バツ丸のエンタメ問答

音楽・映画・本好きのためのよろずやブログ

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

カレンダー 

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ただいまのお時間 

最近の記事 

月別アーカイブ 

カテゴリー 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

おすすめ書籍 



読書履歴! 









検索 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




--/--/-- --:--|スポンサー広告

Edit 若手女優格付けチェック2008年上半期~いよいよ駒がそろってきた感じか・・・ 5

今回は今の若手女優シーンの中核をなしている「88年組」を取り上げます。

どちらかと言うと今までは、「こんな女優さんも居るんですよ」的感覚でこれから注目されそうな女優を紹介していった感があります。が、今回からは既に一線で活躍している「旬」な人物が中心となりますので、一人あたりの文章を長めに且つ内容も少し厳し目にして現状の問題・課題なども指摘していこうと思います。

取り上げる人の数が多いので2回に分けて行います。今回は、

・堀北真希
・黒木メイサ
・新垣結衣
・戸田恵梨香


を取り上げます。





☆堀北真希

●顔:★★★★☆
●スタイル:★★★☆
●演技力:★★★★☆
●スクリーンを通しての魅力・格:★★★★☆
●柔軟性:★★★★★
●出演作品の質・演じる役の質・魅力:★★★☆
●総合:★★★★☆
●管理人のLOVE度:★★★★☆
●ランク:S

現時点で「女優」として「Wあおい」の領域に近づいていると言える唯一の人物。彼女の大きな弱点であった「出演作品の質・演じる役の質の低さ」という問題も、「ALWAYS」シリーズや「東京少年」、単発特番「東京大空襲」などの出演もあり若干改善されたと捉えてよいだろう(まだまだ酷いが・・・)。

女優としての力量は申し分ないが、未だに主演代表作と言えるきちんとした作品(80点以上の評価をつけられる)がないのがつらい。

そして、堀北のもう一つの弱みは、辣腕の事務所の方針もあってか、ジャニタレや事務所の後輩など実力下位者ばかりとの共演が多過ぎで、圧倒的上位の女優や同世代のライバルと言える実力派女優との共演~熾烈な演技の掛け合い~が出演数の多さ反して少ないことにある。結果、殆どの作品で堀北の独壇場となっているのはいいが、ある意味過保護(一方駄作駄役が多いのは嫌がらせであるが)とも言えるこのやり方は、圧倒的資質と魅力とを有す彼女が頂点に上り詰めるのを妨げる阻害因子にしか、今ではなっていない。今の彼女に一番必要なのは、確実に彼女より上位と言える女優との密度の濃い共演であるのだ。

さて、そうこう述べてきたが、「篤姫」への出演と、そして宮崎あおいとの共演は、今の堀北に足りないものを埋め、彼女を更なる高みへと導いてくれよう。既に7か月以上に渡る出演を経て女優としての実力・輝き・存在感を強化させ、「完璧女優」としての道を驀進している宮崎との対峙でいかほどのものを見せられるか・・・。彼女の今後がこの作品・この役にかかっていると言い切って良い!!

間違いなく、今年の若手女優シーンを考える上で一番の見どころとなろう。

来たれ!! 8月17日。


☆黒木メイサ

●顔:★★★
●スタイル:★★★★☆
●演技力:★★☆
●スクリーンを通しての魅力・格:★★
●柔軟性:★★
●出演作品の質・演じる役の質・魅力:★★
●総合:★★
●管理人のLOVE度:★★
●ランク:ランク外

堀北と同じ事務所所属で同期・同い年であるが、女優としてのキャリア形成に関しては完全に堀北に差をつけられているとしか思えない。今年の新春ドラマ「1ポンドの福音」も、その内容や彼女の演技共々評価すべきものが見当たらなかった。

確かにルックス・スタイルはいいものを持っている。しかし、モデル閥出身ないしは兼業の女優は表情が単調になりがち、という悪しき特性を克服できてはいない。ここ1・2年のうちにピンで結果を出せないと淘汰の憂き目を見よう。小林麻央並の存在感や独特さを持っていない限り美人というだけでやっていけるほどには、日本の女優シーンのレベルは低くないと思う。


☆新垣結衣

●顔:★★★★★
●スタイル:★★★★☆
●演技力:★★★☆
●スクリーンを通しての魅力・格:★★★★
●柔軟性:★★☆
●出演作品の質・演じる役の質・魅力:★★★☆
●総合:★★★★
●管理人のLOVE度:★★★★
●ランク:AA

今、日本で唯一の「アイドル女優」と称せる人物であろう。昨年の活動ぶりが常軌を逸し過ぎたので、それと比べると今年の活動はかなり少ないように思えてしまうが、現時点でドラマ・映画各1本ずつに数多くのCM出演と今年もその内容は安定している。

持前のルックスの良さは言わずもがな、ふと見せる表情にセンスを感じさせるが、今放送中の「コード・ブルー」のように、ある程度の年齢になった「大人」「社会人」役をこなすには風格・演技力をはじめ足らないものがまだまだ多い。下積み期、ブレイク期を経、今女優としてのキャリア形成が始まったと言えるのではないだろうか。

全く話が代わるが、高すぎる身長もネックだ。公証167センチとなっているが明らかに違うだろう。取り立てて背が高いわけではないジャニタレとの共演の場合には、下手をするとその面々より背が同じくらい、ないしは高い場合があり、絵作りや演じる人物のキャラクター性描写を考える上でマイナスに作用している。まあ、本人に責がないとは言え・・・。

上の黒木メイサの所にも書いたが、88年生まれの女優は、ここ1年、つまり世間で言うところの4年制大学を卒業する22歳までにいかにして「女優」としてのキャリアを築けるかが、非常に重要となってくる。果たして・・・。

後は、彼女のようなタイプはスキャンダルが致命的になるのでゆめゆめ油断なきよう・・・。


☆戸田恵梨香

●顔:★★★☆
●スタイル:★★★☆
●演技力:★★★☆
●スクリーンを通しての魅力・格:★★★☆
●柔軟性:★★★
●出演作品の質・演じる役の質・魅力:★★★
●総合:★★★☆
●管理人のLOVE度:★★★
●ランク:A

只今同い年の新垣と「コード・ブルー」で共演中の彼女(まあ、このドラマについてはいずれドラマ評で書きたいが)。正直に言って、新垣と比嘉の2人に押されている感がある。ピンでの主役が少ないのも他の88年組と比べての彼女の弱点であろう。下半期は「闘茶」と「恋極星」の2作が上映待機作となっているが前者は予告で観た限りかなり厳しそう・・・(いや、先日「百万円と苦虫女」の予告の際観たのだが、これはショックすぎました)。

新垣と同様、「大人」「社会人」を演じるには演技・ルックス共に不十分。ここ1・2年の精進がきわめて重要となる。

彼女のかなり大きな問題はセリフ回しというか声だ。ルックスに反して低音なのはまだいいのだが、感情が入った時や大きな声を出すときに声が「ダミ声」になってしまうのが痛い。う~む。

スポンサーサイト




2008/07/18 23:38|女優・若手女優評論トラックバック:0コメント:2

コメント
こんばんわ
このメンバーの中では、堀北が演技力で頭一つ抜けている感じがしますね。

ただ沢山出過ぎのような気がします。良い作品とも出会えていますが、駄作も沢山・・・。もう少し出演作品を絞り込んでもいいような気がします。
kojirest #qngrGP..|2008/07/21(月) 01:26 [ 編集 ]

そうですね。
>kojirestさんへ

88年組は演技達者な人が少ないので・・・。堀北が突出していると思います。

しかし、ご指摘のように出演が多過ぎますね。どうでもいい作品へのそれが・・・。

もう作品を適切に選ぶ段階に入っていると思います。
バツ丸 #-|2008/07/26(土) 01:23 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://badtzmaru.blog34.fc2.com/tb.php/757-40465e61

プロフィール 

聴いた曲の履歴!! 



プレイリスト詳細

アクセスカウンタ 

,
・トータルアクセス



・ユニークアクセス





ランキングに参加しています。よろしければクリックしていただき、投票にご協力いただけたらと思います。

その他コンテンツ 

・バツ丸のヲタク拝見
・過去のレビュー
・以前の他事争論
・名盤紹介
・墓場に持って行きたい曲
・月別CD DVD購入&試聴記録
・アルバムレビューについての説明

リンク 

ブログ検索 

おすすめCD!! 

購入・試聴CD 











DVD・その他 

Copyright(C) 2006 バツ丸のエンタメ問答 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。