バツ丸のエンタメ問答

音楽・映画・本好きのためのよろずやブログ

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

カレンダー 

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ただいまのお時間 

最近の記事 

月別アーカイブ 

カテゴリー 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

おすすめ書籍 



読書履歴! 









検索 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




--/--/-- --:--|スポンサー広告

CDレビュー~そこら辺のアイドルと一緒にするとやけどするよ!!(byあおい様)

●Perfume 「GAME」 評価:S(名盤紹介入り)


amalogo111.jpg
(2008/04/16)

1. ポリリズム
2. plastic smile
3. GAME

4. Baby cruising Love
5. チョコレイト・ディスコ

6. マカロニ
7. セラミックガール

8. Take me Take me
9. シークレットシークレット
10. Butterfly
11. Twinkle Snow Powdery Snow

12. Puppy love
(28日、1:12分、「シークレットシークレット」の評価を変更)


<問題点・注意点>

1・近未来テクノ3部作のようなちょっぴりおバカでキュートでキャッチーで、それでいて切ない曲が減っている
2・1にも関わるが、アルバムオリジナル曲において3人のボーカルが生かされていない、単なる楽器以下の役割にとどまっている曲がある
3・エレクトリックベースがやや出過ぎか・・・
4・8曲目が弱い

今年のシーンにおいて最たる注目どころであるPerfume。女性音楽シーン低迷のなか、久し振りに表れた起爆剤と言える存在ですね。今や嫌がらせとしか思えないパッシングが多発するなどとんでもない状況になっているようで・・・。

それはさておき、今作収録予定の既出曲の存在もあり、かなりの力作になると予想してはいたが、出来あがった作品はその予想を超える非常に素晴らしい出来ですね。





代表曲「チョコレイト・ディスコ」が収録されている「ファン・サーヴィス」が発売されたほんの1年2か月くらい前では、まだヲタをはじめとした一部の人々にしか認知されていなかったPerfume。その辺りから彼女らの存在を知った私は、「きっと人気が出るだろう」と思ってはいたが、周知のような、シーンの主軸を形成するほどの活躍ぶりを見せるとは全く予想していなかったわけで・・・。本音を言えば、あまりの盛況ぶりがちょっと怖い。


「ノリにノっている」としか言いようのない彼女らの、満を持してのタイミングで発売された1stアルバムにして通算2枚目に当たるアルバムである今作は、そんな彼女らの魅力・実力が凝縮された非常に素晴らしい作品だ。既に多くのアーティストのプロデュース・楽曲提供や、自身率いるユニットでの活動で名を馳せている中田ヤスタカであるが、CapsuleでもなくMegでもなく鈴木亜美でもなく、このPerfumeこそが、彼の実力・魅力を最も的確に反映することのできるアーティストであることを改めて認識させられることしきり。


「ベストアルバム」ではないが、1・4・5・6・11曲目といった、今更語るまでもない完成度・魅力の高さを見せる既出曲の存在もあり、実質の「2ndベストアルバム」と捉えても差支えないだろう。宇多田やBoA、倉木といった超1級のメジャーアーティストのベストアルバムに匹敵するかそれ以上の充実ぶりを、既出曲だけをして聴かせつけており、それだけでも十分に今作を聴く価値・購入する価値があるとすら思える。上記色による各曲評価が示しているように、単曲単位では、今までに聴いたメジャーアーティストのアルバムの中でも一番の評価となった。

作品のレベルをすさまじく高めている、彼女らの醍醐味である「キュートで明快でキャッチーで、イノセンスさと哀愁をも内包した魅力」を体現した「テクノポップ」である既出曲を軸としつつも、アルバムオリジナル曲において、今までにはなかったアダルトさを押し出しているのが、前作との決定的な違いか。これら楽曲に関しては、3・8・10曲目に見るように、どちらかと言うと彼率いるCapsuleや彼が手がけた「ライアーゲーム」のサントラに近い、より「本格的」で「実験的」な作風になっている。「みゅ~じん」においてやりとりされていた、次のアルバムは「Perfumeを1ランク、2ランク上げるモノにしていただきたい」との関係各社・各者の意向をくみ取ったと言えよう。最近ではフォロワーも登場するまでになったが、一気にそれら面々を突き放す、一連のブームの火付け役である本家としての意地・実力を十分に見せつけた形となったのではないだろうか。10曲目は、そのことを雄弁に示した曲のように思う。


しかし、これほどの高評価にしたにも関わらず、今作には今後のPerfumeを考える上で深刻な問題になるのではと思うことも散見された。「好事魔多し」である。

Perfumeプロデューサーでありすべての曲を担当している中田ヤスタカは、ぶっちゃけた話、これといって独創的なことをやっていないと思う。彼を含めた、Perfumeに携わっている製作・販促関係者は、

「女の子3人組みという、7・80年代アイドルを意識させる編成やキャラクター性」「テクノポップスを土台とした音楽」「80年代的ダンス&PVを主軸としたイメージ戦略」「オタ層を主軸とした販促」「90年代の渋谷系カルチャー」「エフェクトヴォイス」etc...

といった、既に先人らがやり、そして今の時代において支持されなさそうな・そんなに魅力とはならなそうな個々の要素を巧みに抽出・再編成したに過ぎない。それが、Perfumeの最たる支持層であり今の社会の中心でもある20代後半~40代前半くらいの人々に強く訴えかけるモノがあり、今日の活動ぶりをもたらした・・・。かなり冷たい言い方であるが、冷静に考えてみるとそう思う。

「Quick Japan」の74号において、Pefumeを支持する業界人の代表である宇田丸が、<Perfumeという「奇跡」>というタイトルで文章を書いているが、「奇跡」と書いているのはまさにその通りで、キャッチーで耳当たりの良い曲を軸としつつ、上記Perfumeを構成する多くの魅力や特性が絶妙のバランスでかみ合っているからこそ、「Perfume」は「Perfume」足り得るのである。その奇跡とも言うべき特殊性が故に、その個々の構成要素の質及びそれらのバランスに狂いが生じた場合、彼女らを魅力たらしめていた要素がマイナス要素となりかねない、という危険性が常に潜んでいると思う。

で、今作において、そのバランスを微妙に崩しているなと思うのが、他ならぬ中田の楽曲だ。

楽曲の良しあしについてはともかく、3・8曲目といった曲において、Perfumeの魅力であった「メインを作らず3人交互に歌う&コーラスワーク」や「機械処理されてはいても個々の特色のあるボーカル」「イのセンスでキュートな世界観」といった要素が感じられない。もはやボーカルがボーカルとしての機能を果たしていないようにすら思える。同一メロディーの繰り返しという単調な構成も気になるところ。やたらと何曲かにおいて強調され過ぎているエレクトリックベースの存在もそうで、キャッチーさや哀愁を損なう要因となっており、「Perfume」ならではの魅力を、彼女らがやる必然性をあまり感じ取れないでいる。

上記文章と似たことをあえて繰り返すが、上記様々な要素を内包してこそのPerfumeであり、そうでなければPerfumeではない。テクノを土台としつつも、決して本格的とまでは言えない、上記要素を含んだ「なんちゃって」な部分を、そうであっても大真面目に、高次元にやっているからこそのPerfumeであることを忘れてしまい、「いかにも本格的」っぽさを追求している特に8曲目のような曲は、個人的にいかがなものかなと思わずにはいられないのである。初期の頃のような「ゆるさ」や「バカっぽさ」がもう少し欲しかった。具体的曲名で言えば、「エレクトロワールド」や「リニア・モーターガール」のような・・・。










・アーティスト評価
歌唱力8 (→)
作曲9 (→)
編曲9 (↓)
独創性9 (→)
安定性10 (↑)
9 (↑)
総合9 (→)
熱中度10 (↑)
スポンサーサイト




2008/04/24 23:49|アルバムレビュートラックバック:0コメント:8

コメント
はじめまして
初めてコメントします、ポチです。
まずタイトルがいいです。
流石は宮さん。
しかし、本当に爆発してしまいました。まさか初動15万も行くとは。
さて、問題点としては、
①7~9曲目の流れが重い。②ボーカルをもっと生かして欲しい。③「エレクトロワールド」のようなポップ感、ノリ、切なさの減退。④もうちょっと薄い編曲の曲も聴いてみたい。
などほとんど同意見です。
単曲ではやはり「チョコレイト・ディスコ」が一番好きです。あと「マカロニ」は妙にはまる。
初回版付属のDVDはあまりよろしくないと思います。
しかし、基本的に文句のないアルバムなのですが、どこか満足しきれないところがあります。それが何なのか、自分でもまだ掴みきれていないのですが…。




ポチ #PzYVIlwM|2008/04/25(金) 20:09 [ 編集 ]


こんばんは。私もGAME買いましたが素晴らしいですね!毎日聴いては感動しています。それにしてもバツ丸さんが3、8曲目をあまり心良く思ってないとは意外でした。初めて聴いたとき「これはバツ丸さんが絶賛しそうな曲だな」と思ったものですから(笑)ただ私の中ではこれはOKですね。タイトル曲なんて鳥肌立つくらいに好きです。不安を感じる気持ちも分かるのですが。
 これを聴いて思ったのは「GAME」をタイトル曲に冠しているように今後はこういった曲の方向へ進むのではないか、ということです。今のPerfumeのテーマは「声と楽器の融合」なのではないでしょうか。個人的には凄く好きなテーマなのでぜひそういった方向へ進んでもらいたいのですが、そうすると売り上げが激減しかねないですよね・・・。
とにかく今後も追い続けたいアーティストです。
 
 
 
あいす #r0xyFIjE|2008/05/01(木) 18:12 [ 編集 ]

はじめまして
>ポチさまへ

はじめまして。お返事遅れてしまい申し訳ありません。

今作に対する不満・問題点はポチさんがおっしゃることずばりですね。DVDに関しては「シークレットシークレット」が収録されていれば・・・。微妙な出来です。

曲はどれか1曲には絞れないですけど、「チョコレイト・ディスコ」は外せないですね。

今回はこれでもよいのですけど、次もこれだとちょっとまずいかも。
バツ丸 #-|2008/05/03(土) 00:55 [ 編集 ]

意外ですか
>あいすさんへ

今作は素晴らしいと思います。今でも聴きまくっていますね。

8曲目はともかく3曲目は結構好きですよ。8曲目は単調な繰り返しとなっており、エレクトリックベースが前面に出ているのが個人的にあかんでした。

どちらかというと、3人の歌い分けやキャッチーなメロこそがPerfumeの見どころであると思いますので、これら曲のような方向性に行くのは、ちょっと勘弁ですね。

今後の活躍にも期待したいです。
バツ丸 #-|2008/05/03(土) 00:59 [ 編集 ]


このアルバムに関しては論議を交わせば朝まで語りつくせそうですな(^^♪
私は逆に8曲目に往年のキャンディーズのコーラスワークを思い出して感無量でしたよ(笑)
かしゆかも気に入ってるようですしね(^^ゞ

彼女達は本音は本格的な歌唱にも憧れはあるのかもしれないね。

ま、その辺は今は封印ですけどね。
kobacrow #-|2008/05/04(日) 19:00 [ 編集 ]

なるほど・・・
>kobacrowさんへ

このアルバムは思っていたよりもずっと深いので、様々な視点からの分析に耐えますね。

やはりPerfumeを語る上でキャンディーズは外せないですね。

ライブでの生歌を聴くに、本格的な歌唱をこなせる能力も十分にありましたね。

とりあえず、彼女らがどこまで突っ走れるのか楽しみです。
バツ丸 #-|2008/05/08(木) 21:35 [ 編集 ]

はじめまして
初めて書き込みをする者です。「歌姫~」の頃から、毎日といっていい程お邪魔しています。

半年以上たった今でも全く飽きずに聞けるアルバム、というのも久しぶりです。ただ、バツ丸様もおっしゃるとおり、3・8はわたしも「うーん・・・」という感じです。
「love the world」のc/wである「edge」もその装いですが。

話は変わるのですが、熊木杏里の最新アルバム「ひとヒナタ」が、個人的にすごく良かったです。
もうお聞きになりましたでしょうか?
お忙しいと思いますが、ぜひバツ丸様のレビューが読みたいです。

ブログ続けていただいて、本当にありがとうございます。
では。
let it be #8bsxoj2c|2008/11/30(日) 23:59 [ 編集 ]

はじめまして
>let it beさまへ

はじめまして。書き込みありがとうございます。歌バカ時代からご覧頂いているとは驚きです。

Perfumeの「GAME」は好きですが、ちょっと気になる問題も感じましたね。「love the world」に関して両曲とも好きですけど、表題曲の方が好きですね。

「ひとヒナタ」は最近聴き始めています。ここ2作のまったり路線はちょっと好きではなかったのですが、今作は久しぶりに1stのようなスタイリッシュフォーク曲があり、とてもいい作品だと思います。レビューはやる予定ですのでお待ちください。いつかはお約束できませんが。

これからも宜しくお願いします。
バツ丸 #-|2008/12/02(火) 18:45 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://badtzmaru.blog34.fc2.com/tb.php/724-f76aa809

プロフィール 

聴いた曲の履歴!! 



プレイリスト詳細

アクセスカウンタ 

,
・トータルアクセス



・ユニークアクセス





ランキングに参加しています。よろしければクリックしていただき、投票にご協力いただけたらと思います。

その他コンテンツ 

・バツ丸のヲタク拝見
・過去のレビュー
・以前の他事争論
・名盤紹介
・墓場に持って行きたい曲
・月別CD DVD購入&試聴記録
・アルバムレビューについての説明

リンク 

ブログ検索 

おすすめCD!! 

購入・試聴CD 











DVD・その他 

Copyright(C) 2006 バツ丸のエンタメ問答 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。