バツ丸のエンタメ問答

音楽・映画・本好きのためのよろずやブログ

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

カレンダー 

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ただいまのお時間 

最近の記事 

月別アーカイブ 

カテゴリー 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

おすすめ書籍 



読書履歴! 









検索 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




--/--/-- --:--|スポンサー広告

CDレビュー~堕ちた深紅の鴉はどこに行く?~さようなら、ガーネットクロウ

●GARNET CROW 「Locks」 評価:C+

ジャンル:J-pop ロック


amalogo111.jpg
(2008/3/12)

1. 最後の離島
2. 涙のイエスタデー
3. 世界はまわると言うけれど
4. もう一度笑って
5. この手を伸ばせば
6. doubt
7. 風とRAINBOW
8. ふたり

9. Mr.Holiday
10. The first cry
11. Love is a Bird



<問題点・注意点>

1・シングル曲の出来が悪い
2・そのシングル曲にあわせるかのようにアルバムオリジナル曲の出来も悪い
3・必殺とも言える1曲がない
4・声の張り過ぎな中村の歌唱
5・かつてのダーク且つ深遠でジャンルの境界を超えた孤高の音楽性がない
6・曲調が至極穏当で挑戦心や前衛性を感じ取れない
7・歌メロも歌唱も単調でコンパクトにまとまりすぎ
8・楽曲が悪い意味でパターン化しており、しかも往年のそれより質が低い
9・3タイプの発売形式






ついにこの時が来てしまったか・・・。5thアルバム発表以降のシングル・カップリング曲に全く感じるものがなく、この時点で「デビュー以来続いてきた連続名盤入り」が途切れることを確信するどころか、良盤になることすら難しいと予想していたわけだが・・・。それでもまだ、シングルの出来には絶望しつつも、「素晴らしいアルバムオリジナル曲」に期待する気持が少なからずあった。だが、その淡い期待すらも打ち砕く酷い出来。ダメかも、と予想するのと実際にそうなってしまうのとでは雲泥の差があるわけで。並のアーティストの作品としても褒められるものではないので、ガネなら尚のことだ。中村は「ガーネットクロウ第二章の始まり」と言っているが、だとすれば、新章のガーネットクロウとは、今まで積み重ねてきた「ガネのガネたる由縁」である音楽的魅力・特色・個性をことごとく捨て去ったシロモノと断じざるを得ない。

とにもかくにも、作品全体を通してプログレッシブな精神性が皆無で、すべてにわたり無難な「最大公約数的設計思想」と過去の楽曲の劣化版焼き直しに止まっている。

やはり、悪い意味で耳を引くのはシングル曲の出来の悪さだ。既にシングル発表時で分かり切ってはいたが、こと今回に限っては「アルバムの収録曲の1曲として聴けばまだ・・・」ということすらない。2・7曲目に至っては、今作のダメさ加減の象徴ともいえる「強引且つ平坦なメロディーと声の張り過ぎな中村の歌唱」という2大問題を端的に聴かせつけてくれる。元々ガネはお世辞でもごくごく一般的なアーティストとは違い、シングル曲の出来が他の曲と比べて取り立てて突出してはいない、どころか逆に悪い。この問題は、GIZAにおいて数少ないガネより売上・地位上位のアーティストである倉木・愛内の低迷に伴うガネの相対的な地位向上とアニメタイアップの増加によりアルバム作品枚に悪くなり、アルバムオリジナル曲とシングル曲との間にある「完成度」と「作風」の「差」を浮き立たせ、「違和感」を聴き手に感じさせる結果になったが、今回の質の低さは、とうとう行きつくところまで行ってしまった感がある。

しかし、一方で、このことより尚深刻なのは、過去最低レベルと言えるシングル曲の完成度であるにも関わらず、それがもたらす「違和感」がないことである。そう、ガネは、ずっと存在していた「アルバムオリジナル曲とシングル曲との完成度の差、作風の差」の問題の解決において、「低いシングルのレベルにアルバムオリジナル曲を合わす」という最悪の方法をとってしまったのである。

もはや、今作のアルバムオリジナル曲に、ガネの確固たる魅力であり音楽性の根幹でもあった、漆黒の海を見ているかのような暗さ、荒涼な大地や冬の早朝にたたずんでいるかのような冷たさ、厳粛で荘厳な雰囲気にスケールの大きさに、背筋をゾクゾクさせるような凄みに鋭さ、格調の高さ、哀愁、寂寥感、音楽的深み、そして、独特な温かみ、ジャンルレスの拡散性・・・などなどといったメジャーアーティストの枠に収まりきらない音楽的特徴や凄みがほとんど失せている。かろうじて最終2曲にかつての音楽性の残滓があるとは言え、過去の曲と比べるべくもないだろう。しかし、10曲目に至っては、中間層のパーカッションの盛り込みや作風そのものが、後輩であるGulliver Getが得意としているものである。後輩の後塵を拝してどうする?

9曲目のようなキュートでポップな曲も既に過去に完成を見たものの劣化版に過ぎない。明暗・硬軟・軽重・強弱の対比がつきつめられた4thアルバム及びかつてのシングルカップリングの同種曲に遠く及ばない。メロディーの強引さもさることながら、声量と技術と力強さの増した中村の、特にライブにおいて顕著で作品枚に強くなってもきた悪しき癖である「声の張りすぎな・力み過ぎな歌唱」との相性が悪く、違和感や気持ち悪さ、不愉快さしか感じるものがない。だいたい、彼女の「歌唱技術や声量」が前面に出ている時点で今作は終わっている。ガネの真髄は中村の歌唱技術や声量ではなく、歌唱はやや稚拙でもその独特の声を余すことなく生かし、魅力として昇華する中村ならではのメロディーの良さであったはず。「歌メロ、いや、そもそもの楽曲の良さに立脚しない歌唱技術など無意味に等しい」。倉木が何年もの間おかしてきた間違いを、まさかガネがやってしまうとは・・・。

こんな曲の有様なんで、もともとそれほど詞にこだわらない私にとって、尚のことAzukiの詞が印象に残らない。いや、もはやどうでもよいという感じか。全体的に考えても、歌唱のつまらなさと、楽曲のつまらなさという中村の迷走・暴走・独り相撲が目立つ今作には、4人のプロフェッショナルの個性と技量とがぶつかって・・・、という醍醐味も緊張感も感じない。

それでも、今作がガネではなく、GIZAの新人アーティストの作品であれば、ちょっとは期待が持てるものではあったのだろうが・・・。

こんな穏当でつまらない作品になってしまったのには、もちろん、何よりもガネ自身のアーティストとしての衰退に他らないが、それを促進させてしまった外的要因も少なからずあろう。

GIZA内において数少ないガネよりも売上・人気上位のアーティストであったが、徐々に売り上げ・地位を低下させていった倉木・愛内の失墜ぶりと、さらには、倉木の別レーベル移籍といった事態がその最たるものであろう。気づいたら、最も安定した売り上げ・活動を見せるのはガネになってしまっていた。故に、本来は王道の商業音楽をやっていたこの両者の活躍の背後で、メジャーアーティストとしての限界・枠を広げる極めてアーティスティックで先鋭的な音楽をやり、通好みの音楽ファンを巧みに取り込んでいったガネに対するGIZAからの商業的期待が必然的に増加していくことに繋がった。それは、アニメタイアップの多さや今作の商品仕様が3タイプあることが何よりも物語っている。

しかし、彼らの音楽性やアーティスト性を鑑みない分不相応な販売戦略やそれに即した音作りが成功するはずもないだろう。彼らに求められているのは、中庸・穏当・無難な曲ではなく、音楽制作集団たる彼らにしかできない、聴き手をガネの世界観へと引きずり込み、圧倒する曲である。ぬるい音楽を聴きたいのであれば、そもそもガネなど聴いてはいない。本末転倒とはこのことを言う。ネットでの音楽視聴ツールが充実している今、テクノロジーの発達により個人単位でも音楽制作ができるようになった今、いくらでも現時点のガネより面白く、質の高い音楽をやるアーティストをインディーズ・半インディーズの領域で探すことができる。もっともっとストイックに独自の音楽性をつきつめてもらいたかったのに、中途半端に恵まれ、売れている状況がすべてにおいて悪い方向へと作用してしまったとしか思えない。

彼らも組織の一員なのでなかなか思うようにいかないこともあるだろうことは分かるのだが、それでも「全曲完全オリジナル曲によるコンセプトアルバム」とかと気概を見せてもいいのではないだろうか?

というわけで、この記事を以ってガネとの決別宣言の代わりとする。もちろん、以前のような素晴らしい楽曲を聴かせてくれるのであれば、いつでも熱心なファンに戻る用意はある。私は「アーティスト」ではなく「楽曲・作品」を追い求めていく音楽ファンであるので。今作のような音楽をやっている限りは永久にないだろうが・・・。「さようなら、ガーネットクロウ」。










・アーティスト評価
歌唱力7 (↓)
作曲7 (↓)
編曲7 (↓)
独創性7 (↓)
安定性7 (↓)
7 (↓)
総合7 (↓)
熱中度6 (↓)

スポンサーサイト




2008/04/04 02:30|アルバムレビュートラックバック:1コメント:10

コメント
どこへ行く…たしかに。
はじめまして。赤里と申します。
いつも面白くレビュー拝見させて頂いております。今回は私事ながら私も違和感を覚えたアルバムだった事もあり、尚更興味深く読みました。

「今まで積み重ねてきた「ガネのガネたる由縁」である音楽的魅力・特色・個性をことごとく捨て去った」という点に同意です。行き詰まりか、方向を変えたかったのか、レーベルの売上げを担わなければならない重圧か、…個人的には、会社側が突然浮動することになったあるファン層の取り込みをも狙ったのでは、とまで勘繰ってしまっています。

逆にまた、彼ら(特に古井氏)が敢えてこの路線の曲を作ってみたかった、というのであれば、音楽性や好き嫌いはどうあれ、次作ではより完成度を突き詰めて欲しいなとは思います。

ただ、「今後は制作活動に専念する」というある種の「引きこもり宣言」に期待もしております。再びメジャー路線に背を向けたいという気持ちの表れではないかと…。盲目信者的発言でしょうか?(汗)

楽曲を生み出し続ければ、多かれ少なかれ個性は薄れ、感性も枯れてゆくものだろうと思います。本人たちの求めるものとファン(の一部)の求めるものが食い違うこともあるでしょう。
あくまで、これまでの暗い緊張感のある音楽が好きだった偏った者としての発言ではありますが、長い活動を振り返った時「迷盤だがこれもアリ」「過渡期の試行錯誤がうかがえるアルバム」、そんな風に今作を呼ぶことができるようになって欲しいと願うと共に、そうなるのではないかな?という期待をもしております。

あとは単純に、サイバーの手によるアレンジが聴きたいな…と思ってしまいますね。
長文失礼いたしました。
赤里 #HpKDBLac|2008/04/06(日) 08:20 [ 編集 ]

もう少し待って
今回の残念な気持ちは、初めて3rdアルバムを聴いたときの失望感にちょっと似ています。

でもすぐに「これまでの作品が素晴らしすぎたのだ。」と気を取り直したことでした。
ですから、もうすこし諦めずにGCのファンを続けたいと思っています。

それよりもバツ丸さんお勧めのschool food punishment、先日初めて聴いて打ちのめされました。本当にすばらしいです。ありがとうございました。

以上勝手なコメントです。
sezon #Kem2e.DQ|2008/04/06(日) 16:52 [ 編集 ]

ん…
1stでは独自性爆発の素晴らしいものを見せてくれた彼ら。そこから色々ちょっとずつ変わりはしたものの5thアルバムまでは何とかGIZAからの圧力?にも耐えて数々の「厳しい聞き手を納得させるような作品」を送り出してきたわけですが、やはりバツ丸さん同様今作には「失望」の2文字しか思い浮かびませんし、今の彼らに対する想いは全く同意見です。

ただ、もともとはあのゾッとするような曲・唯一無二の独自性を発揮していたグループ。なので僕は次のアルバムまでは一応「好きなアーティスト」として彼らを見ていくことにしました。そして次のアルバムで今作のような質の低いものを見せてきたら、その時は本当の「彼らとの別れ」かなと思います。

ただここから立ち直るにはかなりの困難がありそうです。なぜなら由利さんの作曲の力自体にかなりの衰退が見られるからで…今までの作品で今作の収録曲のようなチグハグなメロディ展開・単調なサビメロを持ったものないですし。なのでしばらく休養を与えるというのも手かと思いますが、今のGIZAを考えるとそれも難しい…

「一寸先は闇」というのはこういうことを言うんですね。それだけ今作ほど失望した作品は今まで他にないですね、レビューしてからはリピートして聞く気にもなれないです…
todo #-|2008/04/06(日) 23:18 [ 編集 ]


お久しぶりでございます。

バツ丸さんの4thAlのレビューがきっかけでファンになった私ですが、まさかこんなに厳しいレビューを見る日が来ようとは…。とはいえ私もこの作風に違和感を感じています。
この作品のコンセプトである「エバーグリーン」には即してる感じがするし、癒し面や優しさを感じる所は良いのですが、それでも元々その手の音楽を得意とする歌手の方と比べると弱いですし。(というか、エバーグリーンってここ最近の倉木さんと被ってる気が。)

4thの衝撃を思い出すと物足りなさを感じずにはいられません。

「これもアリ」と思うにはこれまでの作品が素晴らしすぎます。

倉木さんと愛内さんの失墜の影響は大きすぎますね。
どうも愛内さんに変わる稼ぎになる事を期待されてるように思えてならないんですが、愛内さんはアニメタイアップもテレビ露出も似合う路線・人柄でしたが、ガネに同じ事を求めても駄目でしょ…という。

まぁ、きっと長年の活動による作風の変化は決して珍しくはないと思いますし、歌手が作品に「こんな音楽をやりたい」という素直な気持ちをぶつけるのは正しい事であり、それが良いにしろ悪いにしろ歌手として成長する一歩をなるものと思っていますので、今後の活動も見ていきたいと思います。

後はまぁ、いい加減オールマイティな実力のある歌手を育てて、マイナーな魅力を持つ歌手を潰さないようにしてくださいよ、という会社への願い…ですね。ガネの作風の変化に関係なく、もうアニメタイアップは止めた方がいいと思います。
yoentown #ojm1IinY|2008/04/06(日) 23:51 [ 編集 ]

はじめまして
>赤里さんへ

はじめまして。ご来訪ありがとうございます。

長い間活動していると、煮詰まったり飽きたりして路線変更したくなる気持ちもわかりますが、それは、四程高いレベルで提示しないとお話にならないわけで。

まあ、一時の気の迷い・才能の迷いと思いたいですね。あの宇多田さんも大失敗作である全米デビューアルバムを契機に再び躍進し、素晴らしい音楽を作っていますから。ガネにも同じことを期待したいですね。

製作に専念は大歓迎ですが、中村・古井両名に才能の枯渇感を感じるのが不安で不安で。

個人的には、外部の編曲者を起用してほしいと思います。
バツ丸 #-|2008/04/08(火) 22:14 [ 編集 ]

はじめての時は・・・
>sezonさんへ

はじめまして(おそらくはじめての投稿でしょう)。ご来訪ありがとうございます。初めての投稿の際には、申し訳ないですが、その旨を示す言葉を書いてください。お願いします。

とりあえず今作をしてファンをいったん辞めますわ。他にもいいアーティストはいっぱいいますからね。

sfpも聴いていただけたようで何よりです。このグループの存在がガネ離れに恐ろしく拍車をかけてしまいました。


バツ丸 #-|2008/04/08(火) 22:18 [ 編集 ]

やっぱり・・・
>todoさんへ

5thアルバムは厳しい面もありましたけど、アルバムオリジナル曲でいいものを出してくれましたからね。今回はそれがありませんでした。次の作品が勝負どころでしょうがはたして・・・。最近はインディーズで凄すぎるバンドが多いので、いっそう、ガネの出番が・・・。

中村さんだけでなく古井さんもかなり枯渇しているように思います。楽曲製作の柱である2人の失墜はあまりに痛すぎますね。

アルバムはもともと購入したものではないですが、すでに我が家にはありません。
バツ丸 #-|2008/04/08(火) 22:51 [ 編集 ]

私も・・・
>yoentown

4thアルバムから聴き始めたのですか。個人的に4thは1stの次に好きな作品ですからね。エヴァーグリーン的な要素は彼らの一部ではありますが、主たる魅力ではないですからね。この路線では他にいいアーティストいますからね。それ以前にsfpをはじめインディーズに素晴らしいバンド・アーティストがいますんで。わざわざ今レベルのガネを聴く気にはなれないです。個人的には受け入れがたい。

アニメタイアップに関しては、今はそれ専門のアーティストや声優歌手が凄い良いですからね。中途半端にアニメに参入しているメジャーアーティストでは到底太刀打ちできないです。

とにかく今のガネもGIZAも何もかもが中途半端。少ない何かを極めてほしいと強く思います。
バツ丸 #-|2008/04/08(火) 22:58 [ 編集 ]

実験性は面白いかも。次は・・・
ははあ・・なるほど。自分も単調な歌唱と明るい色合いが
目立つ作風に関しては後々聴いているうちに違和感を感じるようになりました。
以前はここでの書き込み通り、もっと評価してたんですけど^^
明るさと暗さが混在したあの音楽性がやっぱ足りないですね^^
(初期を感じさせるコメントは撤回させて頂きます。いやいやすいません苦笑)

まぁ・・・しかし、以前も触れたと思うんですけど、グルーヴ感を感じる、
っていう点はホント面白いと思います。打ち込みドラムの手数を増やしてきたり、
ベースをグイっと引っ張ってきたり、リフを強調させてきたりとグルーヴ感を曲ごとに良い具合に
与えているなあと思いますね。結果的に彼らの魅力を削いじゃう形になってしまったことは
否めないんですが、またこういう変わった一面を見れて満足している部分もあるんですよね~

この実験性が完全に感じられず(次もこの作風だったり)自身の魅力のある
音楽性を感じられなくなったらファンをやめますが、まだもうちょっとはやれますね。
次作に期待です^^
オオトリ #-|2008/04/09(水) 20:05 [ 編集 ]

次は・・・
>オオトリさんへ

違和感ありまりでしたね。評価が下がってしまいましたか。

以前のように中毒的に聴かせる魅力がないですね。4thは明るさと暗さ両面を極めた理想の作品であっただけに、今作へと至る凋落ぶりが残念でなりません。グルーブ感は面白いかもしれませんが、彼らに求められている要素であるとは思えないですね~。

新たな試みをするのは良いですけど、結果を出せてナンボだと思います。

まあ、いい音楽さえやってくれればいつでもファンに戻りますけどね。
バツ丸 #-|2008/04/16(水) 01:08 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
CDアルバムレビュー(65)―前編― GARNET CROW「LOCKS(通常盤)」
今回は、GARNET CROWの6thフルアルバム「LOCKS」(2008年発売)を取り上げます。なお今作には3タイプあり、 限定盤A → 特典DVD付き(2007年秋に行われた京都・仁和寺ライブから3曲を収録) 限定盤B → 特典DVD付き(「涙のイエスタデー」「世界はまわると言うけれど」「もう...
トドのひとりごと。 2008/04/06(日) 20:49

トラックバックURLはこちら
http://badtzmaru.blog34.fc2.com/tb.php/712-897616c4

プロフィール 

聴いた曲の履歴!! 



プレイリスト詳細

アクセスカウンタ 

,
・トータルアクセス



・ユニークアクセス





ランキングに参加しています。よろしければクリックしていただき、投票にご協力いただけたらと思います。

その他コンテンツ 

・バツ丸のヲタク拝見
・過去のレビュー
・以前の他事争論
・名盤紹介
・墓場に持って行きたい曲
・月別CD DVD購入&試聴記録
・アルバムレビューについての説明

リンク 

ブログ検索 

おすすめCD!! 

購入・試聴CD 











DVD・その他 

Copyright(C) 2006 バツ丸のエンタメ問答 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。