バツ丸のエンタメ問答

音楽・映画・本好きのためのよろずやブログ

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

カレンダー 

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ただいまのお時間 

最近の記事 

月別アーカイブ 

カテゴリー 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

おすすめ書籍 



読書履歴! 









検索 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




--/--/-- --:--|スポンサー広告

CDレビュー~う~む、I've sound凄し!!

●川田まみ 「SAVIA」(通常盤) 評価:A

ジャンル:トランス ミクスチャー メロディックメタル ポップス ロック


amalogo111.jpg
(2008/3/26)

1. energy flow(インスト)
2. JOINT
3. Beehive -album edit-
4. TRILL
5. 赤い涙

6. triangle
7. sense
8. DREAM
9. intron tone
10. 翡翠 -HISUI-

11. 最後の約束
12. Get my way!
13. portamento



<問題点・注意点>





太平洋ベルトに属す3大都市圏から遥か離れた北海道に拠点を置き、北海道出身のアーティスト(今現在活動しているかどうか判別していない怜奈以外すべて北海道出身のようだ。)で編成された音楽制作集団I've。
(余談となるが、地元の歌姫の積極起用や、そのアーティストに関し出身地と活動名しか公開しない徹底した秘密主義、所属アーティスト同士の楽曲提供・作詞提供・コンピ作品制作・コーラス参加、1998年設立など、大阪のレーベルであるGIZA~かつてのそれ~と共通点が多い。)

今や、TVゲーム・アニメ・アダルトPCゲームのサントラ・主題歌などを考える上で絶対に欠かすことの出来ない音楽制作集団であるが、ここ1・2年において、KOTOKOが「リアル鬼ごっこ」、島みやえい子が「ひぐらしのなく頃に」、川田まみが「お姉チャンバラ」の実写映画の主題歌を歌い、さらにはそれらでオリコントップ10入りする曲が出るなど、音楽市場低迷の状況においてその活躍ぶりが徐々に徐々にと目立つようになってきている・・・。

2001年、I've所属である先輩アーティスト島みやえい子に見出され、2005年メジャーデビューし、今やI'veの中核アーティストとして活躍し、今年KOTOKOに次いでファンクラブが設立された川田まみの2ndアルバムである今作は、I've soundならではの魅力溢れる良作だ。

トランスを主体としつつも、そこにハード・へヴィーミュージックやポップスなどなど様々な音楽を加味させた柔軟さ、広さを感じさせるのはまさにI've王道。しかし、流石はI'veといったところで、多様な曲種すべてにおいて完成度が高い。音楽的な傾向は先輩であるKOTOKOと同一と見ていいが、8曲目など一部例外はあれど、総じていわゆる「電波系」の要素が薄く、より聴きやすいのがその特徴か? タイアップ元こそアニメ・ゲーム・PCアダルトソフトであるが、そんなこと関係なくその音楽性は非常に洗練されており、十分にメジャーで通用する、いや、今のメジャーアーティスト以上に普遍的・一般的な内容・出来だ。

最近のKOTOKOと同様、ダーク且つへヴィーな要素が強くなっているのは面白い。ドラムが打ち込みで音像が軽目という点を除けば、曲調やインストである1曲目から切れずに2曲目へとなだれ込む構成など、まんまメロスピだ。脱アニメ・ゲーム路線への方向転換が聴いてとれるが、個人的には大歓迎である。

I've所属アーティスト全般に言えることでもあるが、最終的にI'veならではの鉄壁とも言える良さのある曲を生かす歌姫の存在こそが、この音楽制作集団の魅力の要であろう。川田のとりわけ癖が少なく、メロディアス・エモーショナルな曲調において暗さや哀愁、力強さや純粋さ、キュートさなどなど様々な表情を見せつける表情豊かで極めてバランスのとれた歌唱は、I've音楽と一番相性が良いのではと思わせる説得力・魅力がある。天性の資質に確かな修練があってこそのこの歌唱であろう。メジャーレーベル所属の殆どのアーティストでは全く歯が立たない。

まあ、I'veという「ブランド名」に支配された内容であるから、それに対して感じるイメージを裏切らない、特に欠点・問題もないが凄まじく突出したものもない、というのが「良くも悪くも・・・」と言ったところであるが、歌姫好きであるのならチェックしていただきたい良作である。実写映画へのタイアップを経て、I'veアーティストが更なる飛躍を見せるのかどうか、個人的に注目していきたい。










・アーティスト評価
歌唱力9 ()
作曲-- ()
編曲8 ()
独創性7 ()
安定性8 ()
8 ()
総合8 ()
熱中度7 ()

スポンサーサイト




2008/05/28 00:47|アルバムレビュートラックバック:0コメント:2

コメント

彼らは元々こういう方向性の楽曲でデビューしてるんですよね。
転換というより回帰という感じでしょうか。
KOTOKOデビュー以降代わりばんこに半休養状態だった作曲陣も本調子になってよかったよかった。
曲調からすると次に出るMell姉さんのアルバムに期待が集まります。
しゅう #v17PT8iU|2008/06/10(火) 04:11 [ 編集 ]

申し訳ありません。
>しゅうさんへ

お返事遅れてしまい申し訳ありません。

I'veはここ数年で一気に質が高くなってきたように思います。Mell姉さんの作品どうでしょうか?
バツ丸 #-|2008/06/20(金) 19:31 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://badtzmaru.blog34.fc2.com/tb.php/737-62878dcb

プロフィール 

聴いた曲の履歴!! 



プレイリスト詳細

アクセスカウンタ 

,
・トータルアクセス



・ユニークアクセス





ランキングに参加しています。よろしければクリックしていただき、投票にご協力いただけたらと思います。

その他コンテンツ 

・バツ丸のヲタク拝見
・過去のレビュー
・以前の他事争論
・名盤紹介
・墓場に持って行きたい曲
・月別CD DVD購入&試聴記録
・アルバムレビューについての説明

リンク 

ブログ検索 

おすすめCD!! 

購入・試聴CD 











DVD・その他 

Copyright(C) 2006 バツ丸のエンタメ問答 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。