バツ丸のエンタメ問答

音楽・映画・本好きのためのよろずやブログ

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

カレンダー 

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ただいまのお時間 

最近の記事 

月別アーカイブ 

カテゴリー 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

おすすめ書籍 



読書履歴! 









検索 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




--/--/-- --:--|スポンサー広告

ザクっと映画雑感

忙しい中、自分にとって唯一の楽しみは映画を観ることになっています。音楽も聴きたいしライブにも行きたいのですけどね・・・。

今回は「おくりびと」と「三本木農業高校、馬術部」の2作。


・おくりびと 75点

ちまたでは大絶賛の雨嵐である今作。確かにそれに足る魅力・完成度はありましたが個人的にはノレなかった作品でしたね。

何だかドラえもんの出来杉君を見ているような、そんな感じの作品。何かもう出来過ぎなんですよ。綺麗過ぎと言いますか。

日本には伝統的に血や死に対して「けがれ」との価値観がある故に、「納棺師」を「けがらわしい」と差別していながら、自分の親族が死んだ際にはその仕事ぶりに感動して泣きながら礼を述べる、と何とも人の身勝手さを明快に示した描写は非常に良かったと思います。

また、この納棺師の仕事がどういうものか、どのような行程・道具をして行われているのかを詳細に明かしたその視点の良さも称賛されるべきものでしょう。

ですが、個人的には主人公を捨ててった父親とのからみは余計だったと思いますね。それと、前半のコミカルさで魅せた内容・構成に対し、後半はこの父親のことや嫁さんのこと、馴染みの銭湯を切り盛り居ていた女性の死、そして納棺師としての成長と話が詰め込み過ぎになっていたのが気になりましたね。

それと、主役の嫁さんを演じている広末が適役だったのかとの疑問があります。綺麗ですけど・・・。

今作の評価に関しては、特に自分の親を最近見送った人はかなり高くなるでしょうね。ただ、どうであれ個人的にはあまり感動出来なかったです。

それにしても、今作で主人公が勤める会社で事務員役を演じている余貴美子が素敵過ぎる。今年で御歳52歳とのことですが、いや、その艶っぽい魅力がたまらんですよ。


・三本木農業高校、馬術部 80点

当初のタイトルは「コスモ、光明(ひかり)のなかへ」だそうですね。映画の内容からしてこちらの方が良かったと思いますが、どうでしょう。

それはともかく、良い作品だと思います。現時点では「東京少女」「闇の子供たち」と共に今年の最優秀作品候補作品ですね。

「こどもと動物には勝てない」・・・。ジャンルを問わずエンタメ業界の不文律を実証する作品ですね。動物を相手をした映画はほんと撮るのが難しいと思いますが、いや、ほんと馬の演技?にはびっくりしましたよ。 跳躍に失敗してもんどり打つところや母親と別れさせられるところのでの演技は、ある意味今年の最優秀演技賞ものと言うべきものでありました。馬を仕込んだ人たち、本当に頭が下がります。

それに馬術・田舎・農林畜産といったローカル且つマイナーな事柄を時に楽しく時に感動的要素を上手く交えて表現できていたのが良かったと思います。流石佐々部監督といったところでしょうか? 観ていてとてもすがすがしい気持ちになりました。


で、主役を演じた長渕文音は、正直ルックスはイケてないですが演技はとても頑張っていたと思います。乗馬は一切の吹き替えなしで飼育シーンや農芸シーン等体当たりで演じている様は非常に好感が持てましたね。長渕&志保美の娘とか関係なしに良かった。

しかし、デビュー作がこれほどの作品とは実に恵まれている。かねてから言っていますが、俳優を一番成長させるのはいい作品でいい役を演じることですからね。

今後、2世芸能人が故に得ることの出来たかけがえないのない経験に恥じない活動をし、女優として成長をしていただきたいと思いますね。

いい女優になれる資質はあると思います。思いのほか農業高校の生徒役が板についていました。
彼女は激戦区の88年生まれですが、さてさて、どうなるでしょうか。
スポンサーサイト




2008/10/19 21:15|映画評トラックバック:0コメント:2

コメント
余さん
自分もおくりびとみました。
おっしゃるとおり、余さんはキレイですね。
前、松本清張ドラマ(わるいやつらかな)で出てましたけど、その時から「独特の雰囲気の人だなぁ・・・ステキ」って思ってました。
映画の内容はまぁ可もなく不可もなくな感じですね。

そういえば広末さんお腹出てましたよねwそれがショックだった・・・。
へちま #-|2008/10/22(水) 16:43 [ 編集 ]

申し訳ありません
>へちまさん

お返事遅れてしまい申し訳ありません。

余さんは素敵過ぎます。あの雰囲気と妖艶さはたまらんですよ。

「おくりびと」は個人的にはノレなかったですわ。

広末さんお腹出てました? ちょっと気付かなかったですが・・・。機会があればチェックしてみます。
バツ丸 #-|2008/11/05(水) 01:15 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://badtzmaru.blog34.fc2.com/tb.php/787-8744f7f9

プロフィール 

聴いた曲の履歴!! 



プレイリスト詳細

アクセスカウンタ 

,
・トータルアクセス



・ユニークアクセス





ランキングに参加しています。よろしければクリックしていただき、投票にご協力いただけたらと思います。

その他コンテンツ 

・バツ丸のヲタク拝見
・過去のレビュー
・以前の他事争論
・名盤紹介
・墓場に持って行きたい曲
・月別CD DVD購入&試聴記録
・アルバムレビューについての説明

リンク 

ブログ検索 

おすすめCD!! 

購入・試聴CD 











DVD・その他 

Copyright(C) 2006 バツ丸のエンタメ問答 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。