バツ丸のエンタメ問答

音楽・映画・本好きのためのよろずやブログ

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

カレンダー 

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ただいまのお時間 

最近の記事 

月別アーカイブ 

カテゴリー 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

おすすめ書籍 



読書履歴! 









検索 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




--/--/-- --:--|スポンサー広告

アルバムレビュー~王道J-pop!!

●彩音 「Elephant Notes」 評価:A+


amalogo111.jpg
(2008/8/6)


01 キミが居た証拠に 
02 Lunatic Tears... 
03 DOLPHIN☆JET      
04 Ever Lasting Sky     
05 Ribbon           
06 太陽と海のメロディ    
07 雫
               
08 永遠のメモリーズ     
09 cloudiar sky         
10 New Breeze
         
11 Close Your Eyes      
12 君の描片~キミノカケラ~
13 KIZUNA~絆        
14 プリミディア         


<問題点・注意点>

1・前作に比べると全体的な完成度がやや落ちるか
2・哀愁が少し薄れている
3・収録曲がやや多め





依然好調とは言えない状況が続く女性音楽シーンにおいて、ひとつ非常な充実ぶりを見せているのは、アニメ・ゲーム関連のアーティスト・楽曲である。大多数に対する訴求力はなくとも、確実な支持層・需要が存在する分、常に結果を求めらる移ろい激しいメジャーシーンよりも活動基盤が安定しており、それが楽曲や作風の充実ぶりへとつながっているからだろうか・・・。

アニメ・ゲームサントラを活動基盤としている優れたアーティスト~声優は除く~は多いが、この彩音はその中でもトップクラスの実力者であると言えるだろう。今作収録曲すべてがタイアップ付という事実がそのことを何よりも示している。

彼女が同種他者と違い、さらにはメジャーのアーティストすら圧倒的に凌ぐのは、楽曲・歌唱の持つ普遍性・一般性だ。如何にもアニメ的な作風や狭量な世界観には陥らず、90年代にビーイングやエイベックスが培ってきたJ-pop~ポップス、バラード、ロック、ハードロック、アイドル歌謡~といった音楽性を渾然一体とさせ、煌びやかさや哀愁、ポップ性、センチメンタリズムを高度に凝縮させた王道且つ商業主義的に洗練された音楽をここまで見事に表現できている者は他に居ないのではないだろうか。

前作のように壮大な民族音楽バラードやテクノ調の曲がなく、90年代的哀愁が薄らいでいるのは残念で、幾分ジャンルの幅が狭まっているようにも思えるが、それはあくまで前作と比べてのこと。前作ですべての楽曲を担った志倉曲の比率が今作では少なくなったことが影響しているのかもしれないが、彼以外の制作者、中でもTatsh作曲の特にクラシカルなメロディックメタル的スピード感や荘厳さに溢れる2曲目は見事で、新たな魅力を与えてもいるなど、全体を通しては全曲タイアップ付という事実が示しているように、依然楽曲の質や多様性は高く安定感は抜群で他の追随を許してはいない。

彩音の優れた歌唱力と表現力がそれら多様で魅力的な楽曲に更なる魅力を与えている。特に鼻かかったちょっぴりハスキーな声質はノスタルジーの喚起と哀愁の創出に絶大な威力を発揮している。2・5・9・11曲目のような曲調の曲を歌わせたらもう天下逸品。超絶な何かや凄みがあるわけではないが、とにかく表情豊かで上手いのである。作為的な要素がないナチュラルさと柔軟性こそが彼女のボーカリストとしての大きな魅力なのだろう。ここまですっと、流れていくように収録曲を聴きとおせるアーティストも実に珍しい。


価値観が多様化し、音楽においてもその限りでなく、幅広い世代に文句なしに進められる大衆性やキャッチーさにあふれる音楽が少ないだけに、彼女のようなアーティストの存在に貴重さを感じてならない。この魅力をこれからもずっと発揮してくれることを切に願う。










・アーティスト評価
歌唱力9 (→)
作曲-- (→)
編曲9 (→)
独創性8 (→)
安定性9 (→)
8 (→)
総合9 (→)
熱中度9 (↑)


スポンサーサイト




2008/09/03 01:56|アルバムレビュートラックバック:0コメント:3

コメント
やはり彩音は素晴らしい!
バツ丸さん、こんばんわ。
それほど間が空かない内のコメントですみません。
私生活でお忙しいにも関わらず、わざわざ返信してくださり、どうもありがとうございました。

今回の彩音のアルバムもやはり非常に良い出来でしたね。
前々から収録曲のいくつかを聞いて、ある程度は予想してました。
実はかなり前から彩音のことを時々アニメ好きの友人から聞いていたのですが、私自身アニメやゲームが大好きなわりには、それらの主題歌を歌うアーティストに対して興味を抱いてはいなかったのです。
しかしバツ丸さんが以前、前作「Arcive Lovers」を取り上げているのを見て、どんなものかと思い、思い切って購入したのですがそれを聞いたら、私のアニメやゲーム界で活躍するアーティストに対する見方が根本から覆りましたね。
貧弱なメジャーのアーティストよりも何百倍もすごいと思いました。
そして今作もまた十分良いのですが、彼女にはこれからももっと突っ走れる力があると思うので、ここで立ち止まらずにまだまだ頑張っていってもらいたいものです。

長文、失礼いたしました。
では失礼します。
雪子 #-|2008/09/06(土) 23:51 [ 編集 ]


ども、お久しぶりです。
デビュー曲の「KIZUNA~絆」のチョイスは以外でした、他と比べると初々しい。

今作はTatshさんとの繋がりが出来たのが大きいですね。
5pb.の曲は千代丸王子頼みな部分が大きい上に
社長もやってゲームの企画とかもやってるわけで、体大丈夫なのと心配になったりします。

http://5pb.jp/chiyomaruworks/
これの3.0に収録された「Drive on Dragoon」が入らなかったのが残念でした。
発売日近いので仕方ないですが。

このCDの存在はもうご存知だと思いますが
3枚組みではなく3枚リリースという挑戦的なやり方だけあって聞き応えあります。
上手い具合にバラまいて収録してるのでどれが良いとも言えないのですが
2.0、3.0がオススメでしょうか。
そろそろいとうかなこさんのアルバムが出てもいい頃合いなので期待が膨らみます。

近年のアニメ・ゲーム主題歌の基礎を作った、と個人的に思っている林原めぐみ閣下のMEGUMIXを最近ようやく聞きました。
メインコンポーザーである佐藤英敏氏のメロディセンスと
本人による強いメッセージを込めつつ主題歌として成立させる印象的な歌詞。
是非聞いて頂いてバツ丸さんに昨今の状況との分析などをお聞きしたく。
それではまた。
しゅう #v17PT8iU|2008/09/09(火) 05:25 [ 編集 ]

レスレス
>雪子さんへ

今回も返事遅れてしまいすいません。充実した忙しさであればいいのですけどね。彩音さんのアルバムは今回もとても良かったですね。私も彩音さんを聴いてアニメ歌手に対するイメージが変わりましたよ。最近のメジャーアーティストを軽くしのいでいると思います。彼女にはどんどん突っ走っていただきたいものです。


>しゅうさんへ

お久しぶりでございます。今作ではTatshさんの曲が結構良かったですね。志倉さんはほんと忙しそうで。

いとうかなこさんは知らなかったですね。試聴で聴いてみましたが、これは凄い。デリコやSuperflyにも負けていないですね。いや、こんなにかっこよく洋ロック・ポップスを歌える人がいたとは・・・。それだけにとどまらないジャンルの広さもあり。これは欲しいですね。

林原さんもいいですか。

個人的にこっちの関係の曲を聴くようになったのには、笠原弘子さんと坂本真綾さんの影響が大きいですね。
バツ丸 #-|2008/09/14(日) 01:29 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://badtzmaru.blog34.fc2.com/tb.php/772-3c5d6af0

プロフィール 

聴いた曲の履歴!! 



プレイリスト詳細

アクセスカウンタ 

,
・トータルアクセス



・ユニークアクセス





ランキングに参加しています。よろしければクリックしていただき、投票にご協力いただけたらと思います。

その他コンテンツ 

・バツ丸のヲタク拝見
・過去のレビュー
・以前の他事争論
・名盤紹介
・墓場に持って行きたい曲
・月別CD DVD購入&試聴記録
・アルバムレビューについての説明

リンク 

ブログ検索 

おすすめCD!! 

購入・試聴CD 











DVD・その他 

Copyright(C) 2006 バツ丸のエンタメ問答 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。