バツ丸のエンタメ問答

音楽・映画・本好きのためのよろずやブログ

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

カレンダー 

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ただいまのお時間 

最近の記事 

月別アーカイブ 

カテゴリー 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

おすすめ書籍 



読書履歴! 









検索 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




--/--/-- --:--|スポンサー広告

CDレビュー~今年の新人は実はレベルが高い?

●シギ 「共鳴」 評価:A+

ジャンル:情念系へヴィーロック・ヘヴィフォーク


amalogo111.jpg
(2008/11/12)

1. 証明
2. 思いのまま
3. 白い闇
4. ハナレバナレ
5. 僕の太陽
6. 証明 (弾語りバージョン)






<問題点・注意点>

1・感情過多なボーカルは聴き手を選ぶ


今回は、ソニーが送り出した情念系新人アーティスト、シギの1stミニアルバムを取り上げます。




情念系はどこに行ったのだろう・・・。

COCCOや椎名林檎、鬼束ちひろといった名アーティストらによって一躍女性音楽シーンにおいて一大勢力となった情念系。

いつからだろう。まあ、別格の椎名林檎は別として、気づいてみたらここ3・4年くらいこの手の音楽をやるアーティストがチャートの上位やシーンの主軸から遠ざかっていたように思う。激しい音楽は個人的に大好きであるが、どちらかというとハードロックやへヴィーミュージックの範疇に入る正統派の音楽か、ポストロックやエレクトロニカ、プログレといった前衛的な音楽を愛聴していたので、個人的にもあまり耳にしていなかった。

しかし、今年の半ばに、この廃れていた情念系を一気にシーンのスターダムに引き戻しそうな実力・魅力を有した若きアーティストがソニーより登場した。それが今回紹介するシギである。最近はインディーズメインに聴いてはいるが、大手のエイベックスやソニーは時折非常に面白いアーティストを出してくるから、やはり侮ることは出来ない。

活動名義のシギこそ、「幸せを運ぶ鳥」の意を持つが、音楽性は「何でそんな名前つけたのさ!!」と突っ込みたくなるぐらいに「幸せ」から程遠いものである。上記動画にある1曲目「証明」からして、

「誰かが笑った 僕を見て笑った 悲しみは唾までまいて吐き出した」

でも暗いが、3曲目「白い闇」などは、

「君にとっての平和が僕にとっての悪だとしたら 君が殺して僕が死ぬの」

だからして、もう絶望的に暗い。

とにかく、「魂の叫び」という表現がよく似合う、豊かな声量に裏打ちされた、絞り出したかのような激情表現が凄まじい。ここまで感情や思想をストレートに乗せた歌唱は何か久しぶりに聴いたような気がする。

激情歌唱という情念系の王道を踏襲してはいるが、先達との大きな違いは、60~70年代フォークソングのような怨念にも似た政治的メッセージ(上記「白い闇」はセルフライナーノーツを見るに、戦後民主主義教育に対する批判曲か?)や、演歌に通ずる恨み節が存在することか。そういったレトロな要素を見せながらも、同時に音楽的には、今風のハードコア系やへヴィープログレにも通ずる鋭さや変則さ、前衛さ、技巧さが垣間見えているから面白い。
(3曲目のオルガンの使い方は如何にもプログレ的だ。)

感情過多で負の感情こそ人間の本質と言わんばかりの歌唱・歌詞と、今風のへヴィネスや前衛性との融合が、実に面白く激しい音楽世界を生み出している。小学生高学年の頃から音楽活動を始めただけはある、年齢にそぐわない確かな巧さと個性とがそこに存在している。

それ故に、彼女独特の音楽世界や思想に嵌れる聴き手にとっては今作は極めて優れた作品であるが、娯楽の一環として聴きたいと思っている聴き手にとっては極めて不敵な作品でもある。

顔見世的な1stミニアルバムとしてはほぼ完璧な出来。問題は、この手の激情音楽だけでやっていけない年齢に彼女がなった時にどうするか、である。COCOOや椎名林檎、鬼束ちひろもこの道をたどっていった。このシギがこの問題をどうクリアしていくのか、楽しみである。再び情念系の時代がくるのだろうか?










・アーティスト評価
歌唱力9 ()
作曲 8 ()
編曲8 ()
独創性9 ()
安定性8 ()
8 ()
総合8 ()
熱中度8 ()



スポンサーサイト




2008/11/12 02:32|アルバムレビュートラックバック:0コメント:0

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://badtzmaru.blog34.fc2.com/tb.php/794-d907fa59

プロフィール 

聴いた曲の履歴!! 



プレイリスト詳細

アクセスカウンタ 

,
・トータルアクセス



・ユニークアクセス





ランキングに参加しています。よろしければクリックしていただき、投票にご協力いただけたらと思います。

その他コンテンツ 

・バツ丸のヲタク拝見
・過去のレビュー
・以前の他事争論
・名盤紹介
・墓場に持って行きたい曲
・月別CD DVD購入&試聴記録
・アルバムレビューについての説明

リンク 

ブログ検索 

おすすめCD!! 

購入・試聴CD 











DVD・その他 

Copyright(C) 2006 バツ丸のエンタメ問答 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。