バツ丸のエンタメ問答

音楽・映画・本好きのためのよろずやブログ

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

カレンダー 

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ただいまのお時間 

最近の記事 

月別アーカイブ 

カテゴリー 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

おすすめ書籍 



読書履歴! 









検索 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




--/--/-- --:--|スポンサー広告

書評~東野の原点はここにあった?

●東野圭吾 「あの頃ぼくらはアホでした」 (37点/50点)






今作はミステリー小説でも恋愛小説でも何でもなく、東野が自らの幼少時代から大学生時代までの人生模様~その中でも著者にとって思い出深く且つ、とてつもなく恥ずかしい出来事を「コテコテの関西弁まじりの文章」で赤裸々に綴ったいわゆる「アホ話」である。

人の不幸話・恥ずかしい話、失敗談などはその反対のものを見るよりもかなり面白い。しかし、今作が爆笑ものに面白いのには、内容を通して東野の人となりの面白さを感じると共に、その内容に共感できることがあるからだろう。書かれていること全部とまでは言わないが、彼と同年代か、今の20代後半から30代ぐらいの人であれば、自分の身にも覚えのあることがきっと出てくるように思う。そう、恥ずかしさの宝庫である「青春時代」の思い出が・・・。

彼が育った大阪で当時「荒れていること」で非常に有名だった中学に入ってしまったがための苦労話、面白話などは、同じくそういうことで全国的に有名になった中学校にびくびくしながら入学してしまった私にとって他人事とはおもえなかったし、理系科目が全くダメだったこともあり「似非理系人間の悲哀」で書かれていた彼の苦労話や虚勢には「涙」なくしては(?)見ることが出来なかった。

そして、ブルース・リー師父の映画「燃えよドラゴン!!」を見てしまったがために、「抑圧されていた闘争本能」が解放され、己の姿を全く省みることなく、日々ところかまわず回し蹴りをしたりとび蹴りをかましてみたり、怪しげな筋トレをやったりというエピソードは、まんま自分の思い出と被ってしまう。そう、あの頃は皆、リー師父の「自称」弟子であったのだ・・・。

な~んて、時に大笑いし、時に苦笑しながら感慨にふけってしまうのであるが、今作を読んでいて思うのは、何だかんだと言われつつも、彼や自分が青春時代をすごしてきた時代は面白かったな~。ということである。

あの頃は今のようにケータイもパソコンもテレビゲームのような高価なおもちゃもなかったけど、学校帰りでひたすら空き地で遊びまわったり、土手を走ったり、広場で野球やサッカーをしたりとそれだけで十分楽しかった。殺伐な雰囲気もなかったし、人の心にもまだ余裕さやおおらかさがあったように思う。

しかし、今はどうだろうか。空き地や公園もなく、仮にあったとしてもそこで遊んでいる子供を見ることは殆どない。遊び盛りの時にやれ塾だ、やれ英語だのといわれ・させられ、一方でそういったものから早々と脱落したものは、繁華街でたむろし、果てはセックスや喫煙、飲酒、暴力と享楽的で排他的なものにおぼれていくか、何事に関しても無気力さや無関心さが蔓延する雰囲気でいっぱいいっぱいだ。町を歩いていたらそういった雰囲気をまとった連中に嫌というほど面をあわしてしまう。勝ち組社会、競争社会、成果主義社会の風潮が進み、何事に関しても弱者に負担を課すだけでしかない「自己責任」とやらが問われる社会に日本がなってしまったのが、その大きな理由であろう。

今の日本社会に不安・不穏・殺伐といった雰囲気しか感じ取れなくなってしまっている。物質的には満たされてはいるものの、精神的な充足からはますます程遠くなっていく・・・。

しかし、世はますます拝金志向になっているから、始末に負えない。
今の子供たちは(もちろん大人もだが)大変な時代に生きているのだな、と心底思う。
スポンサーサイト




2005/12/30 01:34|読書評コメント:0

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


プロフィール 

聴いた曲の履歴!! 



プレイリスト詳細

アクセスカウンタ 

,
・トータルアクセス



・ユニークアクセス





ランキングに参加しています。よろしければクリックしていただき、投票にご協力いただけたらと思います。

その他コンテンツ 

・バツ丸のヲタク拝見
・過去のレビュー
・以前の他事争論
・名盤紹介
・墓場に持って行きたい曲
・月別CD DVD購入&試聴記録
・アルバムレビューについての説明

リンク 

ブログ検索 

おすすめCD!! 

購入・試聴CD 











DVD・その他 

Copyright(C) 2006 バツ丸のエンタメ問答 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。