バツ丸のエンタメ問答

音楽・映画・本好きのためのよろずやブログ

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

カレンダー 

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ただいまのお時間 

最近の記事 

月別アーカイブ 

カテゴリー 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

おすすめ書籍 



読書履歴! 









検索 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




--/--/-- --:--|スポンサー広告

お~い、大丈夫か!!?

某所の編集加筆版です。


既に相互リンクしているブログ運営者さんがとりあげていらっしゃいますが、3月5日にGIZAから平田香織さんがデビューするようです。彼女は東海地区ローカルではありますが、その影響力は赤文字系女性ファッション雑誌に勝るとも劣らない「スパイガール」(東海版)の専属モデルで今人気が出てきている方ですね。それにしても、三枝さんといい早川さんといい、ここ数年のGIZAは名古屋嬢がお好きなようで。





デビューシングル内容は、

スタイリッシュスタースタイリッシュスター
(2008/03/05)
平田香織

商品詳細を見る

(1)スタイリッシュスター
(2)ファンタスティックメモリーズ


となるようで。ちなみにhttp://www.youtube.com/watch?v=hUFOkMqz4Ekでは上記曲とは違うと思われる曲のプロモを観ることができるのですが・・・。


このプロモといいダンスといい、そして上記曲名と言い、どう考えてもPerfumeを意識している、いやパクっているとしか思えませんな。

GIZAはかつての倉木や愛内の時にも、シーンの最先端や上位にいる人からそのエッセンスを拝借し、それで成功を得てきたわけですが。


今回はとてつもなく危険、というかやめた方がいいと思います。


今までは、あくまで王道の音楽性を有すメジャーアーティストに、それもかなりの不特定多数に支持されているアーティストに便乗することで、そのおおもとのアーティストの有すネームバリューや人気による巨大な宣伝効果と、アーティスト及びそのアーティストがやっているジャンルの「ライトなファン」の取り込みという二つの大きな利点があったわけです。 また、ここでは詳しくは書きませんが、倉木や愛内といった歌い手に本家にはない魅力・実力があり、さらには彼女らにない部分を大野やYokoといった作曲家の作る楽曲で十分に補えていたのも、単に「勝ち馬に乗った」で終わらなかった大きな理由であると思います。


しかし、今回個人的には今まで成果を出してきたこの方法論が通用しないと考えます。

それは、Perfumeがそもそも20代後半から40代ぐらいの男性層からカルトな人気を有したアーティストであることもさることながら、Perfumeが何故今、幅広いとまでは言えないものの熱烈な支持を得ているのかの理由ともなる「このグループの特殊性~特に文化的・時代的なそれ」を理解していないに他ならないからであります。

以前ここのレビューにも書きましたが、このグループ及び、プロデューサーの中田ヤスタカの凄さであり魅力であるのは、最新鋭の音楽性やリズムと往年のディスコ・テクノサウンドを巧みに盛んだ「明快さやキャッチーさをも兼ね備えた完成度の高い音楽性」。手塚治虫や藤本弘の作品にも通ずるイノセンスで切ないSF世界観。80年代の王道とも言えるアイドルグループ。凝った映像と広島アクターズスクール仕込みの優れた歌唱技術・コーラスワークにダンス技術を軸としたプロモ。長きにわたる活動経験。アイドルに付きまとう大人の事情すらトークのネタにする奔放且つ巧みでユニークな話術に、美人とかとびきりキュートとかではないけど並レベルよりは可愛く親しみやすいルックス・・・。


この各々の要素の見事な融合がPerfumeのPerfumeたる所以なんですね。

クイックジャパンの74号の「Perfume特集」↓、

クイック・ジャパン74 (Vol.74)クイック・ジャパン74 (Vol.74)
(2007/10/12)
Perfume/さまぁ~ず/銀杏BOYZ

商品詳細を見る

にも書いてありますけど、極めて特異なんですよ、その存在は。

だから、音やプロモやダンスをまねても、はっきりいって意味がないんですよ。

逆にコアなPerfumeファンからつるしあげを食うだけです。はい。 その明快でキャッチーな音楽性に惑わされますけど、中田ヤスタカやPerfumeって極めてアーティスティックでプロ意識が高いのですよ。で、今までのGIZAってアーティスト性の高い人を真似て成功した例って殆どないような・・・。

数年前、椎名林檎を意識した吉田知加、新居巨匠や管野巨匠にも通ずるフィーリング系音楽を意識した山口裕加里で大失敗こいたのをもうお忘れなんでしょうかね、関係者は。


まあ、路線からいえば、Perfumeより、同じ中田プロデュースのMEGに近いかな。彼女もモデル畑ですし。

で、最後にもう一回言います。やめといた方がいいよと。少なくとも、中田ヤスタカの作る楽曲を上回るものを出していく、だけでなくPerfume人気の原動力となっている音楽的特性・文化的特性に代わるそれらを提示しないとお話にならないと思います。そうするのはどう考えても無理っぽいでしょうけど。
スポンサーサイト




2008/02/05 21:44|エンタメ問答トラックバック:0コメント:8

コメント

激しく同意です!!同じこと思ってました。まさか彼女がGIZAからでるとは・・・かなりビビりました。

私、彼女がスパガから出てきたころからしってますけど、実際皆「????」って感じでしたね・・。なのでルックス的に同性からの支持はあまり得られないと思います。
顔も・・・だいぶかわってますねー。
スパガのモデルデビューさせるなら木下美由紀さんとか小寺ユカさん出したほうがいいいのでは・・・とか思ってます。
へちま #-|2008/02/06(水) 10:09 [ 編集 ]

もうすぐ生パフュームです
前回のライブレポ楽しませていただきました。元々ヤスタカサウンドは好きですが彼女達より「整ってる」アイドルには全然はまらなかったのに、パフュームは直ぐ好きになりました。GIZAは・・・独自のモノはちゃんと評価されているのに(所属アーティストの魅力によるものですが)何で自ら安い方に行ってしまうんでしょう・・・2月10日にテレビ東京の音遊人でcapsule特集だそうです。これも楽しみです。あと、紹介していらしたschool food punishmentの2ndレンタルですが聴きました。凄い、の一言です。都内でライブやってるみたいなので是非行きたいと思いました。
さや #-|2008/02/07(木) 00:15 [ 編集 ]

驚きさ!!
>へちまさんへ

GIZAから出るとは予想の範疇を超えすぎてましたよ。

しかし、この系統のモデルさんはビーイング的美人とは質が違い過ぎますね。どうも支持できないですね。

それ以前にPerfumeやMEGの後追いというのがもう終わっています。
バツ丸 #-|2008/02/09(土) 01:24 [ 編集 ]

楽しんできてください
>さやさんへ

読んでくださってありがとうございます。

私もどちらかと言うとアイドルグループには冷淡なのですけど、これは久しぶりにハマりましたよ。

GIZAは実力者を排除して安易な方向に行くか、実力者に依存してダメにするかのどちらかに陥っていますね。ガネもかなりまずそうですし。

SFPってレンタルあったのですか!!?驚き。名古屋にはそんなレンタル店ってたぶんないですよ。

私も今月ライブに行けたらと思っているのですけどね。
バツ丸 #-|2008/02/09(土) 01:29 [ 編集 ]

竹井詩織里
竹井詩織里の新作は聴きましたか?
なんか彼女、いろんなとこで「引退説」が出ているようですね...。
非常に心配です。

新曲聴きましたが、今までと同じピアノバラード系で(後藤康二曲はまぁまぁだったものの)、いい加減不満でした。
今の音楽のまま、活動して行かれても困りますけど....
フェードアウトだけは勘弁していただきたいですね。

あぁギザって何なんだろう...。白石桔梗もぱっとしませんし。

あ、バツ丸さんは竹井人気楽曲投票しました?
私は「Reflection」が大好きなのでコレに一票いれました。
へちま@何度もすいません #-|2008/02/11(月) 12:37 [ 編集 ]

いつも読ませてもらっています
いつも読ませてもらっています。
今回の記事はさすがに興味引かれましたので、思わず初めてコメントさせていただきました。

平田さんのPVはこちらで初めて見せてもらったんですが、まず見たとき唖然としました…。
正直、見終わった後は言葉が出ませんでした。残るのはかすかに残る僕の失笑(苦笑
記事に関しても、今回は読みながらもう「ウンウン」と頷きっぱなしで、自分が思った感想は全てここで書かれているのと寸分違いません(苦笑

僕もかつては同レーベル所属の某歌手のファンだっただけに、それだけに余計このPVを見て同レーベルには心底失望させられたといったところです。
今にして思うと、同レーベルの所属歌手をかつてファンとして応援していた自分が愚かしく思えるほどで…。正直、心底呆れましたよコレは(苦笑)。それしか言いようがないです(苦笑

そもそも疑問なんですけど、同レーベルのファン気質からいってこの手の音楽をやるアーティストがウケるとは個人的に思えないんですけどねぇ…。
実際、僕がかつてファンだったアーティストさんのファンの方々の声や、同レーベルファンサイトなどを目にしても、平田さんはおろか、Perfumeの話題を目にすることもほとんどありません。
GIZAであればとりあえずチェックするであろうファン方さえこの反応…。
では、一般向けとしてのレーベル戦略なのか?と考えてみても、それこそPerfumeの二番煎じとしか思われないこの作りでは…。
一体、どこをターゲットにしているのやら…。心底理解に苦しみます(苦笑

最後にビジュアル面に関しての感想ですが、作りは本家に似せてはいるのにどうしてこんなに別物のようにダサく見えてしまうんでしょう…(苦笑
個人的に思うんですが、本家のようなビジュアルから受ける先鋭的なカッコよさが全く皆無に感じます。
具体的に言いますと、微妙な演出やカメラ視点、アップのタイミング等、そして表情。
あと、一番気になったのは被写体に向けた光の使い方。これはもうGIZAのお家芸なんでしょうか?
作品全体としてのカッコよさじゃなく、どうもアーティストのビジュアルを前面に押し出してる雰囲気がありありと感じられて、言葉悪く書くと「美を見てちょーだい」みたいな感じで凄く嫌味っぽく見えてしまうんですよね。(これは同レーベル所属アーティストのPV全てに言えることですが…)
ルックスがいい方ですし、こういう作りは男性ウケはすると思いますけど、女性には反感買いかねない作りな気がします…。


色々書いてるうちに長くなってしまいました(^-^;
長文失礼しましたm(_ _)m
とも #zQAnTeY.|2008/02/27(水) 20:53 [ 編集 ]

まだです
>へちまさんへ

すいません、返事遅れてしまって。以前返事を書いたはずなのに保存されなかったみたいで・・・。

竹井さんの新作、というかベストは資金の関係上聴けていません。レンタルであればよいのですが。そうでないことを祈るのみです。

しかし、新曲はまたもや穏当バラード曲でしたか。

竹井さんの引退説はなぜかでていますね。

今のGIZAって何なんでしょうね。もう興味がほとんど尽きてしまっています。

個人的にあまり公式サイトとかの投票はしない主義で。
バツ丸 #-|2008/03/02(日) 20:00 [ 編集 ]

ありがとうございます
>ともさんへ

お互いこのネタには反応せざるをえませんな。私もふとした機会にこのPVを観たのですけど、固まってしまいましたね。

私ものちにともさんのところの記事を拝見したのですが、やはり同じ意見となるしかないようで。

しかし、大方の中田・Perfumeファンの意見であると思います。おっしゃるようにかっこ悪いですね。私の見た範囲においても、各ブロガーの間で彼女のネタを書いているのを見たことがほとんどありません。

商業的に稼いでなんぼの世界とは言え、クリエイターとしてGIZAの関係者は恥ずかしくないんですかね。こんなあからさまで次元の低い猿まねなどして。

誰を相手に商売しているのでしょうか。

>個人的に思うんですが、本家のようなビジュアルから受ける先鋭的なカッコよさが全く皆無に感じます。
具体的に言いますと、微妙な演出やカメラ視点、アップのタイミング等、そして表情。
あと、一番気になったのは被写体に向けた光の使い方。これはもうGIZAのお家芸なんでしょうか?

もそのとおりでございまして。

やはりその手のジャンルの専門家がやらないと、救いようがなくなるの典型でしょう。

また、平田さんのようないまどきのモデル然としたルックスは、GIZAの一番の客層である独身男性層にうけませんよ。こういう女性が好きな男性はGIZA音楽をあまり聴かないような気もします。

いや、このネタは書きだすと長文とならざるを得ないですね。ご心中は十二分にお察しします。
バツ丸 #-|2008/03/02(日) 20:10 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://badtzmaru.blog34.fc2.com/tb.php/683-8a2f308a

プロフィール 

聴いた曲の履歴!! 



プレイリスト詳細

アクセスカウンタ 

,
・トータルアクセス



・ユニークアクセス





ランキングに参加しています。よろしければクリックしていただき、投票にご協力いただけたらと思います。

その他コンテンツ 

・バツ丸のヲタク拝見
・過去のレビュー
・以前の他事争論
・名盤紹介
・墓場に持って行きたい曲
・月別CD DVD購入&試聴記録
・アルバムレビューについての説明

リンク 

ブログ検索 

おすすめCD!! 

購入・試聴CD 











DVD・その他 

Copyright(C) 2006 バツ丸のエンタメ問答 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。