バツ丸のエンタメ問答

音楽・映画・本好きのためのよろずやブログ

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

カレンダー 

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ただいまのお時間 

最近の記事 

月別アーカイブ 

カテゴリー 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

おすすめ書籍 



読書履歴! 









検索 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




--/--/-- --:--|スポンサー広告

sfpリレー記事5(2008年のsfpを思う)

2月21日にワンマンライブが決定し、またまたsfp熱が上がっちゃいましたね。2009年の最優秀ライブが早くも決まってしまいそう。来年もsfp圧勝の一年となるのか?

というわけで、まだまだ続いているsfpリレー記事ですが今回で5回目です。今回のお題は「2008年のsfpを思う」で秋さん運営「適当日記」のこの記事(http://tekito.net/sfp/eid1374.html#sequel)を受けております。

まあ、総括的内容や個人的感想となり、さんざんこのブログでsfp関連のことを読まされている方々にとっては「またか」と思われること必至でしょうが、それでも書いていきますよ!!





2008年のsfpに対して思うことは、リレー記事相手である秋さんと同じく「満足」の一言しかない。というか、これ以外に言いようがない。

2007年に発表された2枚のミニアルバムの発表受けての、年をまたいでのライブツアーから始まり、3月のワンマンライブ及びそれ以降のライブおける精力的な新曲・未発表曲披露、見事なパフォーマンス、sfp初のタイアップ起用、大阪ミナミフェス参加、そして圧巻の作品「Riff-Rain」の発表・・・。

音楽的にも、もちろん賛否両論はあろうが、外部アーティストをプロデューサーとして招聘しての作品作りにより、新たな方向性の確立に成功し、自らの殻を破ったことは非常に高く評価できる。

ファンとしてこの活動ぶりを不満に思う者はなかろう。

と、これで終わってしまうのであるが、それではあんまりなのでもう少し冷静な視点で書いていこう。


2008年のsfpは、上記隙のない活動をして今後における更なる躍進のための「万全な準備」を果たせた1年であったと言ってもいいのではないだろうか。2004年から活動し、2007年初めに最初の音源作品をリリースしたわけであるが、地道なライブ活動と己が実力・魅力とで築き上げてきたものが、

ワンマンライブの成功、今までそんなにライブで行っていなかった大阪での複数回に及ぶライブ、BSとは言え若手女優を発掘し育てることに定評のある制作者の番組へのタイアップ、mixiニュースでの取り上げ、そして、タワーレコード全面協賛による先行独占限定盤の発売とそれの好調な売れ行き・・・。さらには、その作品に対する業界関係者からの熱いコメント文・・・、

とある程度の明確な形で花を咲かせたように思う。既に業界各所からもアーティストからも彼らは注目される存在となっている。後彼らに足りないのは、一般的な知名度だけだろう。

しかし、年末年始もほぼ休むことなく活動し、さらには2月にワンマンライブが決定するなど、既2009年の序盤の活動に関しても既に準備万端だ。春にはメジャーデビューもうわさされている彼ら。ひょっとしたら、瞬く間にメジャーの看板アーティストとして君臨するかもしれない。

そんなまさかと思う人もきっとおられるだろう。だが、ほんの数年前のPerfumeやSuperflyがどうであったかを考えれば、そんなにおかしな予想とは個人的には思わない。彼らにもブレイクする可能性は十二分にある。


個人的な本音を言えば、彼らにビックになってほしいと思いつつ、ビックになりすぎて今のPerfumeのように手の届かない所に行ってほしくないとの気持ちもある。「最強のインディーズバンド」として君臨し続けてほしいとの思いもある。

だが、それでも彼らにはより広い舞台で活動していただきたいというのが偽らざる気持ちだ。


来年におけるsfpの更なる躍進を切に願いつつ、来年を終えるとしよう。


<追記>

次のお題はかなりの難題となりますよ。まずは自分が回答せにゃならんのですけどね。
スポンサーサイト




2008/12/29 23:37|バツ丸の戯言トラックバック:0コメント:7

コメント

sfp,少し聞いてみましたが、
いいと思いますよ、少なくとも日本のポピュラーの中では。 ただ、過去の曲を凌駕する何かを感じるまではありません、私的には。
しかし、センスの悪い日本のメジャー音楽をsfpなどが変えていってほしいですね。
大衆は、レベルの低い愚衆であることが当たり前ですから、良いものは理解されにくいのは当たり前なんでしょうけど。
少しでも日本人のセンスが良くなり、芸術を深く追求して行く人が増えてほしいですね。
pp #-|2008/12/30(火) 16:19 [ 編集 ]


YouTubeで”Wagner Die Walkure Act3”
よろしければ、ご感想を。
ボーカルにお詳しいバツ丸さんだと思いますので。
表情、立ち姿も素晴らしいと思いませんか?
pp #-|2008/12/30(火) 16:36 [ 編集 ]

あれこれ
>ppさんへ

どの音源をお聴きになって判断されたか分かりませんが、もしこのブログでリンクを貼った試聴音源で判断されたのであれば、評価・感想・判断の上で全く参考にならないことを明言しておきます。

個人的なスタンスとしてはメジャー音楽に批判的ではありますが、一方でメジャーならではの良さや良いアーティストの存在を確かに感じれてもいます。

>大衆は、レベルの低い愚衆であることが当たり前ですから、

はちょっと言い過ぎなような気もします。良質なリスナーは多々居ると思います。


音楽は芸術の一つではありますが、芸術性の追求だけが音楽の本質・魅力ではないように思います。特に娯楽性も多分にあるポップス・ロックに関してはさらにその傾向が強まると思いますね。

芸術性を追求していくのはもちろん大事ですが、そんな音楽ばかり溢れてもシーンは非常につまらなくなるでしょう。

で、リンク先の映像見ましたけど、個人的には特に思うところはありません。確かに歌唱・パフォーマンスは凄いですけど、率直に言ってオペラやクラシックの歌唱って、個人的には全く個性が感じられないのですよね。ようは誰も彼も同じようにしか聴こえず、退屈です。声楽的歌唱方法を追求していくと、皆均質的になっていくのですよね。

(音の波形を見ると、サインカーブが似通ってくる、ということは時折研究者や音楽サイト運営者にも言われていますが・・・。)

バツ丸 #-|2008/12/30(火) 20:04 [ 編集 ]


ありがとうございます。
確かに、声に個性が失われてくる。
これは、クラシックだけでなく、ポピュラー系の歌手にもトレーニングをすればするほど、個性が感じられなくなるように思うことがあります。
視聴音源からCDを買われる動機を決める人も多いと思いますので、それが評価の対象にならないというのは大きな問題があると思います。
それっきりで、評価外になって二度と聞かなくなるからです。
ちなみに私は"you tube"からです。

芸術性については、全てそうなって欲しいとは思いませんが、バツ丸さんなどの頑張りでテレビなどでもう少しは、まともな演奏家が出てきて欲しいと思います。
pp #-|2008/12/30(火) 22:05 [ 編集 ]

さすが
こちらの記事ははあまりにもミーハーかつ個人的に書きすぎたので、バツ丸さんの視点に「なるほど」と、新たな発見が出来てとても興味深いです。リレー記事を思いついた段階ではここまで深く考えていなかったのが、回を重ねるごとに面白くなってます。個人的な趣味に付きあっていただけて大変嬉しいです。

さて、次のお題が何なのかが恐ろしく気になります。難題とのことなので、かなりの覚悟を決めてかからなくては・・。
秋 #MMeZBUE.|2009/01/02(金) 20:08 [ 編集 ]

Re: タイトルなし
>ppさんへ

これは、クラシックだけでなく、ポピュラー系の歌手にもトレーニングをすればするほど、個性が感じられなくなるように思うことがあります。

>確かにR&Bや演歌などにその傾向が見られますが、クラシックやオペラ程ではないと思います。


>視聴音源からCDを買われる動機を決める人も多いと思いますので、それが評価の対象にならないというのは大きな問題があると思います。

確かにその通りですが、実質プログレやメタルなど大曲や複雑な構成を見せる曲が多いジャンルや、音の作り込みに長けたアーティストなどは、試聴音源が全く評価の参考にならないことが結構あります。試聴音源云々というのはあくまで、より売上に比重の置かれた商業音楽に関することであり、そういったものと一線を画すアーティスティックな音楽に関して同様の意見を言うのはどうかと思われます。

芸術性については、全てそうなって欲しいとは思いませんが、バツ丸さんなどの頑張りでテレビなどでもう少しは、まともな演奏家が出てきて欲しいと思います。

ポップスに関しては必ずしも演奏がまともだから良い、ということにはなりませんので、ようは楽曲や歌い手に魅力があればいいと思います。様々な魅力を有すアーティストでひしめく多様なシーンの構築こそが個人的に願っていることですね。


バツ丸 #-|2009/01/06(火) 23:19 [ 編集 ]

Re: さすが
>秋さんへ

こちらの記事ははあまりにもミーハーかつ個人的に書きすぎたので、バツ丸さんの視点に「なるほど」と、新たな発見が出来てとても興味深いです。リレー記事を思いついた段階ではここまで深く考えていなかったのが、回を重ねるごとに面白くなってます。個人的な趣味に付きあっていただけて大変嬉しいです。


>いえいえ、こちらこそ楽しんでやってますよ。

> さて、次のお題が何なのかが恐ろしく気になります。難題とのことなので、かなりの覚悟を決めてかからなくては・・。


ふふふ、間もなく公開しますので覚悟を決めておいてくださいな。
バツ丸 #-|2009/01/06(火) 23:23 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://badtzmaru.blog34.fc2.com/tb.php/829-199054f1

プロフィール 

聴いた曲の履歴!! 



プレイリスト詳細

アクセスカウンタ 

,
・トータルアクセス



・ユニークアクセス





ランキングに参加しています。よろしければクリックしていただき、投票にご協力いただけたらと思います。

その他コンテンツ 

・バツ丸のヲタク拝見
・過去のレビュー
・以前の他事争論
・名盤紹介
・墓場に持って行きたい曲
・月別CD DVD購入&試聴記録
・アルバムレビューについての説明

リンク 

ブログ検索 

おすすめCD!! 

購入・試聴CD 











DVD・その他 

Copyright(C) 2006 バツ丸のエンタメ問答 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。