バツ丸のエンタメ問答

音楽・映画・本好きのためのよろずやブログ

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

カレンダー 

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ただいまのお時間 

最近の記事 

月別アーカイブ 

カテゴリー 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

おすすめ書籍 



読書履歴! 









検索 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




--/--/-- --:--|スポンサー広告

遅ればせながらの夏ドラマ評その1

既に最終回を迎えたドラマも少なくない頃合いとなってきましたが、時期外れの夏ドラマ評サクっとやっていきますよ!!

日曜日の作品からやっていきます。評価は毎度の如く基本、◎○△×の4段階評価。良い場合は◎◎や××もあり、また、明確にこの4分類で分けられないときは△~○といった評価も行います。


今回は「Tomorrow」「あんどーなつ」の2作。




・Tomorrow ○

医師不足・医療訴訟・モンスターペイシェント・過酷な労働・・・。日本崩壊の一端を示す医療問題を扱ったドラマ。時代や社会問題に切り込むのがドラマの役割の1つと思っているのでこういう作品があるのは良いと思う。病院の有す公共性と一般企業と同様の利潤も追求していかなければならない、との間に生ずるジレンマやことの重大性を上手く表現できていたのではと思う。病院廃止を決定した副市長が、クビにした医師達に事故で大きなけがを負った自分の娘の命を助けられることで病院の重要性を認識するという展開は、ベタではあるが、これほど効果的なものもないだろう。

主役の男性医師を演じる竹野内は、正直演技は上手くないが渋い雰囲気もあり全体的にはいい味を出しているように思う。ただ、もう一人の主役であろう看護師愛子を演じた菅野が・・・。えらくハイテンションでちょいキレ気味の演技はちょっとどうかと思う。この人は出来不出来が激しい。

まあ、なんだかんだ言ってこのドラマにおいてことごとくおいしいところをさらっていったのは、両者と対立する医師遠藤紗綾を演じた緒川たまきではないだろうか。どちらかと言うとマイナーな映画作品への出演が多かった彼女が、民放ドラマでの重要役として出演したのには物凄く驚いたが(「トリビアの泉」のガセビアコーナーに出演していたが・・・。あと伝説的深夜番組「よい国」は最高だった。)、その美貌に鋭い目線、抜群のスタイルが放つSオーラに圧倒されまくり。共演者全員を食っていたように思う。

当初はネタとしか思えなかったエドはるみの、思いの他の活躍は・・・。どうなんでしょうね。


・あんどーなつ ×

大河ドラマ「風林火山」、朝の連ドラ「ちりとてちん」とNHKドラマへの出演を得て一気に注目どころとなった貫地谷の民放ゴールデン枠初主演の作品。浅草にある老舗で和菓子職人としての修業をすることとなった若き女性とその師匠とを取り巻くハートウォーミングな作風だ。

ナショナルという屋号がパナソニックに統一となるため「ナショナル劇場」最終作品と記念すべきものであるが、その内容はと言うと首をかしげてしまわずにはいられない。

いや、ドラマとしての出来が悪いとかそういうわけではない。まあ、ある意味優等生的無味無臭な作品ではあるが、それ以上に問題なのはその内容・演出だ。

東京の下町が舞台・伝統的な職人・人情的な・小朝のナレーション・・・。ナショナル商品のCMをCMカット機能でとばして観たら、どこをどうみても朝ドラ一週間分だ。既に各ネットニュースにおいては、http://news.livedoor.com/article/detail/3767090/

などなど、NHK朝の連ドラとの類似性を取り上げた記事・批判記事が見受けられるが、もうその通りとしかいいようがないだろう。主人公の生まれが福井県と偶然の一致とはいえ「ちりとてちん」の主人公と一緒で且つ演じている役者も一緒なのにはもう、「何も言えね~」。なまじ同時期に放送している本家の朝ドラ「瞳」が朝ドラ史上最低の内容・出来だからして尚のこと、今作の存在が目立ってしまっているのは言うまでもない。内容は悪くないだけにもう少し何とかならなかったのかなと思ってしまう。

スポンサーサイト




2008/09/12 23:59|ドラマ・テレビ番組評トラックバック:0コメント:2

コメント
初めまして
初めまして、竹井詩織里さんだか忘れましたが、検索しているうちにこのブログにたどり着いた次第です。

私が最近好きなドラマは、相棒と篤姫くらいで、他は2時間もののサスペンスくらいしか見ません。私は、ドラマよりもノンフィクションの方が好きというのもありますが、最近のドラマは見ていても、どこかシラケてしまいます。

バツさんのレビューわは初めて読んだときはショックでしたが、読み進めていくうちに引き込まれてしまいました。主観的なものや偏見はあるものの、時折冷静な分析もされているので、そこが魅力的と思います。ついでなので、ビーイングに対する私見を簡単に書かせていただきますね。以前avexは人を育てるのが下手とおっしゃいましたが、それはビーイングにそっくりお返しすべきじゃないかなと思いました。それでもavexは矢継ぎ早に軸となるアーティストを出していますし、無党派に対する情報戦略が長けていると思います。

私が読んでいて感じたのは、ビーイングをダメにした戦犯は、秘密主義的な内向き体質、アーティストに対する締め付け、不適材適所、ビーイングブームというバブル、ZARDの存在などが挙げられますが、一番の戦犯はやはり長戸大幸さんだと思います。

より細かい内容は、機会があればまたコメントさせていただきますね。
まつのすけ #PyA865YY|2008/09/14(日) 22:46 [ 編集 ]

はじめまして!!
>まつのすけさまへ

はじめまして。書き込みありがとうございます。お返事遅れてしまい申し訳ありません。

ドラマはなんだかんだ結構観ていますね。良作もありますが、ダメダメ作品が多いですね。残念ですが。

>主観的なものや偏見

確固たる思想・哲学と言い換えていただければ幸いです(爆

ビーイングも2003年以降は人を育てられていないですね。竹井・上木・菅崎・星田といった才能ある人を売り出せなかったことはそれを何よりも示していますね。

エイベックスもダメですが、OLIVIAや志方あきこ、安藤裕子など、業界評価の高い人を排出していますしね。

いいところはあります。やはり大手だと思います。最近ではalanがいいですしね。

秘密主義的な体質はGIZAになってから緩和されたようにも思いますけどどうなんでしょうね。

これからも宜しくお願いします。

バツ丸 #-|2008/09/19(金) 22:57 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://badtzmaru.blog34.fc2.com/tb.php/775-62d4fd77

プロフィール 

聴いた曲の履歴!! 



プレイリスト詳細

アクセスカウンタ 

,
・トータルアクセス



・ユニークアクセス





ランキングに参加しています。よろしければクリックしていただき、投票にご協力いただけたらと思います。

その他コンテンツ 

・バツ丸のヲタク拝見
・過去のレビュー
・以前の他事争論
・名盤紹介
・墓場に持って行きたい曲
・月別CD DVD購入&試聴記録
・アルバムレビューについての説明

リンク 

ブログ検索 

おすすめCD!! 

購入・試聴CD 











DVD・その他 

Copyright(C) 2006 バツ丸のエンタメ問答 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。