バツ丸のエンタメ問答

音楽・映画・本好きのためのよろずやブログ

ホーム 全記事一覧 << 前ページ 次ページ >>

カレンダー 

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ただいまのお時間 

最近の記事 

月別アーカイブ 

カテゴリー 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

おすすめ書籍 



読書履歴! 









検索 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




--/--/-- --:--|スポンサー広告

ザクっと映画雑感「20世紀少年第二章 最後の希望」~木南様の時代が来たか・・・

・評価:65点
(木南晴夏ファンは+10点)




▽続きを読む▽



2009/02/05 00:05|映画評トラックバック:0コメント:0

ザクっと映画雑感「007 慰めの報酬」~良かったがもはや007ではないな

・評価:65点
(但し鑑賞の際には前作「カジノロワイヤル」の鑑賞が必須。でないと話が分かりません。)

▽続きを読む▽



2009/01/26 22:37|映画評トラックバック:0コメント:0

ザクっと映画雑感「感染列島」~突っ込みどころ満載だが檀れいが最高だった・・・

・評価:75点 
(妻夫木クンの熱心なファンなら+5点、檀れいの熱心なファンなら+10点。しかし、作風がら設定・描写にリアリティーを求め各所の矛盾点に対して「あくまで娯楽作品」ということで受け流せない人は50点以下)

今年最初の話題邦画作品である今作を観にいってきました。檀れいファンとしては絶対に今作は外せないでしょう。まあ、既に各所で書かれている「酷評」の存在もあり、正直檀れい見たさの気持ちだけで期待せずに観たのですが、個人的には結構楽しめましたね。

ただ、(後述しますが)率直にいって非常に突っ込みどころが満載で且つ群像劇的に各登場人物のエピソードが詰め込まれている等映画構成としてはお粗末極まりなかったですが・・・。実際その点でヤフーの映画評では酷評続出だったのですけど、そういったことを気にされる人にとっては完全に地雷作品になると思います。ここの映画評が参考になるかどうかは書いている当人には分かりませんが、それでも鑑賞するかしないかの判断材料になればとは思います。




▽続きを読む▽



2009/01/20 22:03|映画評トラックバック:0コメント:0

ザクっと映画雑感「チェ・28歳の革命」~一見さんお断り

・評価:75点
(但し、ゲバラやキューバ革命についてそこそこの知識がないとマイナス10点)

今年の映画初の鑑賞となりました。今年最初の期待作品と認識し、観るのを非常に楽しみにしていたのですが、どうにも今作、事前に予想していた作品像とだいぶ違っていましたね。明確な評価は後編「チェ39歳 別れの手紙」を観てからになりますが、現時点での暫定評価は上記になりますね。



▽続きを読む▽



2009/01/16 01:40|映画評トラックバック:0コメント:0

映画評「K-20 怪人二十面相伝」~年末年始にお勧めの作品

・評価:75点

「K-20」というダサすぎるタイトルに、「怪人二十面相」をモチーフとした世界観が予告で観た限りでは安っぽく感じられたこともあり、今作はそもそもの鑑賞対象作として想定してなかった。

しかし、各所の映画評などを見るになかなかの高評価だったので奮起して観に行ったのだが、これが当たり。アニメ作品は別として年末年始封切り作品でお勧めの1作ではないかと思う。







▽続きを読む▽



2008/12/25 02:02|映画評トラックバック:0コメント:0

ザクっと映画雑感

今回は、「特命係長 只野仁 最後の劇場版」と「デスレース」の映画評を簡単に書いていきます。






▽続きを読む▽



2008/12/14 23:12|映画評トラックバック:0コメント:0

2008年映画総評邦画各賞発表!!

各賞に影響しそうな映画の鑑賞を既に終えていることもあり、少し気が早くはありますが、今年の映画総評の締めとなる邦画各賞の発表となります。今年は良作やいい演技をした俳優が多いこともあり、かなり選出に悩みましたね。こういう悩みはうれしいものです。


選出項目は例年と同じく、


●最優秀邦画作品賞
●最優秀主演男優賞
●最優秀主演女優賞
●最優秀助演男優賞
●最優秀助演女優賞
●最優秀製作者賞
●管理人特別賞

となります。

俳優の選出に関しては、名前の後にその俳優が出演した映画名を明記しますが、その俳優が複数作品に出演し且つ管理人もその複数作品を見ている場合、選出の決め手となった作品名を「太字」とします。


<追記>

邦画選出対象作品に「ち~ちゃんは悠久の彼方に」「ドロップ」を追加




▽続きを読む▽



2008/11/30 02:02|映画評トラックバック:0コメント:2

2008年アンチエンタメ総評邦画編

今年ももう残すところ1ヶ月ちょいとなりましたね。業種や企業・個人問わず、1年の終わりに向けていろんなことが動き出していますが、エンタメ評論系ブログも同様だと思います。

先日行った「2008年映画総評洋画各賞発表!!」に続き、この一連のシリーズ第2弾、「2008年アンチエンタメ総評邦画編」を行います。以前にも書きましたが、今年は洋画をあまり観なかったこともあり、洋画編は割愛とさせていただきます。申し訳ありません。まあ、ワースト作品を挙げるとすれば、「インディージョーンズ」と「ブラインドネス」になるでしょうが。

今回の邦画編に関しては、本来はここでの各賞に選出される可能性が高い「赤い糸」を鑑賞してから仕上げようと思っていたのですが、封切りが12月20日と時期的にかなり年末に近く、且つ「恋空」での手痛い経験もあり、いくら旬の若手女優がいっぱい出ているとはいえ観に行く意欲が湧いてこないことから、この作品を抜いた形で行うことに決定いたしました。ご了承ください。
(「只野仁」の劇場版は観に行きますけど、これは賞の選出対象にはならないだろうから。「K-20」はたぶん観に行かないだろうな)

合わせて近々、「2008年映画総評邦画各賞発表」も行います。


今回も昨年同様、

●最低劣映画賞
●最低劣男優賞
●最低劣女優賞
●期待はずれ賞
●最低劣製作者賞


の5部門で選出を行います。

まあ、「うんこ作品」続出の一昨年・昨年と比べると幾分マシだったと思いますけどね。でも、選出に悩む程に良くなっていないのは、邦画ファンとして実に残念です。今回も批判的意味合いを込めて、特に次点に関しては多めに選出していきます。




▽続きを読む▽



2008/11/29 17:46|映画評トラックバック:0コメント:2

ザクっと映画雑感~「ブラインドネス」~がっかりもいいところ・・・

・評価:45点

木村佳乃、伊勢谷友介の出演や、第61回カンヌ国際映画祭でオープニング作品選出、コンペディション部門出品したことで話題となった今作。事前で知ったストーリーもなかなか面白そうであったこともあり、期待して観に行ったのだが・・・。見事に玉砕。これは酷い。勘弁して下さいよ。




▽続きを読む▽



2008/11/27 20:57|映画評トラックバック:0コメント:0

ザクっと映画雑感「ICHI」~何だか中途半端・・・

・評価:60点
(綾瀬はるかファンなら+5~10点)

今年絶好調で一気に若手女優トップに躍り出た綾瀬はるか主演の今作。かの「座頭市」の「女版リメイク」ということもあり、単に綾瀬みたさのスケベ心だけももってはなから期待しないで観たのだが、ま、その通りの作品との感想しかない。






▽続きを読む▽



2008/11/22 17:45|映画評トラックバック:0コメント:0

2008年映画総評洋画各賞発表!!

ちょっとどころかかなり気が早いですが、今年鑑賞予定の洋画を消化しましたので、恒例の映画総評洋画各賞を発表したいと思います。各賞に関しては、昨年と同じく以下の部門となります。

まあ、ただ何と言いますか、今年は昨年よりも6作少ない15作の鑑賞と、偉そうに各賞を選出するには少なくてアレなんですが・・・。よって洋画のワースト部門に関しては、今年はやりません。あえてワースト作品を挙げるなら「・インディー・ジョーンズ クリスタルスカルの王国」になるのでしょうが・・・。他の鑑賞作はすべてそこまで酷くはなかったですからね。


●最優秀洋画作品賞
●最優秀主演男優賞
●最優秀主演女優賞
●最優秀助演男優賞
●最優秀助演女優賞
●最優秀製作者賞




▽続きを読む▽



2008/11/19 23:54|映画評トラックバック:0コメント:0

ザクっと映画雑感~面白かったけどツメが甘いわ!!

・「櫻の園」 評価:65点~細部の作りが・・・

・「ラブファイト」 評価:70点~ワン・ツ!! パンツー!!
(北乃きいのパンツがもう少しアレだったら+5点)






▽続きを読む▽



2008/11/16 23:56|映画評トラックバック:0コメント:0

2008年映画総評作成に向けての備忘録

もう年末に向けて各種業界が動き出していますね。個人的にも総評に向けて今映画鑑賞や音楽鑑賞にふけっています。

一応予定としては、12月上旬にワースト映画と各種映画総評、12月中旬以降に音楽総評を予定しております。音楽のワーストは今年はやらない予定。

今回は、既に今年の鑑賞作品にめどがつきはじめている映画に関し、評価対象作品となる作品を公開します。

いつものごとくカテゴリーは「洋画」「邦画」「アニメ」の3つですが、海外アニメは観ていないので「アニメ」は「邦画」と一緒にします。

尚、今回に関しては昨年公開作で今年観た作品がありますが、例外的に選出対象とします。
(ただし、今年の作品と区別するためにタイトルを斜体表記。)

また、鑑賞予定作品についてはそのことを付記します。



▽続きを読む▽



2008/11/15 23:49|映画評トラックバック:0コメント:0

ザクっと映画雑感「容疑者Xの献身」~実に、おもしろくない~後編

「容疑者Xの献身」の雑感、続きを書いていきます。




▽続きを読む▽



2008/10/20 21:59|映画評トラックバック:0コメント:0

ザクっと映画雑感

忙しい中、自分にとって唯一の楽しみは映画を観ることになっています。音楽も聴きたいしライブにも行きたいのですけどね・・・。

今回は「おくりびと」と「三本木農業高校、馬術部」の2作。

▽続きを読む▽



2008/10/19 21:15|映画評トラックバック:0コメント:2

ザクっと映画雑感「容疑者Xの献身」~実に、おもしろくない~前編

・評価:60点 
(原作未読者なら+5点。且つ福山やテレビシリーズのファンであるのなら+10点)

今年下半期一番の話題作であろう今作。平易な作りでテレビドラマ化するのに向いていた短編シリーズ少し大きい文字とは違い、原作が長編且つ東野ミステリー史上最高傑作であることから、はなからその出来に期待などしていなかったのだが・・・。


結論から言うと、まあ頑張ったなとは思う。しかし、以前ここでも書いたように公開前から懸念していた問題に関しては、ほぼそのまんま出てしまったなと言わざるを得ない。原作の面白さにかなり助けられた一方でそこに存在した面白さは大幅に削られてしまった・・・。


以下このことについてかなり長くなるが雑記的に書いていく。管理人はいわゆる「原作信者」でありますので、採点結果の割には結構厳しい論調になることをご留意ください。


<都合により前後篇に分ける構成としました。>
*10月11日 工藤の容姿に関する記述訂正




▽続きを読む▽



2008/10/08 23:58|映画評トラックバック:0コメント:0

ザくっと映画雑感

・20世紀少年  評価:50点
・蛇にピアス   評価:50点(実質評価は30点。吉高のヌードで大幅加点してこの点)



今回から「映画雑感」の後ろにつけていた数字を割愛します。恒例記事としたいので。

「20世紀少年」と「蛇にピアス」の予定。両作品とも話題作を実写映像化したものですが評価は厳しいですね。

共通して、実写ならではの魅力を見せられていないことに大きな問題があると思います。ようは、この程度の作品しか作れなくて、わざわざ実写にした意味があったのかと、そう思ってしまうのですよね。




▽続きを読む▽



2008/09/27 01:56|映画評トラックバック:0コメント:0

ザクっと映画雑感その4~「フライングラビッツ」~石原さとみファンだけ観てコイや!!

予定を変更して「フライングラビッツ」一本にします。文章長くなりすぎましたんで。




▽続きを読む▽



2008/09/22 23:42|映画評トラックバック:0コメント:0

ザクっと映画雑感その3

今回もザクっとやっていきましょ。今回は「同窓会」と「アフタースクール」の2作。

▽続きを読む▽



2008/09/06 00:15|映画評トラックバック:0コメント:0

ザクっと映画雑感その2~「デトロイト・メタル・シティ」~加藤ローサにSATSUGAIされた!!

今回の予定は、「アフタースクール」「デトロイト・メタル・シティ」「ドラゴンキングダム」の3作。「インディージョーンズ」は勝手な都合により割愛。

「デトロイト・メタル・シティ」の感想が長くなったので予定を変更して今回はこの作品のみの掲載としました。

▽続きを読む▽



2008/09/01 23:57|映画評トラックバック:0コメント:0

プロフィール 

聴いた曲の履歴!! 



プレイリスト詳細

アクセスカウンタ 

,
・トータルアクセス



・ユニークアクセス





ランキングに参加しています。よろしければクリックしていただき、投票にご協力いただけたらと思います。

その他コンテンツ 

・バツ丸のヲタク拝見
・過去のレビュー
・以前の他事争論
・名盤紹介
・墓場に持って行きたい曲
・月別CD DVD購入&試聴記録
・アルバムレビューについての説明

リンク 

ブログ検索 

おすすめCD!! 

購入・試聴CD 











DVD・その他 

Copyright(C) 2006 バツ丸のエンタメ問答 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。