バツ丸のエンタメ問答

音楽・映画・本好きのためのよろずやブログ

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

カレンダー 

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ただいまのお時間 

最近の記事 

月別アーカイブ 

カテゴリー 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

おすすめ書籍 



読書履歴! 









検索 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




--/--/-- --:--|スポンサー広告

シングルレビュー~ちょっと待ってよ!!

●Miz 「Backseat Baby」





1・Backseat Baby ★★☆
作詞:Milky 作曲:Anders Bergstom,Julius Bengtsson,Henric Unborm

ビクターを代表するハード系シンガー、Mizのニューシングル。今回も北欧ポップス、ロックならではの音楽を聴かせてくれると当たり前のように思っていたのだが・・・。

曲調は痛快で明るいアメリカンなロック曲。サビメロをはじめ、いかにもアメリカのティーンズロッカーがやりそうな曲。Mizは非常にしっかりとした歌唱を見せてくれるのであるが・・・。

正直に言ってこれは「違うだろう」という感しかない。

確かに、こういった曲をやるのもたまにはいいのかも知れないが、やはりMizの醍醐味は、荒涼とした感や鋭利さのある北欧ハードロックにあると考える。アルバムオリジナル曲やカップリングならともかく、このような曲を勝負のシングル表題曲として持ってきたのは失敗としか思えない。


2・Welcome to our party ★★★
作詞:Miz 作曲:Bengt Giell,Tord Backstom&Jon Nilsson

表題曲とは違い、こちらは荒涼感や重さのあるハードロック曲。ギターリフを中心とした重厚なサウンドにのるMizのシャープで少し不良っぽさを感じさせ&たたみかける歌唱がかっこいい。やはりこういった曲の方がMizには向いている。


<総評>
悪くはなかったのだが、今までのシングル曲に比べると表題曲の出来は一番悪いように思う。
各曲の評のところにも書いたが、従来のMizの曲とは違って、安直さや安っぽさしか感じなかったのがその理由。北欧ロックらしいシャープで荒涼さのある曲こそがMizの醍醐味なので違和感を感じずにはいられなかった。このような曲調をやってはいけない、とまでは言わないが、シングル表題曲としてやるものではないだろう。カップリングと表題曲を入れ替えた方がよかったように思う。

次のシングルではきとんと修正してくれることを望む。
スポンサーサイト




2006/01/02 13:52|シングルレビュートラックバック:0コメント:0

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://badtzmaru.blog34.fc2.com/tb.php/76-132c96f8

プロフィール 

聴いた曲の履歴!! 



プレイリスト詳細

アクセスカウンタ 

,
・トータルアクセス



・ユニークアクセス





ランキングに参加しています。よろしければクリックしていただき、投票にご協力いただけたらと思います。

その他コンテンツ 

・バツ丸のヲタク拝見
・過去のレビュー
・以前の他事争論
・名盤紹介
・墓場に持って行きたい曲
・月別CD DVD購入&試聴記録
・アルバムレビューについての説明

リンク 

ブログ検索 

おすすめCD!! 

購入・試聴CD 











DVD・その他 

Copyright(C) 2006 バツ丸のエンタメ問答 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。