バツ丸のエンタメ問答

音楽・映画・本好きのためのよろずやブログ

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

カレンダー 

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ただいまのお時間 

最近の記事 

月別アーカイブ 

カテゴリー 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

おすすめ書籍 



読書履歴! 









検索 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




--/--/-- --:--|スポンサー広告

CDレビュー~これぞ王道

●水樹奈々 「GREAT ACTIVITY」(2007年限定製造盤)(DVD付) 評価:A-

ジャンル:J-pop ハードポップ ハードロック バラード


amalogo111.jpg
(2007/11/14)


1. Bring it on!
2. Orchestral Fantasia

3. Promise on Christmas
4. MASSIVE WONDERS
5. Take a chance
6. ファーストカレンダー
7. ラストシーン
8. SEVEN
9. アオイイロ
10. TRY AGAIN
11. SECRET AMBITION
12. Nostalgia
13. Heart-shaped chant
14. chronicle of sky
15. Sing Forever


<問題点・注意点>

1・収録曲多過ぎ
2・アップテンポの曲に比べるとバラード曲が少し弱い


今回は声優業界において屈指の人気を誇り、今絶頂とも言える活動を見せている水樹奈々の昨年出たアルバムを取り上げます。





以前いくつかの記事でも書いたが、ここ数年、アニメ・ゲームミュージックや声優歌手シーンが熱い。売り上げこそメジャー一線級アーティストに劣るが、アニメ・ゲーム・PCアダルトゲームといった確実なタイアップ元の元気さと、それを支持するこれまた確実な男性支持層の存在があるからだろう。かつての90年代J-popからの継承を感じさせる、癖のなく聴きやすい音楽性もアニメ・ゲームミュージックシーンの動きを盛り立てていると言える。その最大の功労者である水樹奈々の、ベストアルバムを挟んでの約1年6ヶ月ぶりのニューアルバムであり、声優のアルバム最高位記録を樹立した今作は、彼女とシーンの勢いを感じ取れる好盤だ。


声優歌手と言うと、どうしても「アニメ声での甘甘な歌唱」や「オタオタしい作風・世界観」と思われがちであるのが残念な現実であるが、ポップス、ハードポップ、ハードロックを柱に民族音楽調のバラード曲やR&Bっぽい曲もあるなど非常にバラエティー豊かな構成となっている。古き良き90年代のJ-pop、特に創成期から浜崎・倖田へと至るエイベックスが有していた音楽性やビーイング的音楽性を忠実に継承した、非常に聴きやすく馴染み易い音楽性だ。今のメジャー音楽シーンでは逆に耳にする機会が少なくなっている分、新鮮な魅力を感じる。

しかも、歌を歌っている水樹の歌唱が抜群に上手い。流石声優と思わせる様々な声音を駆使と、元来の歌唱技術の高さが多様で繊細な表情を楽曲に瑞々しくもたらしている。この手の音楽は、一歩間違えば「凡庸」「ありきたり」「個性がない」といった悪評価をもたらしがちなその危険性を、彼女の技術の高さで見事に回避している。事前知識なく聴いたら、彼女が人気声優であることを推測できるは誰もいないのではないだろうか。


際立った個性や凄みがないが、すべてにおいてバランスの良い高品質の作品。ただ、いくら高品質とは言え収録曲15曲とは多過ぎる。力強く艶っぽいアップテンポのハード調の曲に比べるとバラード曲が少々弱かったかなと感じることもあり、もう少し同種の曲調の曲に絞り込みを掛け、より厳選した内容にした方が確実に良かったように思う。

しかし、声優とかアニメ業界の人だからといった偏見なしに、良作と評価できる作品。浜崎や倖田といったエイベックス主流アーティストが好きな人やJ-popのライトリスナーに聴いていただきたい。

ちなみに岸本早未や上木彩矢といったGIZAアーティストへの提供でおなじみ藤末樹の曲もあるので、GIZAアーティストにもチェックしていただきたい。










・アーティスト評価
歌唱力9 ()
作曲3 ()
編曲8 ()
独創性8 ()
安定性7 ()
8 ()
総合8 ()
熱中度7 ()



スポンサーサイト




2008/02/08 23:42|アルバムレビュートラックバック:1コメント:4

コメント

曲数が多いのは仕方ないんでしょうね、昔からですし。

最近は作曲陣が多彩で良い感じです。
前は一極集中という感じだったので。
バラードは、彼女に近い人で得意な人はあんまり思いつかないですね。
Elements Gardenが最近アルバムのバラード担当みたいになってますけど、彼らも器用ではありますがミドル・アップテンポが得意な人達なので。
個人的には前作の「HYBRID UNIVERSE方が好きな曲多かったですね。


アニソン関係で
http://www.lantis.jp/special/yozuca/
最近だとyozuca*さんのアルバムが良かったです。
多分お気に召すのではないかと思います、よろしければ是非。
しゅう #-|2008/02/10(日) 12:28 [ 編集 ]

そうですね
>しゅうさんへ

曲は多過ぎですね。ただ、作曲者の多さは多様性を構築していて良いと思います。バラードが若干弱いのが気になりますので、今後はその手に強い人が作ってくれると良いのですけど。


アニソン関係だと彩音さんがとても気になっています。yozucaさんもなんとか聴きたいと思っているのですが。
バツ丸 #-|2008/02/13(水) 02:08 [ 編集 ]


彩音さんはほとんど志倉千代丸作詞・作曲でかつどれも大体主題歌なので、そのあたりで好みが分かれるかも知れないですね。
SECRET AMBITIONとchronicle of skyはいつもの千代丸作曲とは少し違う感じの曲調なんであんまり参考にはならないんですけども。
しゅう #-|2008/02/13(水) 12:59 [ 編集 ]

そうなんですか
>しゅうさんへ

そうなんですか。とりあえずアルバムを聴いてみようと思います。近々買えたら買いますわ。
バツ丸 #-|2008/02/18(月) 00:40 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
CDアルバムレビュー(47)―前編― 水樹奈々「GREAT ACTIVITY(期間限定生産盤)」
今回は、水樹奈々の6thフルアルバム「GREAT ACTIVITY」(2007年発売)を取り上げます。なお今作には「期間限定生産盤」(DVD付きスペシャル仕様、今年末までの限定生産)と「通常盤」の2タイプありますが、今回は「期間限定生産盤」のみについてのレビューとします。 ▼
トドのひとりごと。 2008/02/11(月) 12:29

トラックバックURLはこちら
http://badtzmaru.blog34.fc2.com/tb.php/685-3b6f3821

プロフィール 

聴いた曲の履歴!! 



プレイリスト詳細

アクセスカウンタ 

,
・トータルアクセス



・ユニークアクセス





ランキングに参加しています。よろしければクリックしていただき、投票にご協力いただけたらと思います。

その他コンテンツ 

・バツ丸のヲタク拝見
・過去のレビュー
・以前の他事争論
・名盤紹介
・墓場に持って行きたい曲
・月別CD DVD購入&試聴記録
・アルバムレビューについての説明

リンク 

ブログ検索 

おすすめCD!! 

購入・試聴CD 











DVD・その他 

Copyright(C) 2006 バツ丸のエンタメ問答 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。