バツ丸のエンタメ問答

音楽・映画・本好きのためのよろずやブログ

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

カレンダー 

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ただいまのお時間 

最近の記事 

月別アーカイブ 

カテゴリー 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

おすすめ書籍 



読書履歴! 









検索 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




--/--/-- --:--|スポンサー広告

CDレビュー~名古屋発の異色3ピースバンド

●Viridian 「サンゲンショク」 評価:A+


amalogo111.jpg
(2009/2/4)

1. 加速するハイウェイ
2. リトルソルジャー

3. カラーオブライフ
4. 音のシャワー
5. メクルメク
6. サウンドビーチ
7. スペースチャイルド



<問題点・注意点>

1・癖のある歌唱、声質
2・ライブでの凄みのある演奏に比べるとCD音源はやや物足りない


今回は名古屋が誇る個性派インディーズバンド、viridianの1stミニアルバムを取り上げます。


ソロライブでの圧倒的なパフォーマンス、そこで披露された新曲・未発表曲の完成度。まもなく放送開始となる「東のエデン」のタイアップ曲であり待望のメジャーデビュー曲である「futuristic imagination」の、試聴音源であるにも関わらずその出来に期待せずにはいられない完成度・・・。2007年の出会い以降、常に自分にとってあらゆる点で最強の存在として君臨し続けているschool food punishment・・・。今年の上半期においても、ますますその凄みや魅力に磨きがかかってきている。

しかし、sfpの圧倒的の存在感・優位性を強く認識しつつも、、「ポストsfpの発掘」を2009年の私的音楽ライフにおいて一番の命題にすることにした。

ま、自分にとってsfp以上の存在は一向に出てこないし、出てくるとは到底思えないのであるが、新たなアーティストを積極的に発掘する姿勢は決して無駄ではなく、日本のインディーズシーンの充実ぶりに相まって高レベルの女性アーティスト・女性ボーカルバンドとの出会いをもたらしてくれてもいる。the brownしかり、unlimitsしかり・・・。sfpのボーカルである内村友美がmixi等でお勧めしており、sfpとの対バンを通して出会うことになったこのviridianもそういったアーティストの一つと言える。どうにも自分が住んでいる名古屋で良いと思えるアーティストが出てこなかったのであるが、ようやくその不満が少し解消されたように思う。

viridianは愛知県在住のバンドで、Vo.AG 佐野 仁美、EG. 宮地 貴史、Dr. 神谷 佑の3人で構成されている。あえてジャンル区分するならロックとかハードロック、ジャズロック等になるのだが、そうすることに意味がないと思えるくらいに個性的な音楽だ。紅一点ボーカルがアコギを兼ね、ベースが存在しない異色の編成であるが、それがこのバンドの、ジャンルレス且つ個性的で魅力的な音楽性の根幹となっているのは間違いないだろう。

ボーカルが奏でるアコースティックの軽快なバッキングに、ロックと言うよりは奏者の実年齢にそぐわない渋み・深みのあるジャズやフュージョン的な旋律・技巧を見せるギタープレイとドラムプレイが、ベースが存在しないことを全く感じさせない音作りの迫力・妙を見せる。特に跳ねるような躍動感と鋭さが同居した神谷のドラムは圧巻。個々の演奏力の上手さと音作りの上手さはかなりのものがある。しかも、上手いだけでなく既に各々演奏者が確固たる個性を見せ、さらにはその確固たる個性を見事にマッチさせ、ひとつの音楽性として徹底的に昇華させられているのがこのバンドの魅力であろう。非常に個性的な音楽ではあるが、決して尖っているだけでなく、ボーカルのハスキーな声質とエモーショナルな歌唱とを得て斬新ではあれど、どこか叙情性や感傷や励ましを感じさせてくれる。何とも不思議な音楽だ。個性的な音楽とはこういうものを指して言うのだろう。一聴して即座に良さを感じるような印象の強さはないものの、繰り返し聴いているとある日を境に一気にハマってしまう強い中毒性を秘めている。sfpのライブを観た際に彼らの存在を知ったのであるが、当初はさして気になっていなかった。しかし、何度となくsfpライブのついでに観ているうちにすっかりはまってしまっていた。

ただ、残念なのは、ライブでひしと感じ取れる演奏の凄味がCD音源では少し薄らいでいることか。ライブ中心で活動しているインディーズに往々にしてありがちなのだが、この手のアーティストはライブが凄くてもCD音源においては音作りの甘さを見せ十二分に魅力を伝え切れない場合がある。特に今作においてはドラムにその傾向を聴いてとれた。今後の課題であろう。


ボーカルの声質と歌唱が特殊でメロディーも癖があるので、その点だけは注意であるが、それを気にしないのであれば、今のシーンの中でも極めて強い個性を有すこのバンドの音楽性を是非とも堪能していただきたいと思う。










・アーティスト評価
歌唱力8 ()
作曲8 ()
編曲8 ()
独創性10 ()
安定性8 ()
8 ()
総合8 ()
熱中度8 ()

スポンサーサイト




2009/04/03 23:58|アルバムレビュートラックバック:0コメント:0

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://badtzmaru.blog34.fc2.com/tb.php/862-a7231b7a

プロフィール 

聴いた曲の履歴!! 



プレイリスト詳細

アクセスカウンタ 

,
・トータルアクセス



・ユニークアクセス





ランキングに参加しています。よろしければクリックしていただき、投票にご協力いただけたらと思います。

その他コンテンツ 

・バツ丸のヲタク拝見
・過去のレビュー
・以前の他事争論
・名盤紹介
・墓場に持って行きたい曲
・月別CD DVD購入&試聴記録
・アルバムレビューについての説明

リンク 

ブログ検索 

おすすめCD!! 

購入・試聴CD 











DVD・その他 

Copyright(C) 2006 バツ丸のエンタメ問答 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。