バツ丸のエンタメ問答

音楽・映画・本好きのためのよろずやブログ

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

カレンダー 

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ただいまのお時間 

最近の記事 

月別アーカイブ 

カテゴリー 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

おすすめ書籍 



読書履歴! 









検索 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




--/--/-- --:--|スポンサー広告

CDレビュー~思ったよりはマシだったが良さはあまりない

●GIRL NEXT DOOR 「GIRL NEXT DOOR」 評価:C-

ジャンル:J-ポップス ユーロビート


amalogo111.jpg
(2008/12/24)

1. Winter Game
2. Drive away
3. Power of love
4. 幸福の条件
5. WINTER MIRAGE
6. 情熱の代償
7. Fine after rain
8. Breath
9. Day's...
10. ESCAPE
11. Winter Garden
12. Climber's high
13. NEXT DOOR
14. 偶然の確率


<問題点・注意点>

1・曲数が多い
2・にもかかわらず楽曲のパターンが似通っている
3・脆弱なボーカルの歌唱
4・詞が幼稚

今回はエイベックスから驚異のごり押しが凄まじいまでの反発を招いている新人グループ、ガルネクのファーストアルバムを取り上げます。




練習生として来ていたボーカル千紗に目をとめた松浦自らが見出し、2008年、社の歴史上初の「Produced by avex trax」扱いでエイベックス設立20周年を記念する「社運を賭けた大型新人アーティスト」として世に送り出されたグループ、GIRL NEXT DOOR。メンバーの一人に活動休止中のday after tomorrow
(どーでもいいけど、エイベックスってEvery Little Thing、day after tomorrowと、英単語3つ合わせたグループ名が多いような)

のメンバー鈴木大輔がいることから「ポストDATか?」と、私のみならず多くの人が思ったことだろう。社運を賭けたにふさわしいグループ・音楽であることを期待したはずだ。しかし、蓋を開けてみたら、「収録曲全曲タイアップ付」「短期間で紅白出演」等々「社運を賭けた」にふさわしい超強烈なメディア展開とは対照的な、???なグループの有様や楽曲の出来が某所のレビューに代表されるようにリスナーからの猛烈な反発を生じさせているのが、現時点でのこのグループの実情となってしまっている。

散々存在する酷評意見に飽き飽きしていたこともあるのかもしれないが、個人的にはその酷評程の酷さを感じはしなかった。しかし、ごり押しが行き過ぎた販促と相まって、そういった厳しい意見を払しょくできる内容では到底ありえないとも同時に思った次第。


流石に鈴木がメンバーであることもあってか、音楽性の根幹はDATのそれを継承した打ち込み主体のエイベックス王道のポップスとなっている。メタリックな装いも出てきた後期DATではなく1st・2ndミニアルバム時のそれにかなり近いと言って良いだろう。

90年代後半以降のエイベックス躍進の原動力でありエイベックスの伝統とも言えるこの音楽性をあえて21世紀最初の10年の終りが近づいてきたこのご時世に送り出してきたことは、音楽主購入層が現在20代後半から30代半ばぐらいまであること及び、この年代に該当する人が若かりし頃に聴いていた音楽性であることを考えるに、商業的・音楽的な判断としては間違ってはいない、というよりもポイントを的確についてきたと言える。この年代にこういった音楽を聴いてきた層は体が無条件に反応することだろう。

ただ、やっていることはそれほど間違いではないのだが、その内容があまりに伴っていないことが問題なのである。

殆どの楽曲を鈴木が作曲しているのだが、それにふさわしくない極めて平凡な出来。彼が作ってきたDATの良曲・名曲らで感じたメロディアスさや瑞々しさ、スケール感がガルネクにもないわけではないが、総じてスケールダウンしているとの印象がぬぐえない。特に編曲がやや雑で悪い意味で軽く、さらにリズム・メロディー共にパターン化しているのも気になった。本当に鈴木が作ったのだろうか・・・。

しかし、一番の問題と言うよりも、このグループを取り巻く根本的な問題となっているのが、紅一点メンバーでありボーカルと作詞を担っている千紗の実力・魅力のなさだろう。

哀愁を感じさせる声質や伸びやかな歌唱には魅力や可能性がなくはないのだが、(デビュー当時お世辞にもうまいとは言えなかった)先輩にあたる持田香織やmisonoと比べても明らかに歌唱力が不安定で、さらにキンキンとした声質が耳につくのが決定的な差となっている。はっきりいって女子高生の素人カラオケとさして変わりないだろう。致命的なのは歌唱表現の単調さ。高音域を中心に歌い回しがかなり均質的で、楽曲そのもののパンチのなさと相まって一部曲を除きどの曲を聴いても同じようにしか聴こえない。CDショップのBGMとしてかかっているのをテキトーに聴き流す分にはまだいいのだが、少しでも集中して通しで聴く分には辛い。

この手の音楽が大好きな者ならともかく、そうでない不特定の一般層に遡及させるには楽曲の完成度や歌い手の魅力・実力共々貧弱に過ぎる。

加えて言うと、ボーカルのルックスやキャラクター性にも疑問あり。スタイルはまだいいが、ルックスは微妙でダンスも上手いとは言えない。これでも彼女が10代の半ばとかであるのなら、将来性がそこに存在するだけに良いのだが、彼女は85年生まれで今年24歳。
(この年代は女優ではWあおいを始め優れた人材でひしめいているが、不思議と歌姫では良い人材が居ない。音楽では82~83年生まれに、melody.、島谷ひとみ、Sowelu、伊藤由奈、倉木麻衣 等が居るのだが・・・。)

正直これから先の飛躍的な成長を期待出来るほどの実年齢ではない。一体エイベックスや松浦は彼女の何に「感じた」のだろうか。


90年代的音を今にやり、しかも今の主CD購入層を中心に幅広い層にアピールするのだから、往年のそれを凌駕する内容か最低でも同レベル以上のものを見せないとお話にならないだろう。でないと、結局「ELTやDATの好きな作品・曲を聴いていれば良い」との結論しか得ることが出来ない。ましてや、内容に対する評価・感想は個々にあるだろうが、今作の内容やボーカルの実力が「社運を賭けて」送り出すに足るものでないことだけは確実に言い切れる。もし、千紗を見出したトップの松浦をはじめ、エイベックスが本気で彼女らを「社運を賭ける」に足ると、彼女を「特待生」に足る実力があると思っているのだとしたら、もはや彼らのセンスや思考は世間一般のリスナーと宇宙光年レベルの隔たりがあると言わざるを得ない。

エイベックスは上場企業の会社だ。上場企業には更なる責任と信頼とが要求されるのは業界の常識。多くの人々を魅了してやまない優れた資質と魅力とを有すアーティストを排出する義務が絶対的に存在する。にも関わらずこの程度のアーティストを看板アーティストとして送り出す行為は、産地偽装や耐震偽装をしたり、汚染物質を混入したりしてきた悪徳企業と何ら変わりないのではないのか?

実力がないにも関わらず担ぎあげられた千紗もまたその被害者である。不相応なごり押しは誰のためにもならないと断言しておこう。エイベックス関係者には心から恥じて頂きたいところだが、そんなものは期待するだけ無駄か・・・。










・アーティスト評価
歌唱力4 ()
作曲6 ()
編曲7 ()
独創性5 ()
安定性6 ()
3 ()
総合5 ()
熱中度2 ()



スポンサーサイト




2009/01/27 23:15|アルバムレビュートラックバック:0コメント:12

コメント
まさかのレビューですね
まさかこれを取り上げるとは思ってもみませんでした
どんな評価を下されるのかちょっと楽しみです(笑)
みつる #-|2009/01/28(水) 00:19 [ 編集 ]

ゴリネク
ついに来ましたね笑。

ごり押しは置いといて、
やっぱり歌唱がカタイのが戴けない。。
だから何歌っても同じに聴こえる。
あとダンスもおかしなダンス(ロボットダンスのよう)で笑えます・・・。

それにELTに似てるとか言われてるけど、
全然違うと思います。音が。

まぁそれでもwinter gameと情熱の代償はマシかなと思います。
へちま #-|2009/01/28(水) 10:06 [ 編集 ]

平均
ELTなどのエイベックス的な音楽はそんなに嫌いじゃないんですが、良い曲を作ってやろう!みたいなものが感じられませんでした。「そこそこ」狙いみたいで。相対性理論レビュー予定でしょうか?楽しみにしています。 school foodのアルバムは凄すぎて素晴し過ぎて言葉になりません!新メンバーになってからもライブ行きました。前よりドラムとベースの音が大きくなっている感じがしました。前のジャズっぽい感じも好きでしたが、flowがやっぱり際立ってました。ジュディマリのトリビュート楽しみです!
さや #-|2009/01/31(土) 22:14 [ 編集 ]


こんにちは
私としてもガルネクに対する評価は似た感じです
"聴けなくはないが、敢えて聴こうとは思えない"といった感じです
個人的にavexにはalanさんや奥村初音さんといった方々に
お金をかけて欲しいのですが…
(alanも3月にアルバムがでるようです)


P.S.
ところでバツ丸さんが推薦なされている"school food punishment"ですが
ソニーからメジャーデビューされるみたいですね
ttp://natalie.mu/news/show/id/13027
Arthur Sonette #-|2009/01/31(土) 23:11 [ 編集 ]


全然違う話ですが、sfpがジュディマリのトリビュートアルバムに参加するみたいですね
いよいよ本格的に世間に打って出るって感じでしょうか?

話戻って、最近のavexは何がしたいか良く分かりませんね
現場に近い末端では良い人材を確保してるにも関わらず、社運をかけて売り出すのは一昨年の高杉といいへなちょこばかり
もっと金をかけて宣伝すれば売れるかもしれない人はいたりするのに、もったいないなと思います
みつる #-|2009/02/01(日) 12:34 [ 編集 ]

何をしてるんだか…
こんにちは。ガルネクのアルバム、よく店頭で流れてますが「CDショップで聞き流す分にはいいけど聞きこむのは辛い」という言葉には激しく同感します。

そもそもday after tomorrowが大好きである自分にとっては、そちらの活動再開を切に願ってます…音楽に興味を持ったきっかけが彼らだったので余計にガルネクと比べてしまいますね。そして比べれば比べるほど「鈴木さんどうしちゃったんだろ?」という気持ちに襲われます(汗)もともと彼の作る曲結構好きだったので余計にですが…

「ボーカルの魅力の無さ」というのはアマゾンのレビューとかでも散々言われてますがやはり今のところはっきり言って魅力は無いと思います。テレビとかでの自信満々な発言とかもどうかと…ホント「社長に見る目がない」という一言に尽きます。

そういえば倉木さんの最新アルバム聞きました。シングル曲などの不安要素があったんですが個人的にはかなり気に入りました。ボーナストラック扱いの2曲も案外溶け込んでいて悪くはないです。やっぱりレーベル移籍は成功だったのかな?またレビューします~
todo #-|2009/02/02(月) 01:12 [ 編集 ]

Re: まさかのレビューですね
>みつるさんへ

いやいや、取り上げてしまいましたよ。評価は既にご覧頂いていると思いますが。酷評されている程悪くはしませんでしたがよくもしなかったという感じですか。
バツ丸 #-|2009/02/05(木) 01:17 [ 編集 ]

Re: ゴリネク
>へちまさんへ

きちゃいました。

とにかく歌唱がいただけないですよね。これで特待生ってなのはどうなんでしょうね。ダンスも変です。Perfumeの方が圧倒的に上手いです。

ELT云々に関してはどうなんでしょうね。個人的には初期のELTの劣化版との印象が少しあります。ただ、どちらかと言いますと、DATなんでしょうけど。


ご指摘の2曲は自分もましだと思っています。
バツ丸 #-|2009/02/05(木) 01:20 [ 編集 ]

Re: 平均
>さやさんへ

エイベックスに関しては王道のデジタルサウンドよりもどちらかと言うと、オリビア、志方あき子といったアウトロー路線の方が好きかな。

確かに楽曲に意気込みを感じませんよね。男性メンバー両名はボーカルのパフォーマンスに納得しているのでしょうかね。疑問です。

相対性理論はレビュー予定です。ある意味sfpとまったく違う意味で凄いですね。

sfpはほんと凄いとしか・・・。トリュビュートはどうなんでしょうかね。個人的にはオリジナルで勝負してほしいのですが。
バツ丸 #-|2009/02/05(木) 01:25 [ 編集 ]

Re: タイトルなし
>Arthur Sonette さんへ

こんにちはです。ガルネクはね・・・。悪くなかったですが微妙でしたね。あえて聴く余裕はありません。あれば自分の人生バラ色です。

エイベックスはいい人材いますからね。alanさん、奥村さん、志方さん、oliviaさんと・・・。

alanさんはCOCCOさん作曲の新曲がとても良かったのでアルバムはとても期待していますね。

sfpはついにメジャーですかね。そう遠くないと思います。
バツ丸 #-|2009/02/09(月) 01:02 [ 編集 ]

Re: タイトルなし
>みつるさんへ

お返事遅れてしまって申し訳ありません。ジュディマリトリュビュートに参加しますね。これには驚きました。これを足掛かりにしてメジャーに躍り出てくれればとは思うのですが・・・。

エイベックスはね~。いい人材は居ますけど、同時に理解不能な人もいますので・・・。

高杉、ガルネクはその象徴でしょうな。もっと適切なところに労力をかけてほしいものです。
バツ丸 #-|2009/02/13(金) 23:26 [ 編集 ]

Re: 何をしてるんだか…
>todoさんへ

お返事遅れてしまい申し訳ありません。ほんとガルネクはテキトーに聴き流す分にはいいのですけど、集中して聴くと嫌になってきます。

misonoさんも当初、技術的にはガルネクの千紗と同レベルだと思いますが、魅力や叙情性の創出に差がありますね。曲も、鈴木さんの往年の楽曲に比べると・・・。


年齢も年齢ですし、ボーカルに飛躍的な成長は望めないでしょう。松浦が彼女の何に感じたのか理解できません。

倉木さんのニューアルバムはすでに聴いています。近々レビュー予定です。
バツ丸 #-|2009/02/13(金) 23:29 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://badtzmaru.blog34.fc2.com/tb.php/845-894c6263

プロフィール 

聴いた曲の履歴!! 



プレイリスト詳細

アクセスカウンタ 

,
・トータルアクセス



・ユニークアクセス





ランキングに参加しています。よろしければクリックしていただき、投票にご協力いただけたらと思います。

その他コンテンツ 

・バツ丸のヲタク拝見
・過去のレビュー
・以前の他事争論
・名盤紹介
・墓場に持って行きたい曲
・月別CD DVD購入&試聴記録
・アルバムレビューについての説明

リンク 

ブログ検索 

おすすめCD!! 

購入・試聴CD 











DVD・その他 

Copyright(C) 2006 バツ丸のエンタメ問答 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。