バツ丸のエンタメ問答

音楽・映画・本好きのためのよろずやブログ

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

カレンダー 

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ただいまのお時間 

最近の記事 

月別アーカイブ 

カテゴリー 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

おすすめ書籍 



読書履歴! 









検索 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




--/--/-- --:--|スポンサー広告

CDレビュー~轟音オルタナティブ~怒涛、怒涛です

●mass of the fermenting dregs 「MASS OF THE FERMENTING DREGS」 評価:A+

ジャンル:パンクメタル パンクコア エモ プログレッシブへヴィーミュージック 

massofthefermentingdregs.jpg
amalogo111.jpg

視聴はhttp://www.myspace.com/motfd Youtubeでもライブ映像あり。すごいです。


1.delusionalism
2.ハイライト

3.skabetty
4.エンドロール(インスト)
5.I F a Surfer (ほぼインスト)
6.ベアーズ(インスト)



<問題点・注意点>

1・インスト部分の充実さ・超絶ぶりに反し歌が弱い。


今回は神戸出身の3ピースオルタナティブバンド、通称マスドレことmass of the fermenting dregsの1stアルバムを紹介します。





メジャーの女性バンド・女性ボーカルバンド・女性ハードロックアーティストなど歯牙にかけない充実ぶりを見せつけるインディーズへヴィーミュージックシーン。その中においても、特にここでも取り上げた関西系列のアーティスト(星田紫帆・Rampant・FiGER)の充実ぶりが光っているここ最近。神戸出身の3ピースバンド、マスドレ(但し、今作発表直前にドラマーが脱退。うっそー!!)もそのことを証明する極めてレベルの高いアーティストだ。正式なリリースがないライブ活動のみでの状況で、オーディションを経てフジロック出演を獲得したことが何よりもそのことを示していよう。

その彼女らの待望の1作目となる今作。名古屋のタワーレコード某店舗で一推しされていたので気になって聴いたところ、かなり気に入ったので即決で購入。改めて聴きまくっているが、とにかく楽曲や演奏の有す圧倒的な勢いに圧殺される、そんな感想だけが頭を占める作品である。

音楽性はただひたすら雑食。今風のエモやパンクメタル・パンクコアといった感情過多な激情音楽を主軸としながらも、(恐らく当人たちは無自覚でやっているのかもしれないが)プログレ・プログレメタル・プログレッシブへヴィーミュージックといったテクニカルで前衛的な音楽性をも内包したオルタナティブミュージック。才能のある若者のみに許された「何でもあり」な音楽性と勢いを音の塊にしたそんな音楽だ。
(実力のない雑魚がやると最悪となる部類の音楽だ)


超攻撃的且つ変則的なリフ・ソロを繰り出すギター、とにかくうねりまくりのベース、重厚かつパワフル極まりない手数の多いドラムが一片の淀みも隙間も休みもなく終始繰り出されるその演奏・サウンドは、ほとんどの曲がスタジオで一発且つほぼオーヴァーダビングなしに録られたこともあり、ライブハウスでの演奏を切り取ったがごとく生々しいまでの勢いや臨場感に溢れている。細かいところでの粗がないわけではないが、それと引き換えに得た音楽的魅力や勢いは計り知れない。耳を劈く轟音、おなかにくるへヴィーなグルーブに怒涛の突進力・・・。今まで数多くの女性バンドの演奏を見聴きしてきたが、このグループほどにその演奏及びその演奏が構築するインストで魅せる・聴かせるバンドはないのではと思わせるほどの充実ぶり、勢いがある。そして、それのみならず、圧倒的な技術と勢いの合間に垣間見、それらと見事に融合している女性バンドならではのエモーショナルさやセンチメンタルさが、このバンドの絶対的な魅力であろう。理屈抜きでぶっ飛び感動できる。

中でもこちらで観ることのできる、この手のジャンルでは名手と名高いDavid Fridmanプロデュースのもとニューヨークのスタジオで録られた5曲目「I F a Surfer」の持つ勢いとプログレッシブメタルにも通ずるインテリジェンスで複雑且つテクニカルな構成は、間違いなく今作のハイライトであろう。いや、自分が今まで聴いてきた日本の女性バンドの中でも最高レベルのものであると言い切れる。これが女性3ピースバンドの演奏なのか? これがインディーズバンドの演奏なのか?と固まってしまった。こと演奏だけで判断するならば、以前名盤紹介に入れた同じ女性3ピースバンドのシェリーズをも凌駕しよう。(もちろんモンチーなどは全く相手にならない。)

演奏技術だけでなくフレーズセンスも抜群。作為的な要素が微塵もなくただ感性と感情が赴くままに奏でられたその旋律は、基本は同一のそれの繰り返しではあるが、どれもが印象的、煽情的でメタルの帝王アイアン・メイデンが如くそれがクセになるのだ。マスドレ恐るべし!!


しかし、ここまでの絶賛文面にそぐわないA+の評価をしたのには、実はこのあまりの演奏・インストの充実ぶりに反し「歌が弱い」からである。これは他のへヴィーミュージック系のアーティストの「歌」と比べてもしかり。歌唱技術も弱く歌メロも殆ど印象に残らない。歌ものの3曲目までとインスト・ほぼインストである残り3曲との間にある決定的な出来の差が痛い。インストの演奏だけでも突っ走れるものがあるにはあるが、やはり歌メロが充実してこそインストの魅力がよりいきると思うので、今後は歌の方の精進に期待したい。

だが、上にも書いたがアルバム発売直前にドラマーが脱退。彼女ほどの技術を有し、さらには音楽的フィーリングの合う女性ドラマーを探すのは容易ではないだろう。










・アーティスト評価
歌唱力7 ()
作曲9 ()
編曲9 ()
独創性10 ()
安定性9 ()
9 ()
総合9 ()
熱中度8 ()
スポンサーサイト




2008/02/11 23:48|アルバムレビュートラックバック:0コメント:4

コメント
マスドレ
おっ、マスドレ聴かれましたか。
このバンド演奏技術は確かに凄いですよね。音も3ピースにしては厚いと思います。確かにぶっ飛べます(笑)

「歌が弱い」言われてみればそうかもしれません。
これで歌メロが良くなればもっと凄いバンドに成ると思います。

さて内容と関係ないですが、最近は101Aというバンドがお勧めです。
このバンドが最近出した「LETHE」というアルバムがお勧め、というかバツ丸さんの感想を訊いてみたいです。
良かったら試聴してみて下さい。
サバス #nAgWE3mg|2008/02/13(水) 01:04 [ 編集 ]

聴いちゃいました
>サバスさんへ

聴きましたよ。3ピースバンドとしてはかなり凄いですね。

歌は弱い、演奏の凄さが目立ち過ぎている影響もあるのでしょうけどね。

101Aはさっそく聴きましたけどすごい。かなりの変態音楽ですね。ボーカルのクリアで繊細な歌唱も良いです。さっそく注文。

GURDIAN HUCKERのアルバムと一緒に注文しました。3月には聴けるかな?
レビューしたいな。あとtexas pandaaも聴きたい。
バツ丸 #-|2008/02/13(水) 02:31 [ 編集 ]


総合リンク希望します。
qqq #aIcUnOeo|2008/02/18(月) 22:56 [ 編集 ]

お断りします
>qqq様へ

今回で恐らく3回目のご依頼だと思われますが、レスは返す主義の私が何故今の今まで黙殺していたのかを、あなたはお考えになられたことがあるのでしょうか?

相互リンクを依頼するのに「相互リンク希望します」の一言だけで、「はじめまして」といった挨拶言葉もなければ、当ブログに対する言及もなし。挙句の果てに、ブログで示されているハンドルネームとまったく違うそれでのメール。失礼にもほどがあります。

あなた様のブログを拝見しましたが、まだ中学生なのですね。しかし、十分に節度を理解できる年齢ではあると思いますので、最低限のネットマナー、ブログマナーを勉強し、良識ある対応を取っていただくようお願いします。

このような相互リンクの依頼のされ方であるのなら、こちらは受けるつもりは一切ありませんので、そのところご理解ください。
バツ丸 #-|2008/02/19(火) 22:00 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://badtzmaru.blog34.fc2.com/tb.php/687-10f0cbb5

プロフィール 

聴いた曲の履歴!! 



プレイリスト詳細

アクセスカウンタ 

,
・トータルアクセス



・ユニークアクセス





ランキングに参加しています。よろしければクリックしていただき、投票にご協力いただけたらと思います。

その他コンテンツ 

・バツ丸のヲタク拝見
・過去のレビュー
・以前の他事争論
・名盤紹介
・墓場に持って行きたい曲
・月別CD DVD購入&試聴記録
・アルバムレビューについての説明

リンク 

ブログ検索 

おすすめCD!! 

購入・試聴CD 











DVD・その他 

Copyright(C) 2006 バツ丸のエンタメ問答 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。