ど評価していない。

何せ現時点で出演が決まっている映画作品が、あの黒澤明の代表作「隠し砦の三悪人」のリメイクなのだから・・・。日米共に既にネタが枯渇しているせいか、ここ数年はやたらと「歴史的史実を基にした作品」や「リメイク作品」が増えているが・・・。黒澤作品はないだろう。

黒澤作品のリメイクは業界人が絶対に踏んではならない「地雷」・・・(小津作品もそうだが)。

織田裕二を筆頭に豪華役者でそろえた「椿三十郎」の商業的・内容的失敗がそのことを雄弁に示している。

この期に及んでの黒澤作品リメイクが何故「地雷」なのかというと、黒澤映画のファンである人の年齢層・思考・嗜好及び若い年齢でも黒澤作品に詳しい「映画ファン」のそれと、長澤まさみが見たいが故に映画を観る人とのそれとが全くかみ合わないからだ。

下手をすると、うるさ型の映画ファン・黒澤ファンからもマサミストからもぶったたかれる最悪の結果になりかねない。監督は「特撮技術は良いけど後は・・・」の樋口真嗣だし・・・、他にも・・・だし・・・。

早くも「危険臭」でぷんぷんしている。

何であえて「やばい橋」を渡ろうとするのかね。黒澤作品のリメイクに頼るなんざ業界人として「自殺」しているとしか思えんよ。


話が長くなったが、上野に関しても個人的に「これは」と思えるところがない。

2月からテレビドラマで主演1本、映画では主演一本・準主役1本とそこそこの内容だけれども・・・。

個人的に映画「奈緒子」が地雷になるとしか思えない。彼女は小学6年の時に兵庫県大会で100メートル走4位の経歴を持っていることもあり、一見適役かと思われるが・・・。

繊細で弱く、それでいて美しさと強さとを秘めた魅力溢れる女性奈緒子に全く上野は合っていない。このミスマッチさを埋めるには物凄い演技力が必要となろう。

原作でも奈緒子が走る場面は少ないので、陸上経験よりも雰囲気重視で選出して欲しかった。どこの誰が上野を選出したか分からないが、「原作ちゃんと読んだのか?」と突っ込みたくなる。

で、余談だが誰が奈緒子役にふさわしいかと言うと・・・。「ずばりこの人」と言える人が思いつかない。上野よりは長澤の方が合っているだろう。藤井美菜あたりがいいかな~。



今回はここまで。次回は88年組女優とこれから注目すべきミドルティーン、ローティーン女優中心に考察していく。
スポンサーサイト




2008/01/10 17:14|女優・若手女優評論トラックバック:0コメント:5

コメント

あおいちゃん、演技はともかく、
容姿と役柄がちょっと合ってないような・・・^^
オオトリ #-|2008/01/10(木) 18:12 [ 編集 ]

そういう意見も・・・
>オオトリさんへ

確かにそういう意見も見受けますね。現代調のアレンジは彼女のかわいすぎるルックスへの対策だと思われます。

これからの精進振りに期待しましょう。
バツ丸 #-|2008/01/13(日) 01:25 [ 編集 ]


宮崎あおいって、バツ丸さんが言うほど
実力が無いと思います。

大河ドラマは、もろに演技力や実力
が表れます。

悪いけど、「姫」じゃなくて「町娘」レベルですよ~。
そう感じた人は、結構いるんじゃないかな?

今年の大河を見るのを止めました。

大河ドラマも、加賀百万石からおかしくなったと勝手思ってます。

宮崎あおい様(ファンではないですが)猛省して欲しいです。

ファンの方年末まで楽しんで下さいね。
あっくん #mQop/nM.|2008/01/14(月) 21:54 [ 編集 ]

現時点では・・・
>あっくんさんへ

まあ、考え方は人それぞれですんで。

明るく生き生きとした作風が今作のコンセプトだと思いますので、彼女はそれに即した演技が出来ていると思います。篤姫の明るさと好奇心旺盛な性格、生き生きとした感じを上手く伝えられていると思いますよ。

あっくんさんが違和感や不満を感じられているのは作風に起因することではないのでしょうか?


まだ、今のところ武家の娘としての自覚が出ているわけでもないですし、家自体もそう金持ちではないですよね。財政改革のあおりを強く受けているわけですし。「姫」になるのはこれからです。

話はこれからだと思いますよ。斉彬の養子になってからも今のような演技だとまずいと思いますが、恐らくそれはないでしょう。今のところはこれでよいと思います。

まあ、他の作品も観てみてくださいな。

バツ丸 #-|2008/01/14(月) 22:29 [ 編集 ]

追記
>あっくんさんへ

上記では説明不足、&言いたいことが完全にいえなかったので追記の形で記載します。

さっきよりキツい論調になりますが、ご了承ください。

>悪いけど、「姫」じゃなくて「町娘」レベルですよ~。
そう感じた人は、結構いるんじゃないかな?


との意見には納得しかねるものがあります。

そもそも今作は篤姫の生き生きし、屈託のない人間性及び、その彼女の成長を描いた物語です。

よって、まだ幼少の段階で如何にも典型低的な「武家の娘・姫」を演技や演出において見せることに意味を見出せません。

それでは篤姫の篤姫たらんところが描けないですよね。如何にもな姫を出すことに作品としての面白さを出す効果がありますでしょうか?

それこそ町娘?と突っ込みたくなるぐらいの、屈託のない人間性を描いてこその篤姫の魅力でありましょう。
(典型的な姫にあたるのは現時点ではともさかりえ演じるお近でしょうね)

今が「典型的武家の娘」でないところを生き生きと描いていくから、後の大奥に入るところや、将軍の性質となるところ、一番の見せ所であろう江戸城無血会場へといたるところの描写に重みを出せるわけで。

上にも書きましたが、これから姫として将軍の正室としての、それこそ「姫」としての風格やら品やら知性溢れる演技が求められるところと考えます。

現段階で、「姫」じゃない、と言うのはナンセンスではないかと。


それが求められるのはもう少し先でしょう。その時も今のような感じで宮崎さんが演技をしていれば、それは私にとっても批判の対象となりえましょうが、恐らくそれはないと思います。彼女はそこらへんのところよく分かっていると思いますよ。


当初から重厚で如何にも大河的なお堅いイメージ、姫様像を出していく、というような作品コンセプトであれば、あっくんさんがおっしゃることはごもっともでしょう。彼女の演技も存在も論外です。


しかし、現にプロデューサーが公式サイトで

>幕末というと、男性の英雄ばかりがクローズアップされ、女性の活躍が無視されがちです。男たちがめぐらした策謀によって、毎日誰かの命が狙われていたかのような印象すらあります。しかし、幕末と呼ばれるその時代にも子どもは生まれ、愛し合う夫婦は存在し、人々は口を開けて笑い、日々の営みを続けていたはずです。

今回の「篤姫」では、そういうホームドラマ的な日常生活の側面をきっちり押さえてうえで、時代の変革点である幕末を描ければ、と思っています。

と述べているように全く違います。

このコンセプトの元では、宮崎さんの選出&彼女の演技は、もちろん完璧とまでは言いませんが、かなりのレベルでその要求にこたえられていると思います。

まあ、このコンセプトそのものがダメお考えとかお嫌いであれば、もう致し方ないところでありますが。

ただ、猛省とか言うにはまだ早いように思われます。

以上です。すいません。
バツ丸 #-|2008/01/15(火) 01:00 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://badtzmaru.blog34.fc2.com/tb.php/667-de908621

プロフィール 

聴いた曲の履歴!! 



プレイリスト詳細

アクセスカウンタ 

,
・トータルアクセス



・ユニークアクセス





ランキングに参加しています。よろしければクリックしていただき、投票にご協力いただけたらと思います。

その他コンテンツ 

・バツ丸のヲタク拝見
・過去のレビュー
・以前の他事争論
・名盤紹介
・墓場に持って行きたい曲
・月別CD DVD購入&試聴記録
・アルバムレビューについての説明

リンク 

ブログ検索 

おすすめCD!! 

購入・試聴CD 











DVD・その他 

Copyright(C) 2006 バツ丸のエンタメ問答 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。