バツ丸のエンタメ問答

音楽・映画・本好きのためのよろずやブログ

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

カレンダー 

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ただいまのお時間 

最近の記事 

月別アーカイブ 

カテゴリー 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

おすすめ書籍 



読書履歴! 









検索 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




--/--/-- --:--|スポンサー広告

2008年音楽総評~ベストアルバム20発表~その2 ベスト10発表!!

ベストアルバム発表、今回で終了します。これで全作発表となりますが、いかがでしょうか?

ご感想や他のお勧め作品等教えてただけると幸いです。







・10位 「mass of the fermenting dregs」

mass of the fermenting dregsmass of the fermenting dregs
(2008/01/16)
MASS OF THE FERMENTING DREGS

商品詳細を見る


ことインストのカッコよさと突進力、テクニカルさ、及びそれと融合する煽情性に関しては、女性バンドとは思えぬほどの魅力がありますね。本能の赴くままに一発録りで録音されたことによる臨場感溢れる演奏にキャッチーな歌唱とメロディーセンスとの高度な融合は個性的であるだけでなく、十分メジャーで通用する魅力があると思います。

ただ、今月ニューアルバムが出ますが、ドラマー脱退&不在の状況が作品の出来にどのような影響を及ぼすのか、不安が否めません。


・9位 101A 「lethe」

lethelethe
(2008/01/16)
101A

商品詳細を見る


グランジ的な暴力性や荒々しさと、ポストロック的神秘性・美しさ・繊細さとを高度に融合させた楽曲は独特の美しさと耽美性、退廃感に満ちています。打ち込みと生演奏を織り交ぜたサウンド構築の巧みさもさることながら、この魅力の源泉とも言える女性ボーカルの声質・歌唱がたまりませんね。


・8位 彩音 「Elephant Notes」

Elephant NotesElephant Notes
(2008/08/06)
彩音

商品詳細を見る


業界を代表するゲーソン・アニソン歌手彩音の2ndアルバム。全曲タイアップ付という端的な事実が象徴するように個々の楽曲の完成度は非常に高く、聴きやすさに秀でています。志倉を軸とした制作陣の力量の高さもありますが、やはりこれら楽曲のレベルをさらに高める彩音のボーカリストとしての資質の高さが何よりも大きいのではないでしょうか? 今のメジャーにおいて彼女ほど王道ポップスを体現しているアーティストは居ないとすら思います。

彼女にはこの調子で今後も業界をけん引していただきたいですね。


・7位 miimi 「ephyra」

ephyraephyra
(2008/01/09)
miimi

商品詳細を見る


ポストロック、ミクスチャーとも言うべき音楽性ですが、トリプルギター・ベースレスという極めて特殊な編成がもたらす独特の重みとゆがみと、それに乗っかる情念系的ボーカルの対比が人間の情念や混沌を上手く表現していますね。

結構前衛的ではありますが、適度な抑制が聴いており且つ複雑なサウンド構成とは対照的にメロディーが明快なのもいいと思います。


・6位 kacica 「mozaic」

MOSAICMOSAIC
(2008/03/31)
Kacica

商品詳細を見る


自分をポストロックの世界へといざなってくれたkacicaの2作目。初のフルアルバムとなった今作ではありますが、ダンスやロック色を曲によって強めるなど更なる進化を感じさせる力作に仕上がっています。その芸術性・前衛さは孤高の領域に入っていると言えるでしょう。真にアートポップ・ポストロックと言うに足る音楽だと思います。


・5位 OLIVIA 「Trinka Trinka」

Trinka Trinka(初回限定盤)(DVD付)Trinka Trinka(初回限定盤)(DVD付)
(2008/09/17)
OLIVIA

商品詳細を見る


エイベックスの異端児OLIVIAのミニアルバム。往年にあったミクスチャー色や攻撃性がほとんどなくなっているのが残念ではありましたが、美声と優れたメロディーセンスを生かしたアンビエントで深遠且つ美しい音楽性は高レベルで堅持されています。これで往年の攻撃的な楽曲があれば言うことないのですが・・・。


・4位 殻 「五月蠅」

五月蠅 (さばえ)五月蠅 (さばえ)
(2008/10/24)


商品詳細を見る


2008年私的隠し玉その2。ポストロック、へヴィーロック、へヴィープログレ、ミクスチャー、アートポップなどなど様々な音楽性を渾然一体とさせたカオスティックな音楽性と、それを破たんなく可能とする優れた音楽センス、特にギターとドラムの怪しげでアンビエントな演奏と巧みなリズム感が、まるで催眠の如く聴き手を彼らが構築する耽美でメランコリックな暗黒世界へといざなってくれます。美しいボーカルの声質も素敵ですね。演奏・作曲・編曲・作詞等々すべてにおいて表現力がきわめて高いです。


・3位 UNLIMITS 「夢幻シンドローム」

夢幻シンドローム夢幻シンドローム
(2008/06/18)
UNLIMITS

商品詳細を見る


2008年の隠し玉その1。激「哀愁」メロバンド、UNLIMITSの1stアルバム。自主製作で発表された各シングルのリードトラックを中心に構成された「半ベスト」的アルバムということもあり、収録各曲の完成度は非常に高いですね。哀愁メロの洪水・・・、そう称すのが適当としか思えないほど、全編絶品の哀メロで満ちています。すべてのクサメロ・哀メロファン必聴!!


・2位 Perfume 「GAME」

GAMEGAME
(2008/04/16)
Perfume

商品詳細を見る


曲や歌唱のあり方に批判も多いですが、個人的に2008年のメジャー作品でPerfumeの今作の出来は圧倒的であったと思います。既発のシングルの出来の良さもさることながら、アルバムオリジナル曲の出来も非常に素晴らしいものがありました。既に頂点を極めてしまった今、彼女らの今後に不安がなくもないのですが、これからも良い曲を送り出してくれることに期待したいですね。


・1位 school food punishment 「Riff-Rain」

Riff-rainRiff-rain
(2009/01/14)
school food punishment

商品詳細を見る


やはり2008年ナンバー1作品は今作に尽きるでしょう。実質今年の作品ではありますので、2年またいでのナンバー1作品にもなりそう。楽曲に関しては個人的に思うところもあるのですが、楽曲を構成するあらゆる点でこれ程までの完成度を見せつけられればグウの音もでませんわな。1曲目から最終曲まで全く付け入る隙がありません。

特にボーカル内村・シンセ蓮尾の存在感とパフォーマンスが凄すぎ!!

繊細でリリカルな詞世界もおみごと。

それにしてもこんな作品作ってしまってどうすんのよ!!

今年はきっとsfp飛躍の1年になることでしょう。

未発表曲もいっぱいあるようですし。


<軽い総評>

11位から20位に関してはメジャー8作・インディーズ2作と圧倒的にメジャー作品が多いが、1位から10位に関してはメジャー3作・インディーズ7作品と逆の結果になった。全体ではメジャー11作・インディーズ9作と、昨年のインディーズ6作をさらに超える結果となり、個人的なインディーズ依存がさらに強まった1年と相成った。

メジャーの作品の出来が必ずしも悪かったわけではないが、社からの猛烈なプッシュに見合わない質の低いアーティストが多かったのも事実。全体的にはインディーズがメジャー以上に良い作品を送り出し、相対的に「メジャーのふがいなさ」を認識させられたように思う。ことハードロックロック・へヴィーミュージックやグループアーティストに関しては、それが一層顕著であった。

さて、世間的な大不況の問題も相まって、今後の音楽シーンの状況に楽観は許されないが、こういう状況だからこそ、シーンや日本に漂う閉塞感を打ち破ってくれるような本質的な実力・魅力を有したアーティストに一刻も早く登場していただきたいと願わずにはいられない。

デジタル技術やネットワーク技術の発達によりインディーズとメジャーとの垣根が取り払われると、何年か前には思っていがのだが、実際は未だにその厚さを感じる日々である。素晴らしい人材でひしめくインディーズのアーティストがもっとメジャーへと行ければ、シーンはもっと活性化するように思うのだが・・・。

とりあえず、春にメジャーデビューがうわさされるschool food punishmentに希望を託すとしよう。

スポンサーサイト




2009/01/05 19:56|音楽総評トラックバック:1コメント:7

コメント

感想は、まあ、いいのかな~、全体的に
出来れば、YOUTUBEをこのブログに貼ってもらえば助かります、面倒さが少なくなり、聞く機会が増えると思います。
ポピュラー系では、最近はサイモン&ガーファンクル、ロッドスチュアート、メリーホプキン、ジョンデンバー、エンヤ、アバなど。。。です
クラ系では、ハチャトゥリアン、ショスタコ、シベリウス、マーラー、ブルックナー、バルトークなどです。録音時は、1950年~1970年代が多いです。
ポピュラー系はCDで聞くことは、ほとんどないです。クラ系は、CDでないと聞けません。
30年以上前から、ポピュラー聞いてますが、ほとんど忘れられる、演奏されなくなる曲ばかりで寂しいです。その点べートーベンなどは、今でも演奏され評論され研究されているので聞き込み甲斐があります。
pp #-|2009/01/06(火) 14:49 [ 編集 ]


評価というものは、何年もかけて行うものと思います。 やはり数年~数十年後、何回でも聞いているような曲が評価は高いです。
数回聞いただけでは、数年後聞いているかは判断出来辛いです。
バッハなどクラ系でも、評価されるのに100年以上かかった曲も多いです。
まあ、時間をかけて、じっくりと評価して行きたいですね。 複雑難解な曲などは、数十回聞いても難しい所は多々ありますし。。。
PP #-|2009/01/06(火) 20:43 [ 編集 ]

Re: タイトルなし
>ppさんへ

出来れば、YOUTUBEをこのブログに貼ってもらえば助かります、面倒さが少なくなり、聞く機会が増えると思います。

時々はやりますが、貼ると更新がやりづらいのであまり動画を貼りたくはありません。申し訳ないですが。


ポピュラー系では、最近はサイモン&ガーファンクル、ロッドスチュアート、メリーホプキン、ジョンデンバー、エンヤ、アバなど。。。です

>これらアーティストを最近と言うのはどうなんでしょう・・・。


クラ系では、ハチャトゥリアン、ショスタコ、シベリウス、マーラー、ブルックナー、バルトークなどです。録音時は、1950年~1970年代が多いです。
ポピュラー系はCDで聞くことは、ほとんどないです。クラ系は、CDでないと聞けません。

>ポピュラー系もCDで聴くべきだと思いますよ。CD音源で分かること、分かる魅力は非常に多いと思います。



>30年以上前から、ポピュラー聞いてますが、ほとんど忘れられる、演奏されなくなる曲ばかりで寂しいです。その点べートーベンなどは、今でも演奏され評論され研究されているので聞き込み甲斐があります。

バッハなどクラ系でも、評価されるのに100年以上かかった曲も多いです。


>各々音楽を取り巻く時代性や社会性があまりに違い過ぎますので、毎回クラシック音楽と比べて~とおっしゃられるコメント内容に疑問を感じます。

書き込みして下さるのはいいのですが、当サイトはクラシック音楽を扱うブログではありませんし、管理人もクラシックに関しては殆ど興味がありませんので、出来ればこういう系統の書き込みは管理人の立場として自制していただきたく思います。

もう少し、当サイトの特色を踏まえていただけたらと思います。クラシック音楽の魅力を語っているブログは他にいっぱいあると思われますが・・・。

バツ丸 #-|2009/01/06(火) 23:34 [ 編集 ]

UNLIMITSが気になります
YoutubeとかでPVチェックしたりで見聞きしてみたんですが、ちょっとUNLIMITSが気になりますね
かなり好みな感じで、出来ればライブで先に聞いてみたいですが、しばらくはなさそうな感じでちょっと残念です
sfpはライブがガンガンに決まってますね
まだ生では聞けてないのですが、これだけあればいずれかでチャンスが巡ってきそうです
ちょっと平日が多いのが難ですが

本題のアルバムに関して言えば、作品自体は知らないのも多くてコメントが難しいんですが、個人的に聞いてたのでは2008年はインディーズの方が面白い作品は多かった気がします
質とかで考えるとレコーディング環境などで必ずしもメジャーと同質とは言い切れないものの、メジャーでは出来ないような思い切りのよさのようなものはインディーズ作品の方が多く感じることが出来た気がします
音楽業界もなかなか不況から抜け出せないのが続いてますが、採算とかを考える前に面白いもの売り出してくる環境がもっと欲しいなと思ってます
みつる #-|2009/01/07(水) 01:17 [ 編集 ]

Re: UNLIMITSが気になります
>みつるさんへ

UNLIMITSは哀愁メロ好きにはたまらないと思います。sfpはライブ目白おし。ただ、これだけあるので体調を崩されないか心配ですが。ライブはかなり凄いので是非とも鑑賞してください。

ここ数年はインディーズでいい作品が多いですね。年々インディーズの比率が高まっていますね。音質に関しては劣る面がありますが、それを補って余りある楽曲の良さや面白さがありますね。思い切った作品作りもそうだと思います。

今はほんと不況ですからね。しかし、こういう時代だからこそ、よろしくない状況を払しょくする真に実力を有したアーティストに出てきていただきたいですね。


バツ丸 #-|2009/01/13(火) 12:22 [ 編集 ]


初めまして!

バツ丸さんは岡崎律子・メロキュアを知っていますか?

ぜひ聴いてみて下さい♪
キラ #tHX44QXM|2009/01/18(日) 23:03 [ 編集 ]

Re: タイトルなし
>キラさまへ

はじめまして。お返事遅れてしまい申し訳ありません。コメントありがとうございます。

> バツ丸さんは岡崎律子・メロキュアを知っていますか?


岡崎さんはアルバム持っていますよ。亡くなられたのが本当に残念です。
バツ丸 #-|2009/01/24(土) 19:26 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
★2008年アルバムベスト10発表!
 それではお待たせしました! 年間アルバムベスト10を発表します。 2008年のアルバム部門は近年稀に見る超激戦でした。 例年だったらベスト3に入ってもおかしくないアルバムがベスト10内にゴロゴロしています。  今年は歌姫ピラミッドのアーティストがほとんどアルバ
日本の歌姫たち 2009/01/10(土) 06:59

トラックバックURLはこちら
http://badtzmaru.blog34.fc2.com/tb.php/834-fc3b0156

プロフィール 

聴いた曲の履歴!! 



プレイリスト詳細

アクセスカウンタ 

,
・トータルアクセス



・ユニークアクセス





ランキングに参加しています。よろしければクリックしていただき、投票にご協力いただけたらと思います。

その他コンテンツ 

・バツ丸のヲタク拝見
・過去のレビュー
・以前の他事争論
・名盤紹介
・墓場に持って行きたい曲
・月別CD DVD購入&試聴記録
・アルバムレビューについての説明

リンク 

ブログ検索 

おすすめCD!! 

購入・試聴CD 











DVD・その他 

Copyright(C) 2006 バツ丸のエンタメ問答 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。