バツ丸のエンタメ問答

音楽・映画・本好きのためのよろずやブログ

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

カレンダー 

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ただいまのお時間 

最近の記事 

月別アーカイブ 

カテゴリー 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

おすすめ書籍 



読書履歴! 









検索 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




--/--/-- --:--|スポンサー広告

若手女優格付けチェック2008年上半期~いよいよ駒がそろってきた感じか・・・3

今回は、まだまだ若いながら既に激戦の様相を見せている90~91年生まれの代表的女優を取り上げます。

・北乃きい
・夏帆
・福田沙紀
・飛鳥凛
・黒瀬真奈美
・尾高杏奈
・岩田さゆり
・蓮佛美沙子






☆北乃きい


●顔:★★★★
●スタイル:★★★☆
●演技力:★★★★
●スクリーンを通しての魅力・格:★★★★☆
●柔軟性:★★★
●出演作品の質・演じる役の質・魅力:★★★☆
●総合:★★★★
●管理人のLOVE度:★★★★☆
●ランク:AA

殆どグラビア活動をせず女優業一本に絞っている北乃。「幸福の食卓」「Life」での高評価を契機に着実に女優としてのキャリアを形成し、今や91年生まれ女優、しいては10代女優の筆頭格的存在になっている。かつての「Wあおい」のような神秘的・芸術的・孤高的雰囲気は皆無で、またモデル上がりの女優のような細さやスタイルの良さもないが、まるで彼女らと真逆の、年齢にふさわしい瑞々しく健康的な雰囲気をして等身大の役を完璧に演じる様と、一方でその中において時折見せる意志の強さや鋭い眼光とはじけるような笑顔は、北乃の絶対的な魅力となっている。反抗心と甘えとが並立する「ツンデレ娘」の役を彼女ほど上手く演じられる女優は、他には夏帆しか居まい。全く違う方法論で「Wあおい」を追っていける可能性のある女優だ。

とりあえずは、「ゲゲゲの鬼太郎」劇場版とドラマ「太陽と海の教室」か・・・。


☆夏帆


●顔:★★★★☆
●スタイル:★★★★☆
●演技力:★★★★
●スクリーンを通しての魅力・格:★★★★☆
●柔軟性:★★★☆
●出演作品の質・演じる役の質・魅力:★★★★
●総合:★★★★☆
●管理人のLOVE度:★★★★★
●ランク:S

昨年後半から今年上半期においてすべての世代の女優の中で最たる活躍を見せたのは、他ならぬこの夏帆だろう。「ケータイ刑事」の劇場版や「4姉妹探偵団」と目を覆いたくなる駄作もあるが、総じて主演作品の質が安定しているのが、他の同世代女優との大きな違いか。本人のビジュアル・演技力・出演作品の質・主演作品の多さといった総合力において彼女を凌ぐ10代若手女優はいない。

いや、もうとにかくかわいい。頼むからこれ以上年をとらないでくれよと本気で思ってしまう。簡単なようで難しい、等身大の女性を瑞々しく演じられるその演技力とビジュアルの魅力はほんと自分にとって体に悪い。無敵であります!!

kaho2.jpg


これからも日本映画の良心を感じさせる良作にどんどん出演してほしい。


☆福田沙紀


●顔:★★★☆
●スタイル:★★★
●演技力:★★☆
●スクリーンを通しての魅力・格:★★☆
●柔軟性:★★☆
●出演作品の質・演じる役の質・魅力:★★★
●総合:★★☆
●管理人のLOVE度:★★
●ランク:B

一皮むけるきっかけとなった「ライフ」及び「だいすき!!」への出演を経て、ようやく女優としてのキャリアを積み上げ始めてきた福田。以前と比べると確実に演技力も存在感も増し、同世代女優と比較出来るまでになったと言える。かつては上戸と抱き合わせで売り出されていたがもうその必要もないだろう。既に上戸を凌駕している。

今夏公開予定で初の本格的主演作となる「桜の園」でどれほどのものを見せるかが、更なる躍進を遂げるのかそれともここいらでとどまるのかを分ける重要なポイントとなろう。


☆飛鳥凛

●顔:★★★☆
●スタイル:★★★★
●演技力:★★★
●スクリーンを通しての魅力・格:★★★
●柔軟性:★★☆
●出演作品の質・演じる役の質・魅力:★★☆
●総合:★★☆
●管理人のLOVE度:★★★
●ランク:B

今年を代表する最たる新人女優と言えば彼女しかいないだろう。夏帆や北乃と同様、「目鼻立ちが綺麗に整った美人ではないが、健康的な肉体美と瑞々しい魅力と演技とをして等身大の役を違和感なく演じることが出来る」という91年生まれの女優に顕著な特性を有している。まだ数作にしか出演していないが、その演技力・存在感・柔軟性には将来への可能性を大いに感じさせるものがある。後は着実にキャリア形成をしていくことだけだが、所属事務所が故にさほど心配する必要もないだろう。


☆黒瀬真奈美


●顔:★☆
●スタイル:★★★
●演技力:★★
●スクリーンを通しての魅力・格:★★
●柔軟性:★
●出演作品の質・演じる役の質・魅力:★
●総合:★
●管理人のLOVE度:★
●ランク:ランク外

長澤まさみの後に「東宝シンデレラ」オーディションでグランプリに選ばれたのは早2年前。しかし、グランプリの肩書こそ長澤と同じだが、長澤との決定的な違いはその後に全くキャリア形成を出来ていないことだ。未だに主演はなしで居ても居なくても全く大勢どころか小勢にも対して影響を与えない脇役ばかり。彼女自身には決して才能や魅力がないわけではないと思う。が、如何に可能性を秘めた原石も適切に磨かれなければいつまでたっても「ただの石」だ。相変わらず長澤と抱き合わせた売り出しも、かつての「上戸・福田」のそれ以上に質が悪い。彼女を潰しているだけだろう。いったい東宝は彼女をどうしたいのか。彼女と同じ91年生まれで既に一線で主役級キャラを演じている夏帆・北乃・飛鳥といった面々との間についた決定的な差を埋めるには、既に時を失しているように思えるのだが・・・。


☆尾高杏奈

●顔:★★★☆
●スタイル:★★☆
●演技力:★★★★
●スクリーンを通しての魅力・格:★★★★
●柔軟性:★★★★
●出演作品の質・演じる役の質・魅力:★★★
●総合:★★★☆
●管理人のLOVE度:★★★☆
●ランク:A

若手女優発掘にかけては業界随一の実力を誇るヒラタオフィス所属。あのあおい様の後輩である。ルックスもスタイルも、正直今時の女子高生とは隔世の感のある幼さがあるが、それが他にはないある意味とてつもなく危険な魅力を放っている・・・(汗

最近単発のゲスト出演以外に殆ど目にすることがなかったのでものすごく不安であったのだが、何と下半期に何と「同窓会」「ラストゲーム 最後の早慶戦」の2作でかなり重要な役を演じるようだ(前者では永作演じる主役の少女時代、後者ではヒロイン)。流石はヒラタオフィス。是非ともこの2作を通じてその実力・魅力を高らかに示していただきたいものだ。


☆岩田さゆり

●顔:★★★★
●スタイル:★★★★☆
●演技力:★★★★
●スクリーンを通しての魅力・格:★★★★
●柔軟性:★★★★☆
●出演作品の質・演じる役の質・魅力:★★★☆
●総合:★★★★
●管理人のLOVE度:★★★★
●ランク:AA

もともとはティーンズモデル畑出身で、それにふさわしいキュートでスレンダーなルックス、かわいい声をしてるものの、デビュー当初から「正統はヒロイン役」とは程遠すぎる一筋縄ではいかない難役・異役を演じ続けてきた岩田。その異色の経歴もあり、演じてきた役の幅広さ(知的障害者・地獄少女・3流アイドル・いじめっ子・ヒロインのライバル)やそれを可能とする映画の作り手・関係者から求められていることに対する・理解力・適応力・対応力に関し他の10代女優を圧倒している。この点に関しては、Wあおいや上野、堀北といったステイタスの高い女優らと比べてもそうそう劣るものではない。

しかし、実力・魅力共に申し分ないのだが、上記女優らとの決定的な差であり今の彼女に足りないのは、メジャーな作品での主役・重要役であろう。ここは事務所のがんばりどころ。善処に期待したい。


☆蓮佛美沙子

●顔:★☆
●スタイル:★★★☆
●演技力:★★
●スクリーンを通しての魅力・格:★
●柔軟性:★★
●出演作品の質・演じる役の質・魅力:★
●総合:★
●管理人のLOVE度:★
●ランク:ランク外

角川(とソニー)が主催する「スーパー・ヒロイン・オーディション ミス・フェニックス」のグランプリに選出されたことから、角川映画で立て続けに主役やヒロインを演じている蓮佛。しかし、個人的にはそのことが全く理解できないでいる。

致命的なのはルックスだろう。小さすぎる目に象徴されるそのルックスは個性こそあるが、若々しい魅力に著しく欠けている。先日観た「DIVE」においては、もはややつれたおばさんにしか見えなかった。若手女優には「等身大」の魅力か、「ジェンダー的」魅力か、同性が憧れる魅力かのいずれかが必要だと思うが、現時点の彼女にはそのどれもない。

それでも演技で卓越したものを見せていればいいのだが、現時点ではそれも出来ていない。同じ年の女優に夏帆・北乃という強大な2者が居るのも、彼女にとって大きな不幸だろう。

角川は彼女と心中したいのか?

長澤以降、日本に「キネマスタア」は居ないな~
スポンサーサイト




2008/07/11 22:48|女優・若手女優評論トラックバック:0コメント:0

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://badtzmaru.blog34.fc2.com/tb.php/754-b69a0dea

プロフィール 

聴いた曲の履歴!! 



プレイリスト詳細

アクセスカウンタ 

,
・トータルアクセス



・ユニークアクセス





ランキングに参加しています。よろしければクリックしていただき、投票にご協力いただけたらと思います。

その他コンテンツ 

・バツ丸のヲタク拝見
・過去のレビュー
・以前の他事争論
・名盤紹介
・墓場に持って行きたい曲
・月別CD DVD購入&試聴記録
・アルバムレビューについての説明

リンク 

ブログ検索 

おすすめCD!! 

購入・試聴CD 











DVD・その他 

Copyright(C) 2006 バツ丸のエンタメ問答 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。