バツ丸のエンタメ問答

音楽・映画・本好きのためのよろずやブログ

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

カレンダー 

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ただいまのお時間 

最近の記事 

月別アーカイブ 

カテゴリー 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

おすすめ書籍 



読書履歴! 









検索 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




--/--/-- --:--|スポンサー広告

2008年映画総評邦画各賞発表!!

各賞に影響しそうな映画の鑑賞を既に終えていることもあり、少し気が早くはありますが、今年の映画総評の締めとなる邦画各賞の発表となります。今年は良作やいい演技をした俳優が多いこともあり、かなり選出に悩みましたね。こういう悩みはうれしいものです。


選出項目は例年と同じく、


●最優秀邦画作品賞
●最優秀主演男優賞
●最優秀主演女優賞
●最優秀助演男優賞
●最優秀助演女優賞
●最優秀製作者賞
●管理人特別賞

となります。

俳優の選出に関しては、名前の後にその俳優が出演した映画名を明記しますが、その俳優が複数作品に出演し且つ管理人もその複数作品を見ている場合、選出の決め手となった作品名を「太字」とします。


<追記>

邦画選出対象作品に「ち~ちゃんは悠久の彼方に」「ドロップ」を追加





●最優秀邦画作品賞

・大賞:「ハッピーフライト」
・次点:「東京少女」「トウキョウソナタ」「闇の子供たち」

「三本木農業高校、馬術部」「ハンサムスーツ」「イエスタデイズ」「落語娘」「アフタースクール」「ラブファイト」などなど、今年は下半期公開作を中心に良作が揃った。

中でも、夏帆の演技と存在感が素晴らしかった「東京少女」、芸術的な映像構成に実力派俳優の熱演、時事的な社会問題や家族という最小集団の混とんを描ききった「トウキョウソナタ」、「児童売春や臓器提供」の問題を切に捉えた「闇の子供たち」が印象に残ったが、しかし、終わってみれば、「スウィングガールズ」「ウォーターボーイズ」の2作をして邦画ブームの火付け役となった功労者、矢口監督の久々の新作「ハッピーフライト」の圧勝だったように思う。

今作の選出理由であり圧倒的な強さであるのは、細部の小道具や役者の台詞一言に至るまで話しや設定、人物描写に絡める作りの上手さと、それ以上に鑑賞者を全く選ばない優れた娯楽性である。次点の3作にはこれがなかった。業界をけん引するに足る娯楽性・魅力溢れるこのような作品こそが、今の映画邦画業界においてもっとも必要ではないだろうか。



●最優秀主演男優賞

・大賞:谷原章介(「ハンサムスーツ」)
・次点:
 
 林遣都(「ラブファイト」「DIVE」「ち~ちゃんは悠久の彼方に」)
 香川照之(「トウキョウソナタ」)
 江口洋介(「闇の子供たち」)


●最優秀主演女優賞

・大賞:夏帆「東京少女」「うた魂♪」「砂時計」)
・次点:

 堀北真希(「東京少年」)
 綾瀬はるか(「僕の彼女はサイボーグ」「ICHI」)
 長渕文音(「三本木農業高校、馬術部」)

1作単位での演技、特に技量においては他者に劣る面があったものの、出演した作品の質の安定感と演技の安定感の2点に関し誰も寄せ付けなかったことを最大限に評価し、大賞は夏帆に決定。

綾瀬も選出理由としては夏帆と近い感じになるのだが、ほぼ主役かな?と言える「ハッピーフライト」を除く2作の出来が夏帆の「東京少女」を除く2作品程ではなかったので次点に。今年スクリーンを通して最も美しかった女優は彼女だと思う。

この両者は今年、スクリーンを通して自らの魅力を出し切れた今年を代表する女優であった。

堀北は、男女両役を見事に演じ切った技量と意気込みとを評価して選出。今作及び「篤姫」でのあおい様との共演でさらに実力と評価を上げた彼女は、今年最強のU-22女優に成長したと言っても過言ではないのでは? これからの活躍が本当に楽しみである。

長渕文音は映画初出演ながら、動物と自然相手の過酷な撮影環境をもろともせず堂々と役を演じ切った根性を最大限に評価して選出。正直ルックスは今の若手女優に比べると劣る面もあるが、何か不思議な魅力が彼女にはある。2世芸能人ということで不当に非難されたり厳しく評価されたりということがこれからも多々あるだろうが、2世芸能人が故に得た貴重な経験に恥じない活動を今後していただけたらと思う。


●最優秀助演男優賞

・大賞:堺雅人「クライマーズ・ハイ」「アフタースクール」)
・次点:

 浅野忠信(「母べえ」)
 山崎努(「おくりびと」)
 大沢たかお(「ラブファイト」(「ICHI」)

大賞は「クライマーズ・ハイ」で主役の堤を喰ってしまうような鋭い演技と存在感とを見せた堺に。ほんとこの人はもの凄く上手い役者だ。山を下りた後、堤が演じる悠木を睨みつける場面がとても印象的であった。

浅野は甲斐甲斐しく吉永演じる女性を支え、一方で飄々と特高からの追及をかわす演技が良かったので。選出した浅野も大沢も、ほんと役によって全然印象が変わってしまうところが流石であると思う。


●最優秀助演女優賞

・大賞:尾野真千子(「クライマーズ・ハイ」)
・次点:
 
 宮崎あおい(「闇の子供たち」「陰日向に咲く」)
 檀れい(「母べえ」)

最後の最後まで、尾野か宮崎のどちらを選出するかで悩んだ。年齢は尾野の方が上であるが、積んできた経験と実績は宮崎の方が圧倒的に上であるので、そのことを考慮して尾野を選出。男性社会である新聞社において、一人新人女性記者として奮闘する役を見事に演じ切った演技力と愛らしいルックスが印象的で、上記選出した堺と共に作品を大いに盛り上げ、質を盛り上げたと思う。

宮崎あおいは主役ではないが、実質江口とW主役と思わせる上手さと魅力、それをしての確かな存在感を評価して。江口だけであったら「闇の子供たち」の評価は下がったことだろう。

檀れいは、出番こそ少なかったが、往年の吉永に匹敵するルックスが素晴らし過ぎたので選出。この人には勝てません。最強の30代女優は彼女でしょ。


●最優秀製作者賞

・大賞:矢口史靖(「ハッピーフライト」)
・次点:

 丹羽多聞アンドリウ(「東京少女」「東京少年」)
 黒沢清(「トウキョウソナタ」)
 阪本順治(「闇の子供たち」)

最優秀制作者賞は、多くの人が当たり前のように利用しているが、その実態はあまり知られていないであろう飛行場や乗務員の仕事やシステムについて、コミカルに鑑賞者に紹介しつつ一つの物語・娯楽作品として成立させた矢口監督しか考えられない。

次点は若手女優を積極的に起用し続け、映画の面でも女優育成の面でも確かな成果を上げている丹羽多聞アンドリウに。今の若手女優シーンにおける最大の功労者かもしれない。

黒沢・坂本両名は時代を反映した社会派作品を作り上げた手腕を評価して選出。


●管理人特別賞

・大賞:小池里奈(「青空ポンチ」)
・次点:

 肘井美佳(「ハッピーフライト」)
 桐谷美玲(「同級生」「ドロップ」)
 飛鳥凛(「ひぐらしのなく頃に」)
 金澤美穂(「容疑者Xの献身」)
 桜庭ななみ(「同級生」)


これはもう、管理人特権を利用して多人数選出。しかし、大賞は映画は最悪であった「青空ポンチ」において一人まともな演技をし、さらに問答無用の、あの夏帆すら上回るとすら思えるかわいさを評価して。やばい、やばすぎるよ、彼女。

肘井は「ハッピーフライト」で出来るルックス・演技と共に印象的で終盤岸辺演じる役とともにディスパッチャー役として結構おいしいところをさらっていたことを評価して。

桐谷は演技はまだまだだが、とにかくそのスレンダーな体型とルックスが良いので選出。

飛鳥は長澤まさみに通ずるアイドル的ルックスとグラマーな体型を評価して。金澤・桜庭はキュートなルックスと将来性を買って選出。

スポンサーサイト




2008/11/30 02:02|映画評トラックバック:0コメント:2

コメント

はじめまして。
これとこれの前日のブログ記事って個人的にやってるものなのですか?
だとしたら個人的にやってることをもっとわかりやすく書いてほしいのですが・・・。
結構巷の評価と大きく異なっていたりして、そういう賞があるのかと思い、ネット検索してしまいました・・・笑
サツマ #NTJkZkUA|2008/12/02(火) 05:10 [ 編集 ]

わからなかったですかね?
>サツマ様へ

はじめまして。書き込みありがとうございます。

えっと、見るからに個人ブログですので、もちろん個人的にやっているものですが・・・。

文章や冒頭の言葉からも個人的にやっている旨お分かりいただけるものと思っていたのですが。誤解があったようで申し訳ございません。

バツ丸 #-|2008/12/02(火) 18:48 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://badtzmaru.blog34.fc2.com/tb.php/809-c11bf8e8

プロフィール 

聴いた曲の履歴!! 



プレイリスト詳細

アクセスカウンタ 

,
・トータルアクセス



・ユニークアクセス





ランキングに参加しています。よろしければクリックしていただき、投票にご協力いただけたらと思います。

その他コンテンツ 

・バツ丸のヲタク拝見
・過去のレビュー
・以前の他事争論
・名盤紹介
・墓場に持って行きたい曲
・月別CD DVD購入&試聴記録
・アルバムレビューについての説明

リンク 

ブログ検索 

おすすめCD!! 

購入・試聴CD 











DVD・その他 

Copyright(C) 2006 バツ丸のエンタメ問答 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。