バツ丸のエンタメ問答

音楽・映画・本好きのためのよろずやブログ

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

カレンダー 

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ただいまのお時間 

最近の記事 

月別アーカイブ 

カテゴリー 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

おすすめ書籍 



読書履歴! 









検索 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




--/--/-- --:--|スポンサー広告

CDレビュー~流石です

ソラノスフィアソラノスフィア 評価:AA
(2009/04/29)
新居昭乃

商品詳細を見る


1. Haleakala
2. Monday,Tuesday
3. 鏡の国
4. ターミナル
5. 印象
6. mizu

7. ノルブリンカ
8. Orient Line
9. Lhasa
10. At Eden
11. The Tree of Life
12. Wings of Blue
13. 太陽の塔


今回は久方ぶりのリリースとなった新居巨匠のニューアルバムを取り上げます。


<問題点・注意点>

1・収録曲がちと多目
2・ゆったりとした曲が多目
3・前作「エデン」程の凄味がない


新居昭乃・・・。自分の邦楽女性アーティストリスナー人生を振り返る上で絶対に欠かすことが出来ない人物である。1992年にその存在を知ってから既に17年。リリースペースこそ一般的なアーティストに比べるとかなり遅いが、その出す作品出す作品すべて高品質で私を魅了し、常に自分にとってのトップアーティストとして君臨し続けている。

その凄さ、才覚に敬意を表し、気づいたら彼女のことを「巨匠」と称すようになっていた。前作「EDEN」から4年ぶりとなる通算5枚目のオリジナルアルバムとなる今作も、今までと何ら変わらぬ、巨匠が巨匠である所以を如何なく示した良作と相成ったとしか言いようがない。

歌い手も作り手も編曲者も変わっていないこともあり、相も変わらずの「巨匠節」全開である点は従来の作品と何ら変わりない。ただ、「9・11事件」に影響を受けて作り、それが故にダークで殺伐とした印象もあった前作「エデン」に比べると今作はどちらかと言うと雄大且つ穏やかな作りになっている。

だが、一聴して受ける「ヒーリング」的雰囲気とは裏腹に、ただならぬ感情表現や哲学、深みがそこに潜んでいる点にも何ら変化はない。

安易な癒しや現実逃避を見せない・・・。しかし、その音楽や歌唱は人の心に深く浸透し、激しく揺さぶり、気持ちを明るくさせてくれる。巨匠のみにしか出せない絶対的なオンリーワン世界である。のっけからアコギの旋律と哀愁に満ちた囁くような巨匠の歌唱が始まったや否や、巨匠信者であるのなら、間違いなく喜びに震えることだろう。この曲及び、久々に民族音楽的壮大さを見せる9曲目や70年代ロックの雰囲気を継承する11曲目を筆頭に楽曲の完成度は極めて高く、安定している。かと思えば、打ち込みサウンドが爽快な12曲目があるなど、ポップ性や遊び心を忘れていないから大したものだ。「エデン」発表以降のシングル曲を収録しなかったという常識はずれの作品構成も巨匠の凄さの一端を示していよう。


十二分にベテラン・重鎮であれど、未だにどの作品を聴いても古さやダサさ、そして衰えとは無縁。

どこの誰とも決して比較対象にならない。彼女はこの領域を極めた数少ないアーティストだ。










・アーティスト評価
歌唱力9 ()
作曲10 ()
編曲10 ()
独創性10 ()
安定性10 ()
10 ()
総合10 ()
熱中度10 ()





スポンサーサイト




2009/05/22 23:11|アルバムレビュートラックバック:0コメント:2

コメント
この人は別格ですよね。
先日は返信ありがとうございました。

新居昭乃さんとなれば黙っているわけにはいかないので(笑)またまたコメントさせていただきます。

新居昭乃。私にとって生き神のような方です。
もともとこちらのサイトを知ったのも、バツ丸さんの「空の森」のレビューがきっかけであったので、「ソラノスフィア」のレビューも楽しみにしておりました。

相変わらずの唯一無二の世界に圧倒されはすれど、おっしゃる通り、前作ほどの凄みはあまり感じませんでしたね。
作品のテーマもあるのでしょうけど、彼女の精神状態によるものも大きいのでは。と無粋にも勘繰ってしまいました。

ただ「エデン」でもそうでしたが、初期の楽曲に比べると、少しエレクトロニカ色が強くなっていってるような気がします(シングルはそうでもありませんが)。
それはそれで満足できるのですが、「そらの庭」や今作の「Haleakalā」での終盤のコーラスや「Lhasa」を聴いてしまうと、やや物足りない感が・・・・

バツ丸さんも過去の記事で書いておられましたが、「聴き手を窒息させるような壮大な楽曲」こそ彼女の真骨頂であると思うので、今作も「ぬるい」とはいかないまでも、そういった楽曲がもっとあれば・・と思ってしまいました。
傑作には違いないのですけれど。

それと、sfp。私も大好きです!
シングルレビュー、とても楽しみにしています(私はまだ購入できていないのですが(泣))。

またまた長ったらしくなってしまいすみません。
それでは。
morgane #-|2009/05/28(木) 00:35 [ 編集 ]

Re: この人は別格ですよね。
>morgane さんへ

自分にとっても巨匠は神に近い存在ですね。ただ、最近の巨匠は若干穏当のような気もします。

確かにご指摘のようにコーラスが以前に比べると少なくなっていますかね。やっぱり、圧殺する曲が欲しいですね。1曲で十分と思わせるような。

sfpも聴いていただいているよで。このサイトを通してsfpの存在を知ってくださている方も多いようで、ブロガー冥利に尽きます。新曲の感想、またお聞かせ下さいな。
バツ丸 #-|2009/06/05(金) 23:36 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://badtzmaru.blog34.fc2.com/tb.php/874-b091b357

プロフィール 

聴いた曲の履歴!! 



プレイリスト詳細

アクセスカウンタ 

,
・トータルアクセス



・ユニークアクセス





ランキングに参加しています。よろしければクリックしていただき、投票にご協力いただけたらと思います。

その他コンテンツ 

・バツ丸のヲタク拝見
・過去のレビュー
・以前の他事争論
・名盤紹介
・墓場に持って行きたい曲
・月別CD DVD購入&試聴記録
・アルバムレビューについての説明

リンク 

ブログ検索 

おすすめCD!! 

購入・試聴CD 











DVD・その他 

Copyright(C) 2006 バツ丸のエンタメ問答 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。