バツ丸のエンタメ問答

音楽・映画・本好きのためのよろずやブログ

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

カレンダー 

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ただいまのお時間 

最近の記事 

月別アーカイブ 

カテゴリー 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

おすすめ書籍 



読書履歴! 









検索 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




--/--/-- --:--|スポンサー広告

ザクっと映画雑感「容疑者Xの献身」~実に、おもしろくない~後編

「容疑者Xの献身」の雑感、続きを書いていきます。





前回の序盤に書いたが、原作の大きな見どころ・魅力は、、2人の天才である湯川VS石神の対決構造を軸にしつつ、真犯人である花岡母娘、石神や湯川ほどの天才ではないが優れた頭脳を持ち心理的駆け引きにも秀でた刑事草薙、優秀で狡猾な警察組織といった様々な人や組織を上手くからませた見事・重厚な人間描写・心理描写にある。

中でも、事件の主犯である石神とそれを追う草薙共に湯川の友人であり、それが故に湯川が抱えることになる葛藤・苦悩が、特に、原作においては湯川と草薙のやり取りを通して感動的に描かれ、作品のドラマ部分・ミステリー両面共に大いに盛り立てていたわけである。もちろん、これには草薙の頭の良さや人間性の良さがあったのは言うまでもない。繰り返すが、両者を取り巻く人や組織が魅力的だからこそ、肝心要の主役両名がより浮き立ったわけである。

しかし、劇場版である今作においてはこれがほとんど出来ていない。おかげでラストの感動が半減以下。何故そうなってしまったかにはいくつか理由があるが、そのうち最も明快なのは、本来なら不要なオリジナルキャラである柴咲演じる内海の存在に他ならない。本来は草薙一人が担うべきところを内海と分担しているあるが、結局その分担が極めて中途半端でさして意図を感じ取れないが為両者とも単なる添え物的脇役になり下がっているだけだからだ(これには柴咲の女優としての能力も影響しているがこれに関しては後述する。)。


この程度の活躍・役割しかないのであれば、いっそのことごそっと潔く存在そのものを省き、あくまで湯川・石神の対決と、石神・花岡親子との関係に絞った描写に徹した方が良かったのではと思う。


<若手女優論~金澤美穂&柴咲コウ>

自称若手女優・美女評論家の私としては、やはり注目しなければならないのは、真犯人である花岡母娘の、娘美里を演じることとなった金澤美穂である。

エイベックスはここ数年、音楽事業に見切りをつけたが如く積極的に映画事業・俳優事業に力を入れ始めているが、今作や彼女の存在はその端的事例と言えよう。

さて、その金澤であるが、エイベックスが話題作で送り出すに足る魅力・実力の「片鱗」を見せていたと思う。典型的美少女タイプではないが愛らしく好感が持てるかわいいルックスだ。演技は出演2作目であるのでまだまだ評価・分析出来る段階ではないが、映画オリジナルである、「草薙と泰子が対峙し、泰子が石神の指示に従って彼を変質ストーカー扱いする場面において、そのやり取りを聴きながら自室でむせび泣くところ」は彼女の愛らしいルックスが相まってかなり見ごたえがあった。原作キャラに対する「やや大人びたイメージ」とは違うものの、かなり健闘したと思う。

まだまだスターダストやヒラタオフィスに比べると女優の層は薄いが、資本力と知名度を上手く活かし、着実に人材を獲得していけば将来的にはこれらに伍していくのも不可能ではないだろう。金澤には先人として今後も頑張っていただきたいと思う。


一方、内海を演じた柴咲であるが、これがもう全くダメ。居ても居なくてもどうでもいいような、何の印象も感じない内容であった。

存在感は際立っているが技術がない柴咲は、積極的に周りから盛り立ててもらわないと輝けない女優である。それは=自力では輝けないことを意味してもいる。それが成功した場合はかなりの魅力を見せつけるが、逆にそれが失敗すると目も当てられないダメっぷりを見せつける、ということだ。それは今までの彼女の出演作が示していよう。かなり厳しい意見になるが、個人的には彼女はトレンディドラマ女優なのだと思う。

もう一皮・二皮剥けないと活動が厳しくなってくるのではないだろうか・・・。

スポンサーサイト




2008/10/20 21:59|映画評トラックバック:0コメント:0

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://badtzmaru.blog34.fc2.com/tb.php/788-bc46b1f6

プロフィール 

聴いた曲の履歴!! 



プレイリスト詳細

アクセスカウンタ 

,
・トータルアクセス



・ユニークアクセス





ランキングに参加しています。よろしければクリックしていただき、投票にご協力いただけたらと思います。

その他コンテンツ 

・バツ丸のヲタク拝見
・過去のレビュー
・以前の他事争論
・名盤紹介
・墓場に持って行きたい曲
・月別CD DVD購入&試聴記録
・アルバムレビューについての説明

リンク 

ブログ検索 

おすすめCD!! 

購入・試聴CD 











DVD・その他 

Copyright(C) 2006 バツ丸のエンタメ問答 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。