バツ丸のエンタメ問答

音楽・映画・本好きのためのよろずやブログ

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

カレンダー 

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ただいまのお時間 

最近の記事 

月別アーカイブ 

カテゴリー 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

おすすめ書籍 



読書履歴! 









検索 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




--/--/-- --:--|スポンサー広告

CDレビュー~声優アーティストのレベルは高い

●茅原実里 「Contact」 評価:B+

ジャンル:ポップス ロック デジタルポップ・ロック トランス


amalogo111.jpg
(2007/10/24)

1.Contact
2.詩人の旅

3.ふたりのリフレクション
4.純白サンクチュアリィ
5.Dears ~ゆるやかな奇跡~
6.Cynthia
7.sleeping terror
8.too late? not late...

9.夏を忘れたら
10. mezzo forte
11. 君がくれたあの日
12.truth gift


<問題点・注意点>

1・いかにもアニメ主題歌っぽい曲の存在
2・自己本位的な詞に抵抗を感じる





2006年に「涼宮ハルヒの憂鬱」における長門有希役で人気が出、2007年にその勢いを駆って約3年ぶりに歌手活動を再開させた彼女の、久々に発表された2ndアルバム。個人的に声優としての彼女をほとんど知らず、楽曲を耳にすることでその存在を初めて知ったのであるが、そんなこと関係なく一つの音楽作品としてなかなかに良くできた作品だ。「声優歌手侮りがたし」。ここずっとそう思わされているこのことを改めて感じさせられた次第。公式のディスコグラフィーにおいて2ndではなく、「Re-start 1st ALBUM」と銘打たれていることや「Contact」というアルバムタイトルが示すように、彼女の心機一転の心境や歌手活動に対する意気込みがひしと伝わってくる佳作である。


全体としては(彼女がエイベックス系列の事務所に所属していることが影響しているのかどうか定かではないが)90年代のエイベックス王道の、軽快で勢いがあり聴きやすさに秀でた「トランス+ポップス」を柱とした音楽だ。恣意的に弦楽器を盛り込み、茅原の歌唱や無機質・機械的な音像に対応させるなど、オタクカルチャーの一角を担っている声優が副業でやった音楽作品とは思えぬほど各々の楽曲は緻密でありながら実験性にも富んでおり、それが、なまじのメジャーアーティスト以上の商業音楽としての洗練さと、それだけにとどまらない独自性や前衛さ、世界観を感じさせる要因となっている。如何にもアニメの主題歌的曲調やそこでの類型的と言える茅原の甘ったるい歌唱、「自分はこんなに辛く、苦しく、傷ついているんだよ」的自己本位な詞が所々で気にはなるものの、全体的な完成度はかなり高い。「涼宮ハルヒの憂鬱」の長門役で注目されるようにはなったが、一級の人気声優でも物凄い実力者でも大御所声優でもない彼女がここまでしっかりとした楽曲・サポートを得られたのは、その歌唱力の高さが故か。

ポニーキャニオン主催の『VOICE ARTIST&SINGER AUDITION「VSオーディション2003」』において、上位4人のファイナリストに選出されるも、ゴールドプライズ(大賞)に届かなかった、という経歴を持つ彼女の歌唱は、声優での声の印象とはかなり違う芯の強さと安定感を見せている。職業柄声を出すことや表現に慣れているという点を差し引いて、というか関係なく素直に上手いと認めるに足るものだ。

と、賞賛を多くしたものの点数を抑えたのは、今作に感じる実験性や前衛さ、そして茅原の歌唱力の高さといった美点が完全にアーティスト茅原実里の魅力として、今作の魅力として的確・明確に・昇華反映させられていないと何となく感じたからである。作品から感じ取れる意欲や挑戦心は高く評価できるものであるが、「トランス+ポップス」を体現したややダークでアップテンポな一部収録曲を除いた曲の印象が薄い。今の路線のきっかけとなった4曲目を筆頭に部分部分がイマイチかみ合っていないと思うところが少なからずある~上にも少し書いたが、曲中で如何にも「アニメ歌手然」とした歌い回しがあり、それが青くさい詩を含め曲調との間にほんの少しの違和感を生じているように思えてならない。上記にある彼女の特性をより徹底して魅力として出すことができるか、これが今後の大きな課題であると思う。後はエイベックスから見捨てられないことを切に願うのみ。










・アーティスト評価
歌唱力8 ()
作曲-- ()
編曲7 ()
独創性8 ()
安定性7 ()
7 ()
総合7 ()
熱中度6 ()


スポンサーサイト




2008/03/02 21:05|アルバムレビュートラックバック:0コメント:2

コメント
はじめまして
初めまして。久しぶりにブログ拝見させてもらったんですが、声優歌手の評価が高いのにちょっと驚きました。
 僕自身よくこの手のアニメはよく見るんで聴く音楽がアニソン全般になるんですが、多種のジャンルの音楽を聴かれるバツ丸氏からみても悪くはないものなんですね。
 giza系音楽への興味が冷めてきた(上木がデビューしたあたりです)んであまり記事も読んでなかったんですが、またちょくちょく拝見させてもらいますね。
 何が言いたいかって「らきすた」の長門役じゃなくて「ハルヒ」の長門役ですw。らきすたにも出てはくるんですけど。。。
TAKE #-|2008/03/11(火) 22:43 [ 編集 ]

すいません・・・
>TAKEさんへ

はじめまして。書き込みありがとうございます。

声優・アニソン歌手はここ数年評価高いですね。水樹さん、suaraさん、FJYに平野綾さん、Liaさん、石川智晶さん、kotokoさん・・・。

他にも、牧野さんとか川田さんとか、I've sound系列アーティストなんかも聴きますよ。レベルが高いです。

GIZAへの関心が薄れたのはTAKEさんと同時期で、それに対する記事もなくなりましたね。

もうGIZAファンが見るブログではないです。

ご指摘の件に関しては訂正しました。申し訳ありませんでした。ぐぐっていろいろ調べていたら情報が混乱してしまって間違えたようで。すいません。

他にも面白い声優歌手などいればお勧めしてくださいな。
バツ丸 #-|2008/03/15(土) 01:44 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://badtzmaru.blog34.fc2.com/tb.php/697-c201fd7b

プロフィール 

聴いた曲の履歴!! 



プレイリスト詳細

アクセスカウンタ 

,
・トータルアクセス



・ユニークアクセス





ランキングに参加しています。よろしければクリックしていただき、投票にご協力いただけたらと思います。

その他コンテンツ 

・バツ丸のヲタク拝見
・過去のレビュー
・以前の他事争論
・名盤紹介
・墓場に持って行きたい曲
・月別CD DVD購入&試聴記録
・アルバムレビューについての説明

リンク 

ブログ検索 

おすすめCD!! 

購入・試聴CD 











DVD・その他 

Copyright(C) 2006 バツ丸のエンタメ問答 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。