バツ丸のエンタメ問答

音楽・映画・本好きのためのよろずやブログ

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

カレンダー 

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ただいまのお時間 

最近の記事 

月別アーカイブ 

カテゴリー 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

おすすめ書籍 



読書履歴! 









検索 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




--/--/-- --:--|スポンサー広告

若手女優格付けチェック2008年上半期~いよいよ駒がそろってきた感じか・・・ 9

予定変更となりましたが、評価は今回で終了となります。

・相武紗季
・松下奈緒
・綾瀬はるか
・関めぐみ
・上戸彩






☆相武紗季

●顔:★★★★
●スタイル:★★★★
●演技力:★★★☆
●スクリーンを通しての魅力・格:★★★☆
●柔軟性:★★★☆
●出演作品の質・演じる役の質・魅力:★★★☆
●総合:★★★☆
●管理人のLOVE度:★★★☆
●ランク:A

トップレベルのCM出演に「恋人にしたい女性ランキング」上位常連の相武。しかし、今年はドラマ1本の出演のみと女優としては低調感が否めない。

等身大の女性~ちょっぴりどじな女性とか奥手の女性とか~を少しのコメディ風味で演じられる数少ない若手女優であるが、逆に言うとこの役がらばかりにほぼ固定されてしまっているのが彼女の強みでもあり弱みでもあろう。出演するドラマの出来が出世作の1つである「どんまい」以降、特に従来のイメージを払しょくするような役柄を演じた作品ほど良くないのも辛いところだ。既に上位世代とのしのぎを要求され、さらには確実な結果を求められる世代・地位になってはいるが、女優としては今まさに正念場である。来年大河で上杉景勝の妻、華姫役を演じるようだが、長澤や比嘉ら同世代の若手女優らがひしめいているので果たして・・・。


☆松下奈緒

●顔:★★★★★
●スタイル:★★★★★
●演技力:★★★☆
●スクリーンを通しての魅力・格:★★★★
●柔軟性:★★★☆
●出演作品の質・演じる役の質・魅力:★★★★
●総合:★★★★
●管理人のLOVE度:★★★★
●ランク:AA

彼女は列記とした85年生まれで若手女優のカテゴリーに入るのだが、大人びたルックスや高身長も影響してか、彼女をそういったカテゴリーで区分している芸能・映画雑誌はほとんどない。

それはともかく、天下の研音系列の事務所所属ということもあり、さらにはそこから大きな支援を得ているからなのか、今年はドラマ出演3本、映画2本とかなりの活躍ぶり。他の同世代女優と比べて出演作品の質や役の魅力が安定しているのも彼女の強みだ。

とにかく目を惹くのはルックスだ。デビュー当初は垢ぬけなかったものの、今では孤高の美しさと色気とを発散している。演技がだいぶ良くなってきた分、尚のことスクリーンにおける強烈な雰囲気や印象の形成に多大な貢献をしていると言えるだろう。Wおおいとは違った意味合いで同世代女優を引き離していきそうな予感がある。


☆綾瀬はるか

●顔:★★★★☆
●スタイル:★★★★★
●演技力:★★★★
●スクリーンを通しての魅力・格:★★★★☆
●柔軟性:★★★★
●出演作品の質・演じる役の質・魅力:★★★☆
●総合:★★★★
●管理人のLOVE度:★★★★
●ランク:AA

ここ数年はほぼ切れまなくドラマ・映画に出演し続けてきたものの、どうにも85年組の中で埋もれていた感のある綾瀬。しかし、昨年の「ホタルノヒカリ」で再評価され、メジャードラマや映画への出演を経て、今年の映画出演が4本という数字が示すように俄然勢いを見せている。85年組女優再快進撃の旗手的存在と言っても良いだろう。

彼女の魅力は豊満な肉体と「愛くるしい」という言葉が何よりも似つかわしい爛漫なルックスにある。それに加え、常に演技経験を積んできたこともあってか、表情付けもかなり上手くなってきた。「僕の彼女はサイボーグ」は彼女の女優としての魅力・実力が見事に結実した、綾瀬の女優史に残るエポックメイキングな作品である。後、何故か三谷監督に気に入られているのも彼女にとって追い風であろう。魅力・実力とも彼女の比較対象として挙げられていた長澤を既に凌駕し、一気にWあおいや堀北・上野らにも負けない存在感を発揮しつつある。今年下半期のシーンを考える上で間違いなく最重要人物ではないだろうか・・・。公開待機作となっている「スウィングガールズ」製作でおなじみ矢口監督作品である「ハッピーフライト」や、座頭市の女版となる「ICHI」の出来が非常に楽しみだ。


☆関めぐみ

●顔:★★★★
●スタイル:★★★★☆
●演技力:★★★☆
●スクリーンを通しての魅力・格:★★★★
●柔軟性:★★★☆
●出演作品の質・演じる役の質・魅力:★★★
●総合:★★★☆
●管理人のLOVE度:★★★
●ランク:A

「ライフ」で一気に注目を浴びたが、その後連続ドラマには出演せず、映画を軸とした活動を続けている。しかし、今年は主演作品2本と少なめなのは残念だ。等身大の役を演じるには不向きであるがその個性的で凛としたルックスとそれがもたらす雰囲気は非メジャー映画において重宝されることだろう。


☆上戸彩

●顔:★★
●スタイル:★★★
●演技力:★
●スクリーンを通しての魅力・格:★
●柔軟性:★★
●出演作品の質・演じる役の質・魅力:★☆
●総合:★★
●管理人のLOVE度:★
●ランク:ランク外


CM・ドラマとここ数年一切の切れまなく活動し続けている上戸。しかし、CMはともかくことドラマにおいてはことごとく失敗し、女優としては完全にその地位・評価を失墜させている。テレビドラマ程には事務所のごり押しが通用しない映画に2005年以降まともな出演がないことが、何よりもこのことを証明していよう。絶え間ないドラマ出演とCM出演であたかも第一線女優として活躍しているかのような印象の形成を図ってはいるが、それは偽装の域を出ず逆に上戸の実力のなさと哀れさと痛々しさとを助長しているに過ぎない。

「ホカベン」はそれを端的に示した作品。しかし、また秋から今度はフジテレビのドラマで主演とのこと・・・。業界はよほど上戸が好きと見える。

スポンサーサイト




2008/08/15 23:03|女優・若手女優評論トラックバック:0コメント:0

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://badtzmaru.blog34.fc2.com/tb.php/766-e6dc31a5

プロフィール 

聴いた曲の履歴!! 



プレイリスト詳細

アクセスカウンタ 

,
・トータルアクセス



・ユニークアクセス





ランキングに参加しています。よろしければクリックしていただき、投票にご協力いただけたらと思います。

その他コンテンツ 

・バツ丸のヲタク拝見
・過去のレビュー
・以前の他事争論
・名盤紹介
・墓場に持って行きたい曲
・月別CD DVD購入&試聴記録
・アルバムレビューについての説明

リンク 

ブログ検索 

おすすめCD!! 

購入・試聴CD 











DVD・その他 

Copyright(C) 2006 バツ丸のエンタメ問答 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。