バツ丸のエンタメ問答

音楽・映画・本好きのためのよろずやブログ

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

カレンダー 

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ただいまのお時間 

最近の記事 

月別アーカイブ 

カテゴリー 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

おすすめ書籍 



読書履歴! 









検索 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




--/--/-- --:--|スポンサー広告

Edit 若手女優格付けチェック2008年上半期~いよいよ駒がそろってきた感じか・・・ 6

今回は、

・徳永えり
・吉高由里子
・榮倉奈々
・藤井美菜
・佐津川愛美



この5者と90~91年組のところですっかり取り上げるのを忘れてしまった谷村美月の計6名を取り上げます。




☆谷村美月

●顔:★★
●スタイル:★★★
●演技力:★★★☆
●スクリーンを通しての魅力・格:★★
●柔軟性:★★★
●出演作品の質・演じる役の質・魅力:★★★
●総合:★★☆
●管理人のLOVE度:★★
●ランク:B

(毎度の決まり文句であるが)「カンドウガヌスマレテイル」の言葉が印象深い海賊版DVD撲滅キャンペーンCMを契機にブレイクし、当初は「ポスト宮崎あおい」とまで称された谷村。この時の彼女の印象が今でも強いが、そんな彼女も早今年で18歳になる。

18歳時点での宮崎が主演4本を含む計8本の映画出演に対し、谷村は主演9本を含む計18本(声の出演を入れると19本)と18歳段階での宮崎を軽々と凌駕するだけでなく、現時点における若手女優の中で恐らく最強の活動ぶりであろう。

しかし、出演本数・主演本数こそ宮崎を含めた他を圧倒しているが、「ポスト宮崎あおい」と若手女優に対する最高の誉め言葉にふさわしい内容~=キャリア形成・魅力~であるかと言うと、個人的に酷く懐疑的である。

演技こそ、圧倒的な場数に裏打ちされていることもあってか、どの出演作品を観ても彼女の演技には安定感がある。が、こと宮崎に代表される「映画女優」に必須である「スクリーン映えする魅力的なルックス」という点に関しては、残念ながら年を経るごとに退化している。何だろう、どんどんブサイクになっている。「神様のパズル」や「太陽と海の教室」、特に前者を観て思ったが、今の彼女はアップに耐えうるルックスとは言い難い。映画女優とは、演技よりもまずはルックス・スタイルをしての「雰囲気」が重要である(別に美形・パーフェクトスタイルでなくてもよい)。かつて有していたそれを失ってしまった今、体つきが大人っぽくなろうとも演技が上手くなろうとも、他を圧倒する魅力・存在感を発揮することはかなわないだろう。現に「太陽と海の教室」において、1回目の放送の段階で、91年組代表女優である北乃と、88年組のみならず若手女優界の異端児で超絶な天然さを有す吉高に早くも押され始めている。

演技が上手いだけでは、ルックスが良いだけでは優れた映画女優にはなれない。彼女を見ているとほんとこう思わずにはいられない。




☆徳永えり

●顔:★★★★
●スタイル:★★☆
●演技力:★★★★
●スクリーンを通しての魅力・格:★★★☆
●柔軟性:★★★☆
●出演作品の質・演じる役の質・魅力:★★★
●総合:★★★
●管理人のLOVE度:★★★
●ランク:A

「フラガール」で蒼井優演じる人物の親友役を好演して注目された徳永。今年は北野たけしが監督をする映画への出演が決まっている。主役こそないが、「フラガール」の時と同じく、作品を考える上で主人公と同じくらい重要な役割を有す準主役・脇役を着実・確実・堅実、見事に演じ続けている。安定した演技力は言わずもがな、156センチと今どきの若手女優においては低い方に入る身長とかわいらしいルックスも大きなプラス材料だ。優れた脇役がいなければ主役や映画が引き立たない。彼女は今のシーンにおいて希少の、非常に優れた名脇役として今後も輝き続けることだろう。


☆吉高由里子

●顔:★★★★
●スタイル:★★★☆
●演技力:★★★
●スクリーンを通しての魅力・格:★★★☆
●柔軟性:★★★☆
●出演作品の質・演じる役の質・魅力:★★★
●総合:★★★☆
●管理人のLOVE度:★★★
●ランク:A

昨年から今年にかけての躍進者の1人。主役こそ2本しかないが(1本は短編)、昨年と今年で映画出演数7本だけでなくフジテレビ系列のドラマへの立て続けの出演がそのことを顕著に示している。間もなく公開される蜷川監督がメガホンをとる「蛇とピアス」でヌードになるなど、話題性にもことかかない。

彼女の場合、演技やらルックスやらを超越した独特且つ天然・小悪魔的で、さらにそうでありながら時折鋭さを感じさせる雰囲気が魅力的だ。

ただ、マイナー期からブレイク期にさしかかった今、天然の資質だけに依存しない女優としての技量を着実に身につけないと、先行きが不安なものになると思う。


☆榮倉奈々

●顔:★★★
●スタイル:★★★★
●演技力:★★
●スクリーンを通しての魅力・格:★★
●柔軟性:★☆
●出演作品の質・演じる役の質・魅力:★★
●総合:★★☆
●管理人のLOVE度:★★
●ランク:ランク外

昨年主演映画数4本と若手女優屈指の活躍ぶりを見せた榮倉も今年は今のところNHK朝の連続テレビ小説1作のみと激減している。「瞳」一本に絞っていると言えば聞こえはいいが、残念ながらその「瞳」の出来は歴代の朝ドラの中でもまごうことなく最低最悪レベル。その脚本・演出・人物設定などなどことごとく破綻している・・・。天下のNHK様がよくもまあこれほどまでの駄作を送り出せたものだなと、受信料真面目に払っている身として思わずにはいられない。コンプライアンス委員会や倫理委員会みたいなものがこの会社にもあると思うが、この作品の酷さはそれら場において主議題として挙げられてもいいのではないか?


で、作品そのものが酷くても、だからこそ主役である当人が確固たる魅力を見せられれば、ドラマの評価とは対照的に女優としての評価はウナギ登りとなるはずだが、それどころかこの作品の酷さは女優としての彼女の実力・魅力のなさをさらに際立たせる結果と相成った・・・。「瞳」への出演は、個人的には完全な玉砕行為であったと考える。

本格的に女優活動をするようになってからそれほど年月は経っていないが、それを差し引いてもセリフ回しや表情づくりがつたなすぎる。正直女優としての適性は厳しい。

それと、モデルとしてはともかく、あの長身とそれとアンバランスな童顔さもかなり痛い。表情に緊張感がないし、共演者、特に男性よりも身長が高い場合がままあることは、若手女優主演作品に求められずヒロイン像から逸脱している。画面構成的にも収まりが悪い。
(それでも松下奈緒や伊藤美咲、松嶋菜々子のようなルックスだと問題ないのだが)

さらに厳しいことを言うと、運動神経が良くない。身体能力も表現・演技を考える上で重要な要素である。それがあれば演じられる役もそれだけ広がる。長澤・綾瀬・北乃・蒼井・上野を始め運動神経の良い若手女優が少なくないので、これまた・・・。

今はまだ若さと元気の良さと事務所の力の強さとで通用している部分があるが、もうそろそろ女優としての確固たる何かを提示しないとここ数年のうちに淘汰されるような気がする。


☆藤井美菜

●顔:★★★★★
●スタイル:★★★★
●演技力:★★★
●スクリーンを通しての魅力・格:★★★☆
●柔軟性:★★
●出演作品の質・演じる役の質・魅力:★★☆
●総合:★★★
●管理人のLOVE度:★★★★
●ランク:A

三菱UFJニコスやオルビスのCM出演、東方神起のPV出演などそこそこの活動ぶりを見せてはいるが、個人的な考えや事務所の方針もあってか学業にウェイトを置いた活動で、ドラマ・映画に関してはどれも中途半端でぱっとしないのが残念である。知的・清楚・端正で品のあるルックスは間違いなく他にはない圧倒的な魅力があり、まごうことなき逸材。何とも難しいところではあるが、18~22歳のうちにどれだけ女優としての経験を積むことができるかがキャリア形成を考える上で極めて重要であるので、何とかスケジュールを上手く調整していい作品に出演していただきたいのだが・・・。長編での主役がそろそろ必要かと。


☆佐津川愛美

●顔:★★★★
●スタイル:★★★
●演技力:★★★★
●スクリーンを通しての魅力・格:★★★☆
●柔軟性:★★★★
●出演作品の質・演じる役の質・魅力:★★★☆
●総合:★★★☆
●管理人のLOVE度:★★★☆
●ランク:A

業界にはメジャーとは別の領域で実力をつけ確固たる評価を得るものが少なからず居る。尽くメジャー作品ではないが、今年主演2作を含む計5作品に出演(待機作も含む)の彼女はその1人であろう(しかし、1作も観れていない、というよりも公開していないぞ!!)。小柄でちょいむっちり目で天真爛漫としか言いようのない愛らしいルックスであるが、決してそれだけでない幅広い役柄を演じることができる演技力も見事なものである。お世辞でも新垣・戸田・堀北・榮倉といった同い年の女優程には脚光を浴びてはいないが、こと88年組においては、実は堀北にも劣らない実力の持ち主なのではと最近では思うようになってきた。こういう人は陰日向に応援していきたい。

スポンサーサイト




2008/07/25 23:04|女優・若手女優評論トラックバック:0コメント:0

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://badtzmaru.blog34.fc2.com/tb.php/759-2a3b43ae

プロフィール 

聴いた曲の履歴!! 



プレイリスト詳細

アクセスカウンタ 

,
・トータルアクセス



・ユニークアクセス





ランキングに参加しています。よろしければクリックしていただき、投票にご協力いただけたらと思います。

その他コンテンツ 

・バツ丸のヲタク拝見
・過去のレビュー
・以前の他事争論
・名盤紹介
・墓場に持って行きたい曲
・月別CD DVD購入&試聴記録
・アルバムレビューについての説明

リンク 

ブログ検索 

おすすめCD!! 

購入・試聴CD 











DVD・その他 

Copyright(C) 2006 バツ丸のエンタメ問答 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。