バツ丸のエンタメ問答

音楽・映画・本好きのためのよろずやブログ

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

カレンダー 

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ただいまのお時間 

最近の記事 

月別アーカイブ 

カテゴリー 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

おすすめ書籍 



読書履歴! 









検索 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




--/--/-- --:--|スポンサー広告

お勧めドラマ「ラブレター」~松嶋友貴奈がとんでもない!!

今放送中のTBS系ドラマ、愛の劇場シリーズ40周年を記念する作品「ラブレター」、いや~非常に面白いですね。


ainogekijyo.jpg




クライマックスが終わり、既に終息へと向かっている「篤姫」に変わり、今管理人がめちゃくちゃはまっているドラマは、TBS系列の昼ドラマ「ラブレター」であります。

自然豊かな小豆島を舞台に、生まれつきの聾唖者で幼少時に親に捨てられたヒロイン美波の、かけがえのない人との出会いを通して成長していく様を描いた作品。

流石に「愛の劇場40周年」を記念する作品だけはあり、ストーリー・演出・役者の演技と魅力等々非常に完成度が高いです。閉鎖的な過疎集団で聾唖者の苦労や苦悩を描き出しているのも新鮮ですね。一話に一回泣きそうになりますわ。

とにかく、母親役の粟田麗とヒロインの幼少時代を演じる松嶋友貴奈の演技が素晴らし過ぎる。

特に松嶋友貴奈ちゃん、凄いです。美少女です、1996年生まれの12歳と自分の年齢からはもう想像もつかない若さですが・・・(汗

しかし、凄いのはルックスだけでない!! 演技も素晴らしいのです!!

公式サイトインタビューのところでは、里親(父親)役を演じているふっくんが、

「稽古のときからグーッときて泣きそうになりました。友貴奈ちゃんはドラマは初めてだっていってたけど、疲れも見せず、ずっと手話の練習もして、一生懸命にがんばっている姿を見てびっくりさせられましたね。こっちがドキッとするくらいのお芝居を見せるんです。こっちも頑張らないと、と改めて思いました。」

と語っていますが、ほんと素晴らしい。ほとんど演技経験のない初主演とは全く思えない。はじけるような笑顔はもちろん、

matushimayukina4.jpg


辛くて泣きそうになったり落ち込んだりしたりしているときの表情がそれ以上に良いのです。

matushimayukina5.jpg

matushimayukina6.jpg

matushimayukina7.jpg


中でも第3話ラスト、かたくなに手話をすることを拒んできた美波が初めて手話を里親達に見せるシーンにはマジ泣けました。「私は、かわいそうなんかじゃない!!」と里親達に手話で訴えかけるその姿に根こそぎ魂を持っていかれましたよ(号泣)。今日の演技ももちろん素晴らしく、合唱コンクール場面において涙をこらえてもこぼれてしまう悲しみの表情から一点、はじけるような笑顔に変わるところでは、「この子神か!!」と思いましたよ。


「ユリイカ」の時のあおい様レベルとまではいきませんが、初めて大後寿々花や成海璃子を見たときぐらいの衝撃を感じました。いや、それを超えるかも。美少女度では松嶋ちゃんの方が上ですね。 既に女優としての魔性の魅力をこの子は持っています。

素晴らしい女優には、宮崎あおい、成海、大後のように「初めて出てきた時から圧倒的な存在感と天性の資質を見せる天才型」と、堀北や綾瀬のように「出てきた時はそれほどではなかったけれど、経験を積んで資質を一気に開花させた努力型」の2種類あるように思いますが、彼女はまごうことなき前者ですね。

今14歳の小池里奈とともに、「ポスト成海・大後」と言うべきネクストジェネレーションだと思います。この子は間違いなくブレイクすると断言しましょう。 何かもう、かなりヤバイのを承知で、オヂチャンぞっこんです!!と吠えてみます。松嶋と言えば今の所「松嶋菜々子」でしょうけど、「友貴奈」ちゃんの名が知れ渡るのも、そう遠くないことのように思います。この子の活躍を早くスクリーンで観たいものですね。

ヒロインの中高生時代をリハウスガールの山下リオ、大人時代を何故か鈴木亜美が演じますが、下手したらこの2名様喰われかねませんな。 こういう年代記的ドラマって子役から人が代わっていくたびにグレードダウンすることが結構ありますからね。恐らく来週ぐらいから山下リオに代わるでしょうけど、本当に残念。同じ愛の劇場シリーズの「砂時計」みたいに、子供時代で7・8割やってくれたらな~。一番最後があみ~ごとはちょっとどうなのさ。


ところで、今作では学校の女教師役で香子さんが出演していますね。全然知らなかったですけど、この人倉木麻衣や岸本早未のバックダンサーだったのですね。今では女優活動にも力を入れているようですね。「瞳」でのダンス講師役も彼女だったとは・・・。

しかも所属がエイベックス系列の事務所とは・・・。何かね・・・。

ま、そんなこと関係なしに手話ができる教師を好演していると思います。しかも結構な巨乳さん・・・。


個人的にはどっかの動画サイトとかで第一話からの鑑賞をお勧めします。
スポンサーサイト




2008/12/01 20:36|ドラマ・テレビ番組評トラックバック:0コメント:0

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://badtzmaru.blog34.fc2.com/tb.php/810-1178dc60

プロフィール 

聴いた曲の履歴!! 



プレイリスト詳細

アクセスカウンタ 

,
・トータルアクセス



・ユニークアクセス





ランキングに参加しています。よろしければクリックしていただき、投票にご協力いただけたらと思います。

その他コンテンツ 

・バツ丸のヲタク拝見
・過去のレビュー
・以前の他事争論
・名盤紹介
・墓場に持って行きたい曲
・月別CD DVD購入&試聴記録
・アルバムレビューについての説明

リンク 

ブログ検索 

おすすめCD!! 

購入・試聴CD 











DVD・その他 

Copyright(C) 2006 バツ丸のエンタメ問答 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。