バツ丸のエンタメ問答

音楽・映画・本好きのためのよろずやブログ

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

カレンダー 

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ただいまのお時間 

最近の記事 

月別アーカイブ 

カテゴリー 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

おすすめ書籍 



読書履歴! 









検索 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




--/--/-- --:--|スポンサー広告

ザクっと映画雑感「少年メリケンサック」~あおい様は神様です

・評価:100点
(但し、宮崎あおいの存在感・演技っぷりをしてこの点に)

今年の新春映画で個人的に最も楽しみにしていた今作。あの宮崎あおいが「篤姫」後初となる公開作品でありますが、いやはや、個人的に最高としか言いようがありませんね。「篤姫」後初となる作品として最良の選択だったと思いますね。





正直、映画として???と思うところも少なくない。

実際にアーティストにロクに会ってもいない段階で契約どころかライブツアーやアルバム制作を決めたり、契約更新か否かかかっているがけっぷち派遣社員にそのアーティストの面倒をみるように命じたりと、どしょっぱつから理解不能な事柄が立て続けに続く。最初はめたくそだったメリケンサックのメンバーが急にライブで支持を集めるようになったことに関しても説明不足の面が否めない。

やや厳し目に言ってしまえば、どこがサビメロなのか判断しかねることが多々あるパンクの曲と同じような、勢いでノレはするものの何だかオチがついたようでついていない、そんな感じの映画だ。

しかし、それでも今作が面白いと思えたのは、作品構成に関する細かいところでの問題を気にさせないだけの魅力が今作にあったからだろう。

流石にオリジナルの映画作品だけはあり、ゴールデンのテレビドラマとして放送出来るかどうか微妙な障害者ネタやエロネタ、汚れネタといった古典的な、それこそ「差別・侮辱と笑いとは紙一重」と言えるギャグを前面に押し出したその点は、その魅力の一つ。それが作品の勢いの構築に大きく寄与したことは疑いようがないだろう。その各々に関する賛否両論はさておき、個人的に事なかれ主義になりがちなこのご時世においてこういったネタを押し出したそのことだけでも高く評価したい。

とは言え、今作を語る上で外せないのは、やはり主要出演者の魅力と演技であろう。

「少年メリケンサック」のメンバーを演じている4人はすべて実力も個性的な魅力も有すベテラン役者ということもあり、どの部分を見ても演技に破たんがなく安心して観ていられる。リーダー的存在である作並秋夫を演じた佐藤浩市は毎度のこと存在感は格別だ。後述する宮崎の演技もさることながら彼のしっかりとした演技と存在感も今作を魅力的なものとした大きなものであろう。

とは言え、個人的に印象に残り過ぎたのは、過去のライブ事故により障害者になってしまったボーカルジミーを演じる田口トモロヲだ。宮崎も各所のインタビューで「一番好き勝手にやっていたのは田口さん」的発言をしていたが、ほんとそのことを強くうかがい知れる奔放なありように笑えて仕方なかった。
自分の体のことやバンドのことそっちのけでささやかな欲望に従い動く彼の行動にシンパシーを感じたのは私だけではないだろう。ずっと何を言っているのか分からない状態であったのに、いきなり「プロジェクトX」での落ち着いたナレーションをほうふつとさせる落ち着いた口調で往年の名バンドやその再結成について語る所はもう、個人的に大ウケであった。

しかし、ここまで述べてきたことを完全否定してしまうが、上記問題点や美点など正直どうでもよい。ビックリマンチョコ全盛時における「チョコ」程の価値もないと断言する。そう、主役のかんなを演じた宮崎あおいの演技と魅力の前では・・・。彼女が登場するすべての場面における演技・魅力・ファッション等ありとあらゆる点が魅力的であった。

見どころを挙げていけばそれこそきりがない。中でも、公開前から「神」扱いされていた「ガオー」場面はもちろん、眉間にしわよせてブチキレるところやバカ彼氏に甘えまくるところ。メリケンサックのメンバーに中指おっ立てるところ。大阪ライブの大失敗で放心状態になるところ。彼氏との修羅場場面、バカ社長とのやりとり、失踪場面すべてが印象的で、あおい様信者にとっては心臓に悪すぎる。よくもまあ、ここまでいろんな表情を極めて高レベルで出来るものかと、また、スーツ姿から子供っぽい服装までいろんな服を魅力的に着こなせるものかと、ただただ感心する他ない。本格的コメディー初挑戦というのが信じられない堂々たる演技っぷり。しかし、一番驚くべきことは、あの「篤姫」と並行してこの役を演じ切ったことだろう。

他にも語りたいことはいっぱいあるが、不毛な行為としか思えないのでこの辺りでやめる。

「ただ、君を愛してる」は宮崎あおいの女優としての魅力を上手くとらえた傑作であるが、今作もこの作品とは全く違う宮崎あおいの新たな魅力・実力を最高レベルで引き出した「宮崎あおいファン」観点における傑作であると思う。

そして、それだけでなく、彼女の地位をメジャー領域において盤石なものにした「篤姫」の次に公開される作品として誰しもが注目するなか、篤姫の作風や役柄・演技とは真逆を行く今作を選んだのは戦略的に完璧であった。仲間や上戸といった役者が固定的なイメージから脱却できず、失敗を重ねるなか宮崎は早くもその問題を克服してしまった。実力者や優れた魅力の持ち主でひしめいている若手女優シーンではあるが、彼女がその中においてただ一人群を抜いた存在であることを満天下に知らしめたのではないだろうか。女優としての力量が違い過ぎる。
スポンサーサイト




2009/02/18 22:55|映画評トラックバック:0コメント:4

コメント
言葉にならない
どうもはじめまして、まさと申します。
早速ですが、『少年メリケンサック』私も
拝見しました。
宮崎あおいさんは、本当に凄い女優さん
ですよね。
バツ丸さんもおっしゃるようにあの『篤姫』と
並行してこの映画を撮っていたというのは
驚愕に値しますね。
撮影中は恐らく殺人的なスケジュールでは
なかったのかな?と推測してしまいます。
それにしても、あおいさんはこの3,4年ほどで
急速に人気が高まりましたよね。
3年前は『NANA』の公開直後、朝ドラ
『純情きらり』の放送開始前でその頃には
キム兄さんに牛糞を投げつけられるなんて
ことはまさか思いつかなかったですねw
他の若手女優の方がやっとの思いであおいさんのレベルに到達すると、もうすでにあおいさんは
次のステージへ移行してしまっているという
ような状況なのではないでしょうか?
そのくらい差があるような気もしてしまいます。
他のキャストではやはり佐藤浩市さんや田口
トモロヲさんが魅力的に感じられました。
天地人やヴォイス、トライアングル等の
現在放送している冬ドラマにも評して頂けると
ありがたいです。
まさ #0ysH0Iw.|2009/02/27(金) 02:32 [ 編集 ]

Re: 言葉にならない
>まさ様へ

はじめまして。書き込みありがとうございます。あおい様はもうほんと凄くて凄くて・・・。
「篤姫」と並行してこの作品に出演したのは驚きというほかありません。スケジュールはとんでもなかったと思います。NHKは撮影時の拘束が厳しいといわれていますし。とんでもないタフネスです。
ブレイクのきっかけは「NANA」でしょうね。

堀北さんや北乃さんはかなりいい線いってますけど、今作を観て再びあおい様が突出していることを思い知らされましたね。このまえ放送されたドキュメンタリーもそうですが、自らメッセージを発する社会派女優の地位を築きつつある点も良いと思います。

ドラマ評に関しては・・・。時間があればやりたいのですが、厳しそう。
ただ、それ以上に今クールのドラマは個人的に屈指の酷さだと思います。故にあんまり見ていないのですよね。もっぱらネットか海外TVドラマの鑑賞でありまして。
バツ丸 #-|2009/03/07(土) 01:27 [ 編集 ]

まさに女神ですね。
お久しぶりです。
『少年メリケンサック』、私としても内容に「?」と思う部分が多々あったのですが、宮崎あおいのマンパワーが素晴らしかったです!!
まさかあおい様にアレが投げつけられるとは・・・
またドラマで主演をしてほしいものです。

話は変わりますが、sfpが新曲『futuristic imagination』を5月27日にリリースするそうで・・・ついにメジャーデビューと相成るのですかね。
期待の半面、それ以上の不安も生まれてしまいます。

あとPerfumeの新曲、バツ丸様は星4つの評価ということですが、こちらもとても気になったり・・・

忙しい中、失礼いたしました。

let it be #-|2009/03/29(日) 15:32 [ 編集 ]

Re: まさに女神ですね。
> お久しぶりです。
> 『少年メリケンサック』、私としても内容に「?」と思う部分が多々あったのですが、宮崎あおいのマンパワーが素晴らしかったです!!
> まさかあおい様にアレが投げつけられるとは・・・
> またドラマで主演をしてほしいものです。

>let it beさんへ

ほんとあおい様のマンパワーが素晴らしかった。アレが投げつけられるところは本物ではいことが明々白々でも驚きましたね。作りがリアル過ぎて本物としか思えませんでしたが。

sfpの新曲「futuristic imagination」は話題のアニメ「東のエデン」のタイアップ曲ですね。正真正銘のメジャーデビューです。問答無用です。豪華過ぎる制作陣やオープニング曲があのOASISということもあり、話題性に事欠きません。sfpが一気にメジャーの音楽番組に登場する日も遠くないことでしょう。動画サイトで番組のエンディングをみましたけど、出来はよさそうです。今までとは完全に曲の感じが違っていますね。

不安は確かにありますが、とにかく今は彼らを信じるのみ。

> あとPerfumeの新曲、バツ丸様は星4つの評価ということですが、こちらもとても気になったり・・・

いや~、最初は印象悪かったですけど今はすっかりはまっています。やっぱりいいですよねPerfumeは。
バツ丸 #-|2009/04/11(土) 20:05 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://badtzmaru.blog34.fc2.com/tb.php/852-069e0b0b

プロフィール 

聴いた曲の履歴!! 



プレイリスト詳細

アクセスカウンタ 

,
・トータルアクセス



・ユニークアクセス





ランキングに参加しています。よろしければクリックしていただき、投票にご協力いただけたらと思います。

その他コンテンツ 

・バツ丸のヲタク拝見
・過去のレビュー
・以前の他事争論
・名盤紹介
・墓場に持って行きたい曲
・月別CD DVD購入&試聴記録
・アルバムレビューについての説明

リンク 

ブログ検索 

おすすめCD!! 

購入・試聴CD 











DVD・その他 

Copyright(C) 2006 バツ丸のエンタメ問答 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。