バツ丸のエンタメ問答

音楽・映画・本好きのためのよろずやブログ

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

カレンダー 

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ただいまのお時間 

最近の記事 

月別アーカイブ 

カテゴリー 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

おすすめ書籍 



読書履歴! 









検索 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




--/--/-- --:--|スポンサー広告

プログレ適性検査4&作品紹介邦楽アルバム編

今回は邦楽女性アルバムを紹介します。

その前にプログレの概念に関してはこちらで説明していますのでご参照下さい。


●邦楽アルバム


Fayray 「genuine」


プログレ度:★★★☆ 聴きやすい度:★★★★ お勧め度:★★★☆

Fayray HOURGLASS(初回)


プログレ度:★★★★ 聴きやすい度:★★★★ お勧め度:★★★★☆

Fayrayの作品の中でも特にプログレ度が高いのは3rdアルバム「genuine」と5thの「HOURGLASS」。
前者に関しては、全体的には王道バラードやR&Bといった要素が強いのだが、長尺曲である表題曲「genuine」と4曲目「faith」の2曲に関しては、電子音と重層的なコーラスによる幻想感と壮大さの創出、変則的なリズム、意味不明な曲展開と実にプログレ然としている。
プログレ大曲としてこの2曲は傑作中の傑作だと思う。

後者に関しては、よりプログレ度が深まったといえるだろう。
3曲目の幽玄なギターの旋律と終盤のコーラスワーク、4曲目のピアノソロ、6曲目のサビ部分のサウンドと高音歌唱、中間奏での楽器とコーラスの掛け合い・・・。プログレ的な美しさと壮大さ、前衛さがある。

この2作品はプログレ云々関係なしに歌姫好きなら是非とも聴いて頂きたい作品ではあるが・・・。


坂本真綾 「イージーリスニング」


プログレ度:★★★★☆ 聴きやすい度:★★★★☆ お勧め度:★★★★★

菅野巨匠が全面的に携わった企画物アルバム。「イージリスニング」と名づけられてはいるものの、彼女の今までの作品と違い、民族音楽の要素を含んだプログレッシブな作風で、「一筋縄ではいかない」アルバムである。。1曲目の「inori」が発す厳粛で深遠な雰囲気に完全に引き込まれ、穏やかで美しい2曲目で一旦クールダウンしたあと、民族音楽的要素を多々含んだプログレナンバーである3曲目で一気に叩かれる・・・。ミニアルバムではあるが、坂本真綾や菅野が携わったボーカルアルバムの中で間違いなく最高最強作品であると私は確信している。
中近東の民族音楽や、そもそもジャンルに固定されない幅広い音楽を存分に堪能したい人にうってつけの名盤。坂本の繊細で上品な歌唱も完璧。

菅野よう子 「MACROSS PLUS ORIGINAL SOUNDTRACK 2」


MACROSS PLUS ORIGINAL SOUNDTRACK PLUS - for fans only


プログレ度:★★★☆ 聴きやすい度:★★☆ お勧め度:★★★☆

菅野よう子の名を一躍業界やアニメファンに知らしめた大傑作サントラシリーズの一つ。エスニックな音楽性を柱としてはいるが、デジタルポップ、R&B、ロック、テクノ、アコースティックナンバーと凄まじい多様性を有しつつ、サントラとして一つに纏め上げた手腕は神がかり的。プログレッシブと称すに足る前衛性がある。
「ヴォイセス」「A sai e[:]n」「.ワナ・ビー・アン・エンジェル」はアニメサントラ史上に残る屈指の名曲であろう。個人的に菅野最高の仕事とはと聞かれれば、上記坂本作品とマクロスプラスをあげる。


Do As Infinity 「BREAK OF DAWN」


プログレ度:★★★★☆ 聴きやすい度:★★★☆ お勧め度:★★★★☆

Amasia Landscepe 「Goldenvine」


プログレ度:★★★★☆ 聴きやすい度:★★★ お勧め度:★

両作とも長尾大が全面プロデュースした作品。彼は70年代生まれと、プログレ世代ではないのだが、レッド・ツェッペリンに傾倒していた影響か作編曲にプログレからの影響が伺える。DAIの時にはどちらかというとロック・ハードロック的アプローチを取っていたが、Amasia~になってからというものの、民族音楽に接近したアプローチを取るようになった。トラッドとかフォークとかに近くなったともいえるが、よりジャンルとしてのプログレに接近したように思う。


今回はここまで。

あと1・2回邦楽アルバムを紹介したら。一旦連載を休止します。他にやることありますんで。またしばらく経ちましたら、今度は洋楽作品を適度に紹介しつつ、本職プログレアーティストの作品を紹介できたらと思いますね。

次回以降紹介する予定のアーティストは、ガーネットクロウ、笹川美和、Salyu、マイラバ、書上奈朋子、志方あきこ、OLIVIA、亜矢、RURUTIA、大竹佑季あたりかと・・・。

スポンサーサイト




2006/01/11 02:13|その他トラックバック:0コメント:0

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://badtzmaru.blog34.fc2.com/tb.php/91-152001bb

プロフィール 

聴いた曲の履歴!! 



プレイリスト詳細

アクセスカウンタ 

,
・トータルアクセス



・ユニークアクセス





ランキングに参加しています。よろしければクリックしていただき、投票にご協力いただけたらと思います。

その他コンテンツ 

・バツ丸のヲタク拝見
・過去のレビュー
・以前の他事争論
・名盤紹介
・墓場に持って行きたい曲
・月別CD DVD購入&試聴記録
・アルバムレビューについての説明

リンク 

ブログ検索 

おすすめCD!! 

購入・試聴CD 











DVD・その他 

Copyright(C) 2006 バツ丸のエンタメ問答 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。